10人が “気になる” しています

株式会社ガイアートの企業情報

株式会社ガイアート

【建設|設備|建材・エクステリア】

道をつくる仕事~独自技術で「安全・安心」な道路をつくり、そのフィールドは空港・港湾にも~それが、ガイアートです。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
各種工事の調査、測量、企画、設計、施工、監理、請負ならびに技術指導を行っています。

1.道路建設工事
2.舗装工事
3.土地造成工事
4.上・下水道工事
5.一般土木関連工事
6.造園工事
7.建築工事
8.管工事
9.河川・港湾・護岸工事
10.防水・水利工事
11.建設外構工事
12.空港施設工事
13.スポーツレジャー施設工事
14.テニスクラブ・ゴルフ場建設工事
上記に加えて、
アスファルト合材等の建設資材製造販売、新材料の研究開発。
有料自動車道路「白糸ハイランドウェイ」の管理・運営。

ビジョン/ミッション
ガイアートは、人と自然が融和する環境創造に寄与しています。

近年の建設業の大きな役割は、単に移動や流通経路の提供にとどまらず、安全に、そして安心して暮らせる生活基盤の提供があります。それは、あらゆる生物と人の安住の地としての新しい地球環境を創造することであり、多岐にわたるニーズに応えることであります。

 ガイアートは、1963年に「道」づくりのプロフェッショナルとしての創立以来、舗装工事を中心とする道路・空港・港湾建設、アスファルト合材などの製品製造、「道」の新時代につながる研究開発を中心に事業を展開してまいりました。近年では、地球環境保全を考慮に入れた技術と、わたしたちガイアートが、特に力をいれてきた「ものづくりを支える人」の育成が実を結んだ最高の社員力によって、お客さまに「安全」「安心」を提供する企業として新しい時代の要請に応えています。

 これからも、私たちガイアートは、「ガイアート」の名前の由来である「大地・ガイア」(地球・自然)との共生と、高い「技術・アート」を提供し、安全で安心な未来に続く社会の創造に寄与してまいります。

企業理念
社会資本整備に貢献する「社会に誇れる企業」であるために企業活動を展開しています。

◇私たちは人と自然が融和する環境をつくり人々に安心と満足を提供します。
◇私たちは社会に誇れる企業をめざします。
◇私たちはより高い「品質・安全・アフターケア」をめざします。
◇私たちは一人ひとりが会社の代表です。
◇私たちは「3つの”わ”(和・話・輪)」を大切にします。
◇私たちは新たな体験に燃える集団です。

私たちの仕事

ガイアートは、ゼネコンの熊谷組グループの道路建設会社(熊谷道路)として1963年創業以来、全国各地で実績を積み重ねてまいりました。そのフィールドは道路のみならず、空港・港湾といった社会インフラのあらゆる部分に広がっています。特に環境配慮技術や新技術においては、延長床版工法(震災に効果を発揮した技術として関東地方整備局主催の建設技術フォーラムで紹介されました)や、FFP(縦溝粗面型ハイブリッド舗装)(事故対策舗装)などの独自技術にて、社会の要請に応えています。また、長野県軽井沢町にて有料自動車道「白糸ハイランドウェイ」の管理・運営も行っています。

はたらく環境

組織の特徴
工事成績優秀企業認定

ガイアートは平成26年・平成27年と2年連続で国土交通省中部地方整備局より「工事成績優秀企業認定」を受けました。


工事成績優秀企業とは、過去2カ年に完成した土木工事の成績評定結果に基づき、請負工事成績評定の平均点が特に優秀であった企業について認定されるものです。当社はこれまでも下記のとおり優秀企業認定を受けております。

■平成19年 東北地方整備局工事成績優秀企業認定
■平成20年 九州地方整備局工事成績優秀企業認定
■平成22年 北海道開発局工事成績優秀企業認定
■平成23年 北海道開発局工事成績優秀企業認定
■平成25年 四国地方整備局工事成績優秀企業認定
■平成26年 中部地方整備局工事成績優秀企業認定
■平成27年 中部地方整備局工事成績優秀企業認定

企業概要

創業/設立 1963年11月
本社所在地 〒162-0814
東京都新宿区新小川町8-27
代表者 代表取締役 山本 健司
資本金 10億円(2017年3月現在)
売上高 決算期      売上高(百万円)  経常利益(百万円)
2010年3月期   40,458       1,275
2011年3月期   35,435          699
2012年3月期   37,013          739
2013年3月期   46,059       1,526
2014年3月期   47,283       1,726
2015年3月期   47,785       1,947
2016年3月期   45,935       2,331
2017年3月期   45,830       1,966
従業員数 778名 (2017年04月現在)
株主 (株)熊谷組 100%
事業所 本 社:東京
支 店:北海道・東北・関東・中部・北陸・関西・中国・四国・九州
技術研究所(茨城)、機械センター(茨城)、
営業所・営業事務所(全国40箇所)
合材工場(全国31箇所)  

■関連会社
(株)熊谷組
(株)白糸ハイランドウェイ
優れた技術開発力! 2014年6月に当社独自のFFP(縦溝粗面型ハイブリッド舗装)(事故対策舗装)が、7月に当社独自の環境配慮型アスファルトフィニッシャ「サーマルホッパー」が、8月に当社独自の注意喚起舗装「トレッドマシーン」が相次いで特許取得しました。
その他にもいくつものオンリーワン新技術で「安全・安心」な道路にすべく、日々進歩しています!
有料自動車道路の管理運営 ガイアートは、これまで30年以上の道路維持管理の実績基盤を強みとして、今後、成長が期待される道路維持管理分野での取り組みを強化するため、一般自動車道路事業として「白糸ハイランドウェイ」の運営を行っています。

「白糸ハイランドウェイ」は長野県軽井沢町を通る延長約10kmの美しい森の道です。緑のトンネルをくぐると、人気の観光スポット「白糸の滝」 「竜返しの滝」をはじめ気軽にトレッキングを楽しめる「信濃自然遊歩道」があり、さわやかな高原の風を満喫できます。

この「白糸ハイランドウェイ」は当社独自の新しい技術の積極的な試行・検証のフィールドでもあり、現在積極的に展開している新舗装技術「FFP(縦溝粗面型ハイブリッド舗装)(事故対策舗装)」もこの道路での幾多の試験を経て、世に送り出されています。これも自社で管理・運営する道路であるからこその大きなメリットの一つです。
沿革 1963年
(株)熊谷道路設立
1964年
飛島道路(株)設立
1994年
CI導入により(株)熊谷道路から(株)ガイアートクマガイに社名変更。
2004年
(株)ガイアートクマガイと飛島道路(株)が合併し、(株)ガイアートT・K誕生。
2013年
会社創立50周年を迎える。
2016年
(株)ガイアートに社名変更。
その他 日経BP社編「世界を変える 100の技術」2017に、ガイアートの技術「橋梁床版架け替え工法」が選ばれました!!

これは、コンピュータ・ネットワーク、医療、建設ほか各技術分野の専門誌記者総勢200人が2017年以降を展望し、“世界を変える技術”、“2017年に注目を集める技術”をピックアップしたものです。


ガイアートでは、株式会社熊谷組、オリエンタル白石株式会社、ジオスター株式会社と共同で「橋梁床版架け替え工法」を開発しました。

日本国内にある長さ2m以上の橋のうち、建設後50年以上が経過した橋の割合は2013年時点で18%です。そして10年後の2023年には、43%に上昇します。それに伴い、橋梁の修繕や更新の需要が高まってきています。

今後の橋梁床版の架け替え工事の需要を見込み、「橋梁床版架け替え工法」を開発し社会のニーズに応えています。
気になる

10人が“気になる”しています

“気になる”すると、企業から特別なメッセージなどがマイページに届くようになります
※あなたの個人情報は企業に送信されません