インペックスエンジニアリング株式会社

インペックスエンジニアリング株式会社(インペツクスエンジニアリング)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

インペックスエンジニアリング株式会社

【プラントエンジニアリング|ガス|石油】

先輩情報

田村 彰郎(2013年入社)

管理部 管理課  

職種 財務・経理・会計
   
出身学部 経済学部
専攻分野 経済・経営・商学系

インタビュー

会社のスムーズな運営を支える管理部で、経理を担当しています。

  • 私が所属する管理部は、総務、労務、経理、購買の全てを担い、会社のスムーズな運営を支えています。業務はきっちりと区分けされており、その中で私は経理を担当。月次決算や現金の残高確認、振込、決算書の作成や国際石油開発帝石(株)への報告などが主な業務です。おそらく皆さんが「経理」と聞いてイメージする通りの仕事をしