エス・アンド・アイ株式会社

エス・アンド・アイ株式会社(エスアンドアイ)の企業情報

エス・アンド・アイ株式会社

【情報処理】

企業概要

事業内容 ■時代の動きとともに、事業も拡大。

今でこそ誰もがパソコンやスマートデバイスを使いこなし、
インターネットによって広範囲のネットワークを構築している時代。
今から約30年前はそれが当たり前ではない上、
インターネット自体が一般に開放されていませんでした。
もちろん、ITという言葉なんて存在していません。

この時代こそ、私たちエス・アンド・アイが設立された1987年。
そこから現在にいたるまでのITの進化は、
私たちの歴史そのものと言っても間違いありません。

日本ユニシス(株)、ソフトバンク(株)、
そして日本アイ・ビー・エム(株)。
これら、世界を代表する企業である親会社や株主と
ビジネス提携を続けながら、安定した成長を続けてきました。

とはいえ、ただ長く歴史を刻んできただけではなく、
他社に先駆ける形で新しいことにも挑戦し続けてきました。
今では当たり前の企業間ネットワーク構築をはじめ、
時代のトレンドを見据えた提案や設計・構築を行っています。


■次世代のIT技術にも積極的に着手。

今、まさに力を入れているのが、AI・人工知能。
最先端の人工知能である「IBM Watson」を用い、
お客様企業の売上拡大、商品開発を戦略的に行うサービスを提供しています。

プロジェクトの主力メンバーには、入社数年目の若手を抜擢。
最先端の技術を常に学び続けることのできる環境が整っています。


■30年間変わらない、私たちのコアバリュー『honest.』。

変化し続けるIT業界の中にあって、私たちエス・アンド・アイは
1987年の設立より「つねに誠実かつ公正であること」という理念を
『honest.』という言葉に集約させ、企業内DNAとして浸透させています。

モチベーションをより高く、絶えずスキルを磨き、
お客様のために、社会のために、
私たちの生活を目に見えないITインフラで支えていく。
それを私たちは使命と捉え、行動に表しています。

エス・アンド・アイは2017年、創立30周年を迎えました。

IT技術が日々進歩し、変わっていくなかで
私たちの「誠実さ」は30年間ずっと、変わることがありません。

社員一人ひとりの誠実が積み重なることで、
エス・アンド・アイも成長していきます。


<事業内容>
1987年の設立から現在に至るまで、企業やデータセンターにおけるICT基盤の統合/仮想化、IPテレフォニー、コンタクトセンターのシステム構築、さらに各種ミドルウェア・アプリケーションの開発など、つねにお客様が求めるシステムの構築、運用技術を磨いてきました。
昨今ではスマートデバイス活用ソリューション、IoT分野、クラウドサービス、ビッグデータ分析、そして人工知能・AI分野にも注力し、これまで蓄積した技術を活用し、よりお客様の事業を支援するソリューション、サービスの提供を行っています。


 <このようなプロジェクトに携わりました>

金融業界のコールセンターにおける、通話記録の録音システム。
これはアナリティクス技術を用いて蓄積されたビッグデータの中から、
音声や感情を解析して顧客対応策の構築へ役立てています。
このほかにも、さまざまなプロジェクトに参加することが可能です。 
創業/設立 1987年07月
本社所在地1 東京都中央区日本橋箱崎町 30-1 タマビル日本橋箱崎
電話番号 03-5623-7849
事業所 ■本社(東京)
東京都中央区日本橋箱崎町30-1 タマビル日本橋箱崎

■関西営業所(大阪)
大阪府大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル12F

■中部営業所(名古屋)
愛知県名古屋市中区錦3-1-1
代表者 代表取締役社長 藤田 和夫
資本金 4億9,000万円
売上高 87億円(2018年03月現在)
従業員数 179名(2018年04月現在)(正社員、契約社員、出向社員を含む。派遣社員除く。)
上場区分 非上場
主要取引先 <私達のお客様>
メガバンクや地方銀行、生命保険や損害保険をはじめとした大手金融、マスコミ、食品、通信キャリア、自動車メーカー、不動産、学校法人、大学、独立行政法人、アパレル、ホテル、出版、鉄道、インテリア、化粧品、医療など、社会のインフラを支えるような大企業のお客様と、直接商談を行いながら仕事を進めています。
いずれのお客様も、長期に渡ってお取引させていただいている事がほとんど。
長年の信頼関係のもと、お客様の良きビジネスパートナーとして、お客様のITインフラを支えています。

<導入事例>
■キリン(株) 様
シンクライアントソリューション「ThinBoot ZERO」を導入し、セキュリティ強化と利便性を向上。

■(株)札幌ドーム 様
スマートフォン内線化システム「uniConnect」を導入。電話システムを刷新し、ワークスタイルを変革。

■ソフトバンク(株) 様
国内初「VMware vCloud Datacenter Services」の提供。ユーザーの権限、自由度が増したクラウドサービスを構築。

■(株)トヨタデジタルクルーズ 様
PBXとSkypeを連携したユニファイドコミュニケーション環境で、居場所にとらわれない効率的な働き方を実現。

■武田病院グループ 様
どの施設でも、同じ患者をシームレスに診るためのIT基盤を構築。電子カルテの導入によりグループ全体での医療サービスレベルの向上へ。

詳しくは、当社HPをご覧ください。
http://sandi.jp/casestudy