株式会社富山育英センター/学校法人片山学園

株式会社富山育英センター/学校法人片山学園のキャリタス限定情報

株式会社富山育英センター/学校法人片山学園

【教育】

INTERSHIP REPORT

シンプルにストレートに、塾と学校を知ってほしい

今、自分の目の前にある現実を知り・考え・共有し、今できる一歩を探します。これは皆さんがこれまで教育現場で学び続けた来たことですが、実践は難しいものです。皆さんには、この機会を通じて見えてくる「教え」「育て」を実践するキッカケを提供します。昨年実施した目的に合わせた2コースのレポートはコチラ。

  • 塾を知ることで学校が見えてくる

    学校を持つ塾の私たちだからできる、その名も「学校を創った塾のインターンシップ」。塾と学校両方での何パターンもの授業見学、カウンターでの生徒対応(ほぼ雑談でしたが)、大学進学した先輩としてのホームルーム参加など、自分のこれまでの学生生活の中ではもちろん教育実習でも体験できない現場に触れました。また普段気にすることも少ない、塾・学校が組織として成り立つための裏方業務を目にできたことで、教育業界での働き方を考える参考になったようです。

  • 大学では学べないことを!

    東名阪で年2回続けている「1day勉強会」。皆さん立場も違えば参加目的も違い、いろいろな話をする中で当然のように出る反対派意見にも耳を傾けていました。大学で教育を学んでいる方、アルバイトで現場を知る方もいる中、根拠はあるけど知られることの少ない情報を提供することで「勉強会」というこの場を有効に活用してもらえました。短時間で達成感を得る「お試し」ではなく、現場の声を「実感」する内容なので、皆さん集中して取り組めたようです。

  • 参加メンバーの顔ぶれ

    学校教師を目指す方、塾・予備校を目指す方、教育関連の事務職を目指す方、教育行政を目指す方、現職の学校教師の方、教員免許は取るけど教師にはならない方、教育実習を経験して進路を考え直した方、支援教員の方、学校ボランティアの方、学童保育に携わる方、塾講師アルバイトをしている方、塾に通ったことが無い方、国外からの留学生、自身の受験で思うような結果が出せなかった方、今の職場に疑問を感じる方、など様々で前回からのリピーターもいました。

VOICE参加者の声

  • 足かけ2か月のインターンで、教職課程で学んでいることが全てではないことを、教壇に立つ前に知ることが出来たのはプラスでした。とくに塾部門では、生徒や保護者との距離が想像以上に近く、学校教師の在り方を改めて考えましたが、同時に自分が今まで理想論だけで教壇に立とうとしていたことに気付かされたので、「目の前の現実的な一歩」を地道に探って行こうと決意できました。

  • 赴任する学校が決まっている状態で1dayに参加しました。少子化の本当の問題点・都市部と地方での学習塾の性格の違い・教育にはお金がかかることを、意外と知らなかったデータをもとに客観的に見ることができました。塾でありながら「学校ありき」と言い切られたことに始まり、自分の経験やニュースで知ることとは違った、学校と塾の関係性には少なからず驚きました。

  • フルと1day両方体験しましたが、違う立場の人と話せたことが刺激になりました。大学は教育専攻ではなく、仲間うちでも一般論のような似通った考えになりがちで、違う地域で育ち、違う学力を持つ人との関わりがないため、勉強会で素人意見を言うのは気が引けましたが…。これから社会に出たら、さらに世代の違う人との関わりが増えていくなぁというイメージも湧きました。

気になる

147人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません