アマゾングループ(アマゾンジャパン、AWSジャパン)

1,646人が “気になる” しています

アマゾングループ(アマゾンジャパン、AWSジャパン)の企業情報

海外

アマゾングループ(アマゾンジャパン、AWSジャパン)

【インターネットサービス】

Amazonは1995年、小さなオフィスで産声を上げました。 
world wide webの限りない可能性を信じた創業者兼CEO、ジェフ・ベゾス(Jeffrey P. Bezos)が、ゼロから立ち上げました。 当時「インターネット専門の小売店」が成功すると思っていた人など稀であった中での、極めてアグレッシブなチャレンジだったと言えます。

その頃から変わらず今もAmazonでよく聞くフレーズに「Still Day One」があります。
過去にとらわれることなく、常に今日が初日であるという意味です。
いつでも新たな挑戦に向かってスタートを切ることができるという考え方が、Amazonの革新の原動力となっています。

最初の一歩を踏み出す日。新たな挑戦を心待ちにする日。
そして今日が、皆様にとっての「Day One」です。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 外資系企業

私たちの魅力

事業内容
地球上で最もお客様を大切にする企業

Amazon.comは、米国ワシントン州シアトル市を本拠地とするフォーチュン500の一企業であり、 eコマースにおける世界的なリーディングカンパニーです。
1995年に、創業者兼CEOのジェフ・ベゾス(Jeffrey P. Bezos)がアメリカで創業しました。
創業以来、「地球上で最も豊富な品揃え」と「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」という2つのミッションの実現を目指してきました。Amazonの事業活動はすべて、この2つのミッションに基づいて進められています。
本の販売からスタートしたAmazonは、お客様のご要望にお応えして、次第に取扱い商品のカテゴリーを増やしてきました。現在では本、家電、デジタル関連商品、日用品、文具・オフィス用品、食品、ファッション、ジュエリー、家具、ペット用品、自動車など幅広い商品を取り扱い、日本で販売している商品の数は、約2億種類にまで達しています。またAmazon.comはイギリス、ドイツ、フランス、日本、カナダ、中国、イタリア、スペインなどでウェブサイトを運営し、世界各地50カ所を超える物流センターを設置しています。

2006年、Amazon は、ウェブサービスという形態で企業を対象に IT インフラストラクチャのサービス提供を開始しました。それは現在、一般的にクラウドコンピューティングとして知られています。クラウドコンピューティングの大きなメリットの1つは、インフラコストを、固定費からお客様のビジネス拡大にあわせた変動費に移行できることです。クラウドを使用することで、企業はもはや数週間・数ヵ月も前から、サーバーや他の IT インフラストラクチャを計画・調達する必要がなくなります。クラウドなら、即座に何百・何千ものサーバーを数分でスピンアップし、迅速に結果へとつなげることができます。

アマゾン ウェブ サービスは現在、低価格かつ高いセキュリティと拡張性、信頼性を兼ね備えたインフラストラクチャプラットフォームで、世界190ヶ国で数百万以上、日本国内で数万のお客様を支援しています。

北米、南米、欧州、アジアパシフィック、日本などにおけるデータセンターで、https://aws.amazon.com/jp/about-aws/global-infrastructure/、あらゆる業界のお客様が以下のメリットを活用しています。

企業理念
Our Leadership Principles

Amazonには世界で共通の「Our Leadership Principles」という14項目からなる信条があります。 それは、チームを持つマネージャーであるかどうかにかかわらず、Amazonでは、全員がリーダーであるという考え方のもとで、社員一人ひとりが、全ての日々の活動において、常にこの「Our Leadership Principles」に従って行動するよう心がけています。

Customer Obsession カスタマーへのこだわり

Ownership オーナーシップ

Invent and Simplify 新たな方法を模索し、簡略化を図る 

Are Right、 A Lot 適切なリスクをとり、正しく判断する 

Learn and Be Curious 興味をもって学び、向上させ続ける 

Hire and Develop the Best 最良の人材を採用・育成する

Insist on the Highest Standards 最高水準の追求

Think Big 広い視野で構想する

Bias for Action 行動へのこだわり

Earn Trust  周囲の信頼を確立する

Frugality 倹約

Dive Deep とことん深く掘り下げる

Have Backbone; Disagree and Commit   意見を異にできる気骨があり、しかし決めたらコミットする

Deliver Results 確実な成果を上げる

詳細は、弊社新卒採用ページの「求める人物像」をご覧ください。

事業・商品の特徴
アマゾンの様々なビジネスについて

サービス内容
現在Amazon.co.jpでは、書籍、DVD、CD、家電製品、車&バイク、おもちゃ、ヘルス&ビューティー、食品、ペット用品、ファッション、電子書籍、Amazonデバイスなど、数億アイテムを超える幅広い商品を取り揃えています。

Amazonプライム
Amazonプライムは、3900円(税込)の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、下記のさまざまな特典を受けられる会員制プログラムです。プライム・ビデオでは、人気のライセンスコンテンツに加え、賞を獲得し高い評価を得ているAmazonのオリジナルシリーズを含む、数千本ものドラマ・映画がストリーミング配信で見放題で視聴できるほか、Prime Musicでは、100万曲を超える楽曲や数百のプレイリスト、プライムラジオからお好きな曲をお聴きいただけます。さらに、無制限に写真を保存できるプライム・フォト。毎月1冊の本を無料で読むことができるKindleオーナーライブラリー。1箱あたり290円の取扱手数料で毎日の食料品、家庭用品、日用品を低価格で必要な量だけ1つの箱にまとめてご家庭へお届けするAmazonパントリー。890円の配送料で1時間以内に商品をお届けするPrime Now。また、おむつとおしりふきを15%OFFで購入できるAmazonファミリーなどの特典も利用できます。

ロジスティックス
Amazonは、商品の配達においてもお客様に最も素晴らしい体験をしていただけるよう、世界で最も進んだフルフィルメント・ネットワークを作りました。日本には、13のフルフィルメント・センター、5つのPrime Now用フルフィルメント・センター、そして3つのカスタマー・サービス・センターがあります。Amazon.co.jpは業界最先端のオンライン・ショッピング・テクノロジーを用いて、信頼性の高いクレジットカード決済、代金引換、コンビニ/ATM/ネットバンキング/電子マネーによる支払い、商品のおすすめ機能、また便利なボタンを1回クリックするだけで、ショッピングカート画面を省略して注文することができる機能、1-Clickを使って注文すると、自動的に指定の支払い方法に代金を請求し、指定のお届け先住所にご注文商品が発送されます。

Amazon Devices
Amazonは、世界で最も売れている電子書籍リーダーのKindle、高性能のFireタブレット、ストリーミングメディアプレーヤーのAmazon Fire TVとFire TV Stick、そしてAmazon Dash Buttonなど、Amazon独自のデバイスを日本でも展開しています。

アマゾン ウェブ サービス(AWS)
この10年で、アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、世界で最も包括的かつ幅広く採用されているクラウド・プラットフォームになっています。AWSは、90種類以上のコンピュート、ストレージ、データベース、アナリティクス、IoT(モノのインターネット)、および企業向けアプリケーションなどのクラウドサービスを、米国、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、ドイツ、インド、アイルランド、日本、韓国、シンガポールおよびイギリスの16の地域における、42のアベイラビリティゾーン(AZ)で提供しています。AWSのサービスは、急速に成長しているスタートアップ企業、大手企業、および有数の政府機関を含む毎月数百万のアクティブなお客様から、俊敏性をさらに高めると同時にコスト削減を実現するインフラエンジンとして信頼されています。AWSについてもっと知りたい方は、こちらをご覧ください https://aws.amazon.com。

私たちの仕事

ココンシューマー総合職:
Amazonでの商品販売には大きく、直販モデルと出品サービスモデルの2つのビジネスモデルがあります。Amazonが直接メーカーとやり取りを行い仕入・販売を行うモデルがAmazon直販モデル、販売事業者にAmazonで商品を出品・販売していただき手数料をいただくのがAmazon出品サービスビジネスモデルとなります。
コンシューマー総合職の配属先は、直販モデルもしくは出品サービスモデルでのバイヤーや営業、またはマーケティングやバックオフィス、広告事業などのポジションとなります。具体的な配属先は入社後に本人の希望と適性を考慮のうえ決定します。

