丸彦渡辺建設株式会社

丸彦渡辺建設株式会社の企業情報

丸彦渡辺建設株式会社

【建設】

こんにちは!
丸彦渡辺建設は今年創業100年を迎える総合建設業(ゼネコン)で、北海道を拠点に全国で事業を展開しています。
当社で建築や土木の技術を磨き、地域と人に貢献する技術者として一緒に頑張っていただける方、これからの100年をともにつくっていってくれる方を募集しています。

私たちの魅力

事業内容
人と地域をつなぐ100年の技術

今から100年ほど前の北海道池田町、新しいパルプ工場の旗揚げとともに、今の丸彦渡辺建設は誕生しました。機械の据付けや原木の加工、運搬などの請負から始まり、現在では北海道のみならず、全国各地で事業を展開する総合建設業へと成長しています。
 創業から受け継がれる技術者としてのプライドと、誠実な施工をモットーとして培った信頼を携え、人と地域に貢献する企業として丸彦渡辺建設は進化していきます。

◆安心を支える
地域や建物の安全・安心を守るために、丸彦渡辺建設は技術を磨いています。道内でもいち早く取り組んだ免震技術を本社ビルに採用し、地震時のデータ収集など大学などの研究機関と連携して取り組んでいます。また災害時には即座に復旧活動が行えるような体制を整え、地域を守る企業としての自覚を持って活動しています。

◆暮らしを支える
地域の方々の居住空間はもちろん、生活を充実させる施設や安定した生活基盤に当社の技術が活用されています。また最近の課題であるエネルギー分野ではバイオマス発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーの開発に積極的に参加しています。

◆経済を支える
王子グループを始めとした、製紙関連企業を中心に生産施設の建設、メンテナンス、作業請負などの生産施設運営に係わるトータルサポートを実施しています。また、店舗・オフィスビル、倉庫などの物流拠点から道路・橋梁などの交通インフラまで、丸彦渡辺建設の技術力で地域の経済活動を支えていきます。

私たちの仕事

居住空間から文化・生産施設まで幅広い展開を見せている丸彦渡辺建設の建築技術は、「自然環境との調和」をバランスよく融合することにより、多くの人に満足いただいています。新しい都市空間の創造や再開発の場でも活躍しています。

◆土木工事
北の大自然を相手に培われてきた丸彦渡辺建設の土木技術と経験は「高度な完成度」をもとに道路、地下鉄、公園など多くの実績を築きあげ、その信頼はゆるぎないものとなっております。河川、オートキャンプ場、マリーナ、漁港、高速道路などの自然との調和を実現する多くの土木工事を手がけています。日本映画史上最大級のオープンセットと言われた「のぼうの城」の大型セットも手がけました。

◆工場設備の保守管理並びに付帯事業
会社創業時から蓄積したノウハウと現在の技術を融合し、工場建屋建築から機械基礎及び稼働後のメンテナンスまで確かな技術でサポートしています。現在、全国18の生産工場施設を拠点に事業を展開しております。

はたらく環境

組織の特徴
相談しやすく、誰でも活躍出来る環境

職場のコミュニケーションを大切にし、何でも話しやすい雰囲気によりスキルアップをサポートします。経験と知識が豊富な上司や先輩からのアドバイスを受け、1つずつ仕事を覚えていきます。
また、女性専用トイレの設置など、女性が安心して働ける環境づくりにも積極的に取り組んでいます。

企業概要

創業/設立 1948年8月
本社所在地 札幌市豊平区豊平六条六丁目五番八号
代表者 代表取締役社長 藤城 英樹
資本金 4億7600万円
売上高 261億1100万円(2017年3月)
従業員数 478名 (2017年10月現在)
子会社・関連会社 丸彦商事(株)、新王建設(株)、丸彦産業(株)
事業所 本社、札幌支店、江別支店、苫小牧支店、釧路支店、名古屋支店、東京支店、
西日本支店(兵庫県)、九州支店(佐賀県)
気になる

2人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません