ヤマサ醤油株式会社

ヤマサ醤油株式会社(ヤマサショウユ)の新卒採用・企業情報

NEW 正社員

ヤマサ醤油株式会社

【食品|医薬品】

アピールポイント                
”銚子から世界へ。しょうゆから医薬へ。3世紀半を超えて続く私達のチャレンジに終わりはありません。
ヤマサでは、しょうゆ醸造の技術を応用して、調味料や医薬品などを開発してきました。食品や医薬品といった生命に密着した製品を生み出す“生命産業”として、社会に貢献すること目指しています。

  • 過去10年赤字決算なし

  • 安定した顧客基盤

  • 3年連続で業績アップ

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
江戸時代から続く醤油醸造会社。

1. 醤油の製造・販売
2. 各種調味料の製造・販売
3. 医薬品類の製造・販売
4. その他

企業理念
社会に存在価値のあり企業

企業が存続し発展するためには、その企業が社会的に価値ある存在と認められなければならない。すなわち、その事業活動が公正で健全なものであると同時に、独自の、他者と差別化された機能を備え、これを発揮することによって社会に価値ある便益を提供する企業であらねばならない。

私たちの仕事

銚子で創業し、370年あまり。伝統と革新を続けてきたヤマサ。
変化を恐れない人が時代を切り拓きます。
ヤマサは銚子で1645年に誕生し、370年あまりの歴史を紡いできました。全国や海外に展開し、世界中で商品が愛されています。ヤマサの成長の理由は、伝統の継承と革新性の追求です。ヤマサ独自の麹菌である「ヤマサ菌」を創業から守り続け、醤油造りを行っていますが、一方で市場になかったユニークな商品を世に送り出し、新たな市場を切り拓いているのです。
醤油づくりの製造技術を活かし、カツオ節の味のイノシン酸、しいたけの味のグアニル酸を主成分としたうま味調味料の製品化に成功し、工業的な大量生産を可能にしました。当時は昆布を主成分としたグルタミン酸しか存在しなかった化学調味料の世界に新たな市場を切り拓いたのです。またそこで培った技術は、現在、核酸事業として200種を超える核酸関連化合物を生産し、医薬品や研究用試薬へ供給。核酸の研究は体外診断薬の開発から製造までに成長しています。

はたらく環境

働く仲間
アットホームな職場です

20代から50代と幅広い年齢層の社員がいますが、年齢に関係なく和気あいあいとした雰囲気です。
アットホームな職場で、困ったことがあってもすぐに相談できる仲間がたくさんいます。

企業概要

創業/設立 創業 1645年
設立 1928年(昭和3年)11月
本社所在地1 千葉県銚子市新生町2-10-1
本社所在地2 東京都中央区日本橋蛎殻町1-23-8
代表者 代表取締役会長 濱口 道雄
代表取締役社長 石橋 直幸
資本金 1億円
売上高 581億円(2018年12月期)
従業員数 833名 (2018年12月現在) 
事業所 本社・工場/千葉県銚子市
東 京 支 社/東京都中央区
支店・営業所/札幌・仙台・新潟・静岡・大阪名古屋・金沢・広島・福岡

採用連絡先

【事務系職種】ヤマサ醤油 総務課 担当 名雪、池田  03-3668-3171 
【技術系職種】ヤマサ醤油 庶務課 担当 大久保、加瀬 0479-22-0095