株式会社第一広告社(ダイイチコウコクシヤ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

株式会社第一広告社

【広告】

先輩情報

赤坂 真理絵(2018年入社)

地域振興支援室  

職種 法人向け営業(得意先が中心)
出身校 東北大学大学院
出身学部 法学研究科
専攻分野 法・政治学系

インタビュー

面白いこと、地域にとって意義のあることを企画し、実行する仕事です。

  • 地域振興支援室という部署で、行政関係の仕事を主に担当しています。「広告」というと、テレビ、新聞、ラジオなどを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、パッケージデザインのコンテストを企画・運営したり、時にはインバウンド旅行商品を開発するなど、いわゆる「広告」のイメージを超えた様々な業務に携わっています。また、1年目からアイデアを出す機会を与えていただき、日々先輩方と打合せを重ねています。クライアントの課題を解決することに加え、東北をよりよくするために何ができるのかを考え、形にしていく仕事はとてもやりがいがあります。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    人の気持ちを考える仕事、会社だと感じたから。

    学生時代は法律を専攻し、司法試験を目指して勉強していました。また、アカペラサークルに所属し、定期演奏会の実行委員長を務めました。法律の文章を書くことと組織のリーダーを務めること両者に通じるのは、「伝え方が大事」だということでした。そして、伝え方を工夫する広告の仕事に興味を持ち就職活動を始めました。
    第一広告社は、地域に寄り添う会社です。東北に生きる人や企業のことを考え、コミュニケーションの仕方を工夫していく姿勢に共感し、私も東北の人の気持ちがわかる人間になりたいと思い、入社を決めました。

  • こんなときに成長を実感!

    「何がわからないのか」を自覚できたとき。

    1年目だからといって新人扱いすることなく、信頼して業務を任せてくれる先輩に恵まれており、私が業務全体を把握して先輩に共有するという場面があります。初めてのことなので、わからないことがあるのは当然ですが、始めのうちは「なんとなくわかったつもり」でいることが多くありました。先輩に指摘される前に、不安や疑問を解消し、大きな問題なく業務を遂行できたときには、自分の成長を実感します。今後は、自分の企画した事業を形にすることで成長を実感できるよう努力していきたいです。

仕事の特徴

  • プロジェクトの立ち上げに関われる仕事
  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • 人との出会いが多い仕事