豊通マテリアル株式会社(豊田通商グループ)

385人が “気になる” しています

豊通マテリアル株式会社(豊田通商グループ)のキャリタス限定情報

豊通マテリアル株式会社(豊田通商グループ)

【商社(鉄鋼・非鉄・金属製品)】

INTERSHIP REPORT

商社の仕事を体験しながらステップUP!1Dayトレーディングビジネス・プログラム

「商社の仕事はわかりづらい」というイメージはありませんか?本プログラムではステップを踏みながら実際の業務をワーク形式で体感することで、商社の仕事をわかりやすく、深く理解できます。商社に興味がある方はもちろん、これから業界研究を始める方にもオススメの「一粒で三度おいしい」インターンシップです!

  • 一粒で三度おいしいとは・・・?

    当社では「少しでも多くの学びを持って帰ってもらいたい」という思いから盛り沢山のコンテンツを用意しています。まずは、業界研究として商社に関する体系的な知識を習得。次に、実例を用いたトレーディングビジネスを体験し、仕事内容の理解を深める。そして、適性検査(SPI)とインターン中の姿からひも解く自己分析。1Dayとは思えない程の密度から、昨年参加者の満足度は97%以上。それぞれの視点から学び、有意義な1日にしてもらえたら嬉しいですね。

  • 商社と金属業界のインプット

    まずは、「商社」と「金属」に関する業界の全体像と基礎知識を解説します。学生の目にはなかなか触れることのない「商社」が、どのような機能を持ち、社会に貢献しているのか?そして、実は身近に存在している「金属」の世界についてわかりやすくお伝えします。しかし、ただ話を聞くだけでは理解できたとは言えません。ここでインプットした知識を体感ワークでアウトプットすることで、本物の知識に変えていくのが本インターンシップの魅力の1つです。

  • 商社機能の体験ワーク(初級編)

    インプットした商社の基礎知識をもとに、当社の実例を使ったトレーディングビジネスの体験ワークにチャレンジします。まずは国内取引を中心とした簡単なケースで肩慣らし。チームのメンバーと力を合わせてワークに取り組みながら、実際に手を動かすことで、商社の持つ機能についての理解を深めていきます。ぜひ「商社の仕事って、ただ右から左にモノを流すだけじゃないの?」「商社ってどんな役割をしているの?」と思っている方に取り組んでもらいたいワークですね。

  • 海外取引の体験ワーク(中級編)

    午後は、商材の特徴やグローバルなやりとりも含めた海外取引のトレーディングビジネスにチャレンジ。初級編と比べるとぐっと難易度は上がりますが、チーム一丸となって精一杯に取り組んでもらいます。情報を素早く取捨選択し、状況が刻一刻と変化する中で商売を動かしていく・・・そんなトレーディングビジネスの真髄を体感することができます。また、本物の仕事さながらに「脳みそに汗をかきつつ、チームで仕事に取り組む」という商社の醍醐味も味わっていただけるはずです。

  • 適性検査を用いた自己分析

    プログラム終盤では、インターンシップに参加する前に受検していただいた適性検査(SPI)の結果を個別にフィードバックします。また、ワークに取り組む姿を見た社員やチームメンバーからもフィードバックを受けながら、自分自身の持ち味・特徴を整理していきます。自分でも気付かなかった一面を知り、それを裏付けるエピソードを深掘りすることで、今日1日の学びを振り返るだけでなく、今後の就職活動に活かせる内容となっています。

VOICE参加者の声

  • 業界研究を始めたばかりで、専門商社の中でも鉄鋼・部品系の会社のインターンシップに参加するのは初めてでしたが、インプットの時間もあったので安心して取り組むことができました。総合商社と専門商社の違いから始まり、金属資源の特徴や、社会全体の中でどういった部分を担っている商社なのかを詳しく知れたのがよかったです。(関西私立)

  • インターンシップに参加する前は漠然と「商社の仕事=大変」というイメージしか持っていませんでした。体験ワークの内容も本格的で、考えなければいけないこともたくさんありましたが、チームワークを通して仕事をするという商社の仕事の楽しさを感じることができました。フィードバックがあったのも、今後に繋がる内容で良かったです。(東海国公立)

  • 商社で実際にどのように仕事が行われているのかを感じることができ、参加する前に思っていた商社のイメージが変わったのが正直な印象です。フットワーク良く動くだけでなく、頭も使って仕事をしなければならないと感じ、やりがいと同時に大きな責任感を伴う仕事だと気付きました。また、ワークのレベルが高い分、メンバーとの絆が深まったことも印象的でした。(関西私立)