サプライチェーンスペシャリスト職:
Amazonの物流インフラの設計と実装、運用、改善に責任を持つスペシャリスト職です。
全国にあるフルフィルメ ントセンター(FC)間での最適な在庫配置の計画や、需要予測データを元に統計的手法で中期計画案の作成、また、新しい配送サービス、より速いお届けスピード等、お客様のニーズに即したビジネスモデルの構築などを行います。

カスタマーサービス チームマネージャー職:
Amazonのカスタマーサービス拠点にて、お客様対応スタッフのマネジメントや育成、チームの運営を行うマネージャー職です。メンバーとともに、お客様の本質的な課題の解決のため改善策を提案し、新しいサービス・価値を提供します。
  
クラウドサポートエンジニア職:
クラウドテクノロジーの最前線で、世界中のさまざまなお客様のビジネスの成功のために、技術的な支援を行うポジションです。Linux、Unix、 WindowsOS といった OS や、各種プログラミング言語、仮想化を用いた分散環境、ネットワーキング、セキュリティ、ビッグデータといった、非常に幅広い技術領域で、それぞれの専門知識をもった社員が多数活躍する職場です。新しい技術を用いたサービスが次々に発表されますので、常に最先端の技術に誰よりも早く触れる事が出来、AWS サービスの裏側がどう動いているのかといった事まで学ぶ事ができる環境です。幅広い技術を身に着け、フルスタックエンジニアを目指すことも、特定の領域に特化して技術力を深めていくことも可能です。

ソリューションアーキテクト職:
ソリューションアーキテクトの理想的な候補者は、お客様訪問先で Amazon を語るに相応しい人材であり、お客様のシニアクラスな方々(CxO レベルも含まれる)と議論したうえで顧客のクラウドストラテジーにインパクトを与え、クラウド戦略・クラウドジャーニーをリードしていただける方です。また一方で、技術的に確固たるバックグラウンドを持ち、お客様のソフトウェア開発者及びアーキテクトの方々と技術的な議論を交わし、ハンズオンで実現可能性を顧客と共に確認しながら、クラウドを利用した既存の移行および新しいイノベーションをリードできる必要があります。ソリューションアーキテクトはビジネス、製品、及び技術的なチャレンジに対して戦略的に考える確固たる能力が求められます。

データセンター:
サーバーやネットワーク機器の設置・保守だけでなく、最新機器を使った電源・空調システムの管理、リスクマネジメント、プロジェクトマネジメント、セキュリティや在庫管理など多岐に渡ります。

はたらく環境

組織の特徴
オープンポジション制度

アマゾンでは、新たに生まれたポジションを定期的に全社員へと公開しています。自分のキャリアは自分で形成していうという考え方を大切にしているからです。自分がチャレンジしたいポジションがあれば、社内ルールに従い手を挙げて面接を受けられます。そのような環境で、自分の思いを実現したり、さまざまな仕事を経験したりできるのがアマゾンです。

企業概要

創業/設立 2000年11月
本社所在地 東京都目黒区下目黒1-8-1ARCO TOWER
代表者 アマゾンジャパン合同会社: ジャスパー・チャン、ジェフリー・ハヤシダ
アマゾンウェブサービスジャパン株式会社:長崎 忠雄
売上高 Amazon.com グループ総売上 1779億ドル
 (2017年 12月期実績)
従業員数 グループ総数 56万名以上
日本法人 5000名以上 (2017年12月現在)
事業所 ■支社:大阪 
■フルフィルメントセンター:千葉県市川市・千葉県八千代市・大阪府堺市・大阪府大東市・埼玉県川越市・埼玉県比企郡川島町・埼玉県狭山市・ 
佐賀県鳥栖市・岐阜県多治見市・ 神奈川県小田原市・神奈川県川崎市・東京都大田区・兵庫県西宮市 
■カスタマーサービスセンター:北海道札幌市・宮城県仙台市、福岡県福岡市
気になる

1,646人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません