株式会社デンロコーポレーション

16人が “気になる” しています

株式会社デンロコーポレーションの企業情報

株式会社デンロコーポレーション

【金属製品|機械|プラントエンジニアリング】

私たちの魅力

事業内容
鉄塔事業・プラント事業・めっき受託加工事業

1.鉄塔事業
送電・通信鉄塔、鋼構造物全般の設計、製造、タワーメンテナンス、技術コンサルティング、研究開発
2.プラント事業
産業機械設備・生産ラインの設計、製作、据付、試運転、研究開発
3.めっき受託加工事業
鋼構造物の溶融亜鉛めっき加工(防錆処理)、めっきに関する研究、新技術開発、コンサルティング

ビジョン/ミッション
事業の多角化

「事業の多角化」とは、現在当社で大きなウェートを占める鉄塔事業に続く形で、プラント・めっき受託加工の両事業をさらに発展させていくというビジョンです。公共事業の色が強い鉄塔事業と、民間向けのプラント・めっき受託加工事業がバランスよく成長すれば、より景気の波に左右されにくい事業基盤を築くことができます。そしてそれは、社員が安心して、生きがいを持って働ける企業体質・職場環境づくりにもつながります。
 「事業の多角化」実現のためには、3事業の横の連携を今以上に強めることが必要です。なぜなら、当社は鉄塔生産設備やめっき設備をプラント事業で開発するなど、事業間の有機的な結び付きがあって成り立っている会社だからです。事業単体での発展を目指すのではなく、技術・人材・資金を横断的に活用することによって、より大きなシナジー効果を生み出したいと考えています。
さらに、ビジョン実現に向けたもう一つの重要な施策が「国際化」です。当社は2014年、中国の常州に子会社「天隆(常州)精密機械有限公司」を開業しました。ここに私たちが培ってきた技術力を結集させ、まずは中国、そしてアジア・オセアニアへと、新たな価値を送り出していきます。

私たちの仕事

私たちは、鉄塔業界でトップクラスのシェアを誇る企業。各地に電気を届ける“送電線”を支える『送電鉄塔』や、スマホ・テレビの電波を受信する“アンテナ”を取り付ける『通信鉄塔』を全国に供給しています。
そんな鉄塔事業の強みは、設計から製造、施工、アフターメンテナンスに至るまで、鉄塔に関することは何でも一貫して行える総合力。
お客様の抱えるどんな課題にも、あらゆる角度から検討を加え、ベストな解決策をご提案します。
鉄塔だけでなく、「省エネ・省人・環境保護」をテーマにした産業機械設備の開発・製作や、構造物の長寿命化を叶える高品質な溶融亜鉛めっき加工も、当社の事業フィールドです。

はたらく環境

社風
中堅企業ならではのチャレンジ環境

当社は従業員数約600名の中堅企業です。
少数精鋭だからこそ、若いうちから大きな仕事に挑戦することができます。
トップや社員との距離も近く、face-to-faceのコミュニケーションを取りながら仕事を円滑に進められます。
自分が組織の中核だという当事者意識を持ち、やるべきことを見つけて実行していく。
そのような気概のある人が、どんどんチャレンジ・成長していける企業だと自負しています。

企業概要

創業/設立 昭和21年9月 個人経営の鈴木電化工業所を設立
昭和22年9月 法人組織に改組、社名を日本電炉株式会社とする
平成19年9月 社名を株式会社デンロコーポレーションとする
本社所在地 大阪府大阪市東成区深江北2-11-17
代表者 代表取締役 社長執行役員 冨永 充久
資本金 9600万円
売上高 119億円(2017年12月期)
従業員数 661名 (2017年04月現在)
主要取引先 1.鉄塔事業 
国内電力会社各社、電源開発(株) 、共同電力・共同火力会社、JRグループ各社 、東日本/西日本電信電話(株)、(株)NTTドコモ、(株)NTTファシリティーズ、ソフトバンクモバイル(株)、KDDI(株)、日本放送協会(NHK)、民間放送各社、国土交通省、防衛省、警察庁、水資源機構、沖縄総合事務局、各都道府県 他 
2.プラント事業 
新日鐵住金(株)、JFEスチール(株)、(株)神戸製鋼所、丸一鋼管(株)、(株)ブリヂストン、東京製綱(株)、トクセン工業(株)、日鉄住金鋼板(株) 他 
3.めっき受託加工事業 
JFE(株)グループ各社、東日本旅客鉄道(株)グループ各社、新日鐵住金(株)グループ各社、東日本高速道路(株)グループ会社、省庁・各都道府県・市町村 他
事業所 ◆本社:大阪市 ◆工場:大阪府、香川県、岩手県、福島県 
◆支店:東京都、仙台市、広島市、福岡市 
<関連会社>
◆株式会社アイエンジ:大阪(本社)、東京、広島 
◆天隆(常洲)精密機械有限公司:中国江蘇省(本社)