日本製紙株式会社

日本製紙株式会社の過去の採用・募集情報

東証

日本製紙株式会社

【紙・パルプ|化学|電力】

総合バイオマス企業が創り出す未来へ

  • 海外研修制度あり

  • フレックスタイム制度あり

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 独身寮・社宅あり

私たちの採用について

求める人物像
~未来を拓く人~

日本製紙はいま変革期にあります。
長年の製紙事業で培ってきた技術を活かし、紙の原料である「木」の可能性を引き出すことで、
「総合バイオマス企業」として紙事業にとどまらない新しい「未来」への一歩を踏み出しています。
これからの事業の種、可能性は無限にあります。

そこで私たちが探しているのは、この種を育て形にする、「未来を拓く人」です。

●挑戦しつづける力
●自発的かつ公正に考える力
●周囲を巻き込むチームワーク力
●強い精神力

これらの素養を持った方と、私たちは一緒に未来を拓きたいと思っています。

詳しくは日本製紙採用ホームページをご覧ください。
採用ホームページ:http://www.nipponpapergroup.com/recruit/

募集する職種

1.事務・林材系/営業、生産計画、物流、総務、人事、経営企画、経理・財務、購買、原料調達、海外植林、情報システムなど
2.研究・生産系/研究開発、技術開発、生産技術、環境管理など
3.機械系/プラントエンジニアリング、生産技術、エネルギー管理、技術開発・企画など
4.電気電子系/電気制御設備エンジニアリング、エネルギー管理など

研修・社内制度

研修制度
採用・育成方針

採用と育成における方針=少数精鋭主義

日本製紙の総合職採用は少数精鋭主義。若い時期から重要な仕事を任され、役割と責任は大きく、将来の経営幹部候補と位置付けられます。しかも、当社の場合はグループのトップ企業として、日本製紙やグループ会社個々の経営、そして日本製紙グループ全体の経営の舵取り役を育成する「人材育成・人材輩出」機能を担っています。つまり、将来の活躍のフィールドは、連結売上高約1兆円、連結社員数約13,000名の日本製紙グループ全体に及んでいるということです。また、将来を担う人材を育成するため、人事ローテーションや海外留学制度など、積極的かつ計画的なキャリア開発プログラムを用意して、皆さんをお待ちしています。

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法 キャリタスよりエントリーをお願いいたします。
エントリーしていただいた方には「マイページ」をご案内し、
その後の選考に関するご案内は「マイページ」を通じて
ご連絡をいたします。
選考方法と重視点 筆記試験、面接など
提出書類 エントリーシート、成績証明書
1. 当社指定様式の自己紹介書(エントリーシート)
2. 学業成績証明書
3. 卒業見込証明書
4. 健康診断書
5. 推薦書(推薦応募の場合)
提出時期については、エントリーしていただいた方にご案内をさせていただきます。
応募資格(学歴、学校種) 大学、高専、大学院 卒業見込みの方

募集要項

初任給 修士了 月給 228,000円
学部卒 月給 210,000円
高専卒 月給 194,000円

※2018年4月入社者 支給実績額
昇給・賞与・諸手当 諸手当 家族手当、都市勤務地手当、住宅手当、通勤費全額支給ほなど
  
昇給 年1回(10月) 
  
賞与 年2回(6・12月)
勤務地 国内外の事業所(転勤あり)
本社/東京
研究所/東京、東松山、富士、岩国
営業支社/札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡
工場/釧路、旭川、苫小牧、白老、秋田、石巻、岩沼、いわき、茨城、栃木、東松山、吉永、富士、兵庫、大竹、岩国、江津、八代
海外/ロングビュー(アメリカ)、上海(中国)、コンセプシオン(チリ)など
勤務時間 本社・営業支社・研究所(東京)
9:00~17:00 フレックスタイム制あり 
(コアタイム11:00~14:00 標準労働時間7時間30分)

工場・研究所(東京以外)
8:30~17:00(一部フレックスタイム制あり)
※事業所により若干の違いあり
福利厚生 各種社会保険完備、財形貯蓄制度、従業員持株会、カフェテリアプラン、独身寮・社宅、保養所、スポーツ施設など
休日休暇 本社・支社・研究所(東京)
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始など 年間休日122日

工場
週休2日制、祝日、年末年始など 年間休日122日
※事業所により若干の違いあり

年次有給休暇(初年度14日、2年目16日、4年目18日、6年目以降20日)、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、育児・介護休業制度など
採用実績校 2011~2018採用実績校
北海道大学、室蘭工業大学、道都大学、弘前大学、秋田大学、岩手県立大学、東北大学、東北学院大学、山形大学、福島大学、日本大学、新潟大学、長岡技術科学大学、筑波大学、埼玉大学、千葉大学、芝浦工業大学、東京大学、東京理科大学、東京農工大学、東京農業大学、東京都市大学、上智大学、お茶の水女子大学、慶應義塾大学、早稲田大学、立教大学、一橋大学、中央大学、青山学院大学、法政大学、明治大学、専修大学、東洋大学、工学院大学、創価大学、共立女子大学、横浜国立大学、名古屋大学、岐阜大学、富山大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、同志社大学、立命館大学、大阪市立大学、関西大学、関西学院大学、和歌山大学、徳島大学、岡山大学、鳥取大学、広島大学、広島工業大学、山口大学、北九州市立大学、九州大学、九州工業大学、長崎大学、熊本大学、鹿児島大学
採用予定学部学科 1.事務・林材系/学科不問
2.研究・生産系/化学、応用化学、地球科学、林産、物理、林学・森林科学、材料、化学工学、生物・バイオ・薬学など(※)
3.機械系/機械、精密機械、金属、制御、化学工学など
4.電気電子系/電気、電子、計測、制御、情報工学など

※ 化学の基礎知識を活かした職務につくことになります。生物系の方はバイオ、薬学系の方は製薬といった職種を限定した採用は行っておりません。
今年度採用予定数 1.事務・林材系/10名程度
2.研究・生産系/20名程度
3.機械系/10名程度
4.電気電子系/5名程度
昨年度採用実績(見込)数 51名
試用期間 あり
入社後3カ月間
本採用時と労働条件に変更なし

職場データ

新卒採用者数と離職者数
(過去3年間)
2018年度:採用人数53名、うち離職者数0名
2017年度:採用人数56名、うち離職者数5名
2016年度:採用人数61名、うち離職者数6名
男女別の新卒採用人数
(過去3年間)
2018年度:男性40名、女性13名
2017年度:男性42名、女性14名
2016年度:男性50名、女性11名
平均勤続年数 21.5年
平均年齢 42.4歳
平均残業時間(月間) 7.8時間
平均有給休暇取得日数(年間) 13.8日
気になる

89人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません