32人が “気になる” しています

株式会社ハヤシの企業情報

株式会社ハヤシ

【商社(自動車)|一般(その他)サービス】

創業46年、2016年には年商100億円を突破した、今急成長している自動車専門商社です。
2019年度 岡山県就職人気企業ランキング6位にランクインしました。(山陽新聞社調べ)

  • 地域に密着した事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • シェアNo.1サービスあり

  • 営業力が自慢

  • 平均年齢20歳代

私たちの魅力

事業内容
安定経営を支える確立されたビジネスモデル

当社は中四国では数少ない軽自動車専門店としてお客様のカーライフをサポートする仕事をしています。2016年4月期には、年商100億円を突破。現在は岡山県に3店舗と香川県に2店舗で年間6,800台の自動車販売、車検でも年間17,000台、アフターサービスの総入庫台数も91,000台とお客様から支持を頂き20期連続増収の業績を残しています。景気の波に左右されず成長を続けている強いビジネスです。その理由は独自ルートで自動車を仕入れてお客様に低価格で良い商品を提供できるから。テレビCMや折込み広告などで集客をし、訪問販売等を一切しない完全来店型の販売スタイルもハヤシの特徴です。自動車業界の地域一番店から岡山を代表する有数の企業を目指し今後も発展していきます。

事業・商品の特徴
安定は挑戦の先に

ハヤシには挑戦を促進する風土があります。挑戦をすれば失敗することもありますが、挑戦しなければ成功はありません。当社はここ20年業績を伸ばし続けています。その裏には数々の挑戦がありました。時流に合わせた販売スタイルをとり、試行錯誤しながら増やした成功事例は、同業他社が視察に来るほどです。また、その挑戦を支えているのが、専門コンサルタント陣による研修とメンター制度による充実した教育環境です。また、挑戦を恐れない社員には、チャンスを与える社風があります。そうして社員ひとりひとりが成長していくことが会社の成長となり、安定経営の基盤をつくります。「安定」を手に入れるためには、「挑戦」が必要なのです。

企業理念
主人公として生きる。

ハヤシには個性や能力を活かし、一人ひとりが主人公のように働ける環境があります。評価制度もきちんと設けられています。一緒に働く仲間には、歯車としてではなく、会社の中核を担い動かしていく主役としての活躍を求めています。その証拠に総合職・事務職・整備職それぞれに日本一の記録を持っている社員がたくさんいます。
そんな日本一の記録を保持しているスタッフも入社当時から特別な能力があった訳ではありません。入社後の研修や周りの環境を活かしてスキルアップをしていきました。

『自分が主人公として仕事をする』ことを考えたことがありますか?
ぜひこの機会にそういった視点を持ってください。

私たちの仕事

岡山県・香川県では、アニメで有名な声優さんを起用したテレビCMを数多く投入しており、地域の方々からの認知度も年々高くなっております。

■自動車販売
ハヤシは、数多くある自動車ディーラーでも珍しい軽自動車専門店として販売をさせていただいております。
国内オールメーカーの軽自動車を展示台数1,000台以上在庫として保有を行い、たくさんある車種の中からお客様にぴったりの一台を提案して販売を行ってます。
その結果、年間販売台数6,800台という中四国最大規模の販売を行っているのも、お客様にご支持をいただいているからこそだと思います。

ハヤシでは、ダイハツ・スズキ・スバルの正規ディーラー権も取得をしておりますが、単一のメーカーにとらわれない総合ディーラーとして、国内オールメーカーを取扱い、幅広い車種をフルカラーで取添えている『商品力』と大量仕入れをすることで安く
仕入れを行い、価格面でも『競争力』を持ち合わせてます。

更にテレビCMや折込広告での『集客力』を活かしながら他社との差別化を図ることで、業績アップに繋げています。

ネット販売がこれからもどんどん伸びていくことが予想されている中でも、『商品力・競争力・集客力』は対抗できる武器になります。


■車検専門店
販売後のアフターフォローにも非常に力を入れており、年間車検台数17,000台という中四国屈指の実績を残しております。多くの実績により得た豊富な知識と経験をもとに短時間車検『車検の速太郎』を導入しています。
受付スタッフ1名、整備士2名の計3名で協力して整備する車検です。
立会車検とも言われ、整備士の中でも、検査員という国家資格を持ったスタッフが、お客様と一緒に車の状態を見ながら、説明や相談しながら進めていくというスタイルの車検です。

受付時の接客では、書類の確認や見積りだけでなく、税金について詳しく説明したり、お車の状態を分かり易く説明したりします。
日頃の接客レベルを向上させるために、全国受付対応コンテストにも出場してます。

2017年度は、ハヤシの受付スタッフが優勝と準優勝に輝きました。

今ハヤシで力を入れているのは、ネット販売には出来ない、対面での提案です。
販売から車検や点検などのメンテナンスなど、お客様一人ひとりが求めていることが違うからこそ、社員の提案能力が大切になります。
お客様の期待にこれからも応えていき、地域に必要不可欠な自動車ディーラーとして今後も成長していきます。

はたらく環境

社風
価値ある人材を生み出す社風

ハヤシは若くから活躍するために、自主的に取り組むことを大切にしています。例えば入社後すぐに販売のチャンスを掴めることが、成長の後押しとなります。接客回数の豊富さは営業職としての経験値を上げ、速い成長に繋がります。経験の浅いあいだは先輩社員がアドバイスをし、的確なサポートをします。新人の意見も取り入れる柔軟な社風があるので、のびのび仕事が出来ます。最初は大変かもしれませんが、その仕事をやり終えたときには驚くほど大きく成長しています。その結果、1人で年商1億円を売り上げる営業職社員が62%在籍、中には年商7億円プレーヤーも存在します。貪欲な向上心を持っていれば必ず自己成長を体感できます。

働く仲間
風通しの良い職場は仲のよさから作られる

社員同士の仲が良く、部署間・店舗間を超えて交流しています。

店舗の定休日である水曜日によく遊びに行ったりすることもたくさんあります。もちろん、強制ではなく自主的にです。
共通の趣味を持った仲間と部活やサークルでも交流してます。

■部活・サークルもたくさん!
野球部
テニス部
バスケ部
フットサル部
バドミントン部
ゴルフ部
釣り部
カープ部  …など多数

その他シーズンスポーツに出かけたり同期入社メンバーが集まる同期会なども開催しています。

企業概要

創業/設立 1972年(昭和47年)5月設立
本社所在地 岡山県倉敷市加須山334-4
代表者 代表取締役会長 林 伸雄
代表取締役社長 林 和樹
資本金 5000万円
売上高 105億円(2017年4月期)
従業員数 214名(男性139名:女性75名) (2017年04月現在) 正社員(男性126名:女性47名)
主要取引先 ■自動車メーカー
ダイハツ工業様、スズキ様、SUBARU様、日産自動車様、本田技研工業様、三菱自動車工業様、トヨタ自動車様、マツダ様 等

■保険会社
損害保険ジャパン日本興亜様、東京海上日動火災保険様、三井住友海上火災保険様、あいおいニッセイ同和損害保険様 等

■銀行
三菱東京UFJ銀行様、みずほ銀行様
中国銀行様、広島銀行様、トマト銀行様、香川銀行様、伊予銀行様、玉島信用金庫様
岡山信用金庫様、商工中金様、ゆうちょ銀行様 等

■信販会社
三菱UFJニコス様、アプラス様、ジャックス様、セディナ様、MMCダイヤモンドファイナンス様 等
事業所 【軽自動車専門店】
岡山県:本社倉敷店・東岡山店、岡山店
香川県:高松店・丸亀店

【車検の速太郎】
岡山県:本社倉敷店・東岡山店
香川県:高松店・丸亀店

【鈑金の速太郎】
倉敷店・高松店
新卒3年以内離職率 5.9% ハヤシの過去3年の採用実績は、過去3年で85名の採用をさせていただいております。
その内、離職された方が5名となっております。
したがって3年内離職率は、日本の平均31.9%(※1)に比べ、5.9%とかなり低い水準を維持しております。 

        採用者数 離職者数
2017年    30      3
2016年    33      2
2015年    22      0
合 計     85      5

※2017年4月現在

※1…2016年4月 厚生労働省 発表
沢山の日本一を所有 ■(株)船井総合研究所オートグループ研究会 MVP(2015年度)

■ダイハツ年間新車販売台数
  全国一位(2013年 スーパーピット店 ダイハツ工業自動車表彰)

■三菱年間新車販売台数
  全国一位(2013年 三菱自動車表彰)

■JAF(日本自動車連盟)年間加入件数
  全国一位 (2012年一般社団法人JAF調べ)

■全国販売台数(個人)
  全国一位 (2017年度 株式会社船井総合研究所調べ)

■軽自動車 単月販売台数
  全国一位 (2015年度 株式会社船井総合研究所調べ)

■ロータス オートローンJACCS取扱い
  全国一位  金額・件数共に(2012年度 株式会社JACCS調べ)

■車検の速太郎FC 全国総合コンテスト[2016年10月22日 日刊自動車新聞掲載]
  全国一位 検査員コンテスト   4回
  全国一位 受付応対コンテスト 5回

■岡山県就職人気企業ランキング
2018年度 総合ランキング 6位(山陽新聞社調べ)