住友ケミカルエンジニアリング株式会社

住友ケミカルエンジニアリング株式会社(スミトモケミカルエンジニアリング)の企業情報

住友ケミカルエンジニアリング株式会社

【プラントエンジニアリング】

企業概要

事業内容 当社は、公害対策のために生まれた住友化学のエンジニアリング部門から独立し、1964年に誕生しました。以来、日本そして世界中の国々で、工業材料など人々の生活や経済活動に欠かせない製品を生み出す化学プラントの企画、設計、建設を担ってきました。

なかでも、住友グループの安定したバックボーンと独自の特許技術を生かした技術力のもと、中堅企業だからこそできる機動的な経営を通じて顧客ニーズにきめ細かく対応できるのが私たちの強みです。

また、当社は住友グループということで、グループ内での案件ばかりと思われがちですが、半分以上は住友化学以外のお客様です。さらに商社を通した取引ではなく、ユーザー(客先)との直接取引を主としているため、ユーザーからの細かい要望にスピーディー応えることができますし、プラントの一部ではなく、プラントを作るための「全体像」を見渡した仕事をすることが可能です。エンジニアリング業界でも評価される高い生産性の秘訣は、社内での緊密なコミュニケーション、スピーディーな意思決定、そして一人ひとりの技術力の高さにあります。

エンジニアリング会社は工場や製品を持っていません。あるのは、磨き上げられたマネジメント力とエンジニアリング技術やノウハウなどの人間力。世界各国の資機材メーカーや建設工事業者と連携し、お客様から求められる性能品質・コスト・時間で、プラントを具現化していかなければなりません。

私たちの競争力の源は、提案力と技術力です。独自技術のレベルアップは欠かせません。また、プラント建設はプロジェクト形式で進みます。今後当社ビジネスの主戦場となるアジア各国のメンバーと文化、習慣の違う中で協働できるコミュニケーション力とスキルも必要とされます。

一方で、私たちのようなプラント建設会社は、仕事の内容が理解しにくいと思います。化学、機械、電気、建築の総合力が求められ、それぞれの専門家が非常に重要な役割を果たします。国内で、あるいは海外で、純度99%の硫酸を作り出す硫酸プラントや、高品質のナイロン原料を生み出すカプロラクタムプラントなど、産業施設が世の中に残るのはやりがいのある仕事です。
創業/設立 1964年09月
本社所在地1 千葉県千葉市美浜区中瀬 1-7-1 住友ケミカルエンジニアリングセンタービル20F
電話番号 043-299-0200
事業所 大阪事業所(大阪市福島区)、新居浜事業所(愛媛県新居浜市)
代表者 築森 元
資本金 10億円
売上高 212億円(2019年03月現在)
従業員数 172名(2019年10月現在)
上場区分 非上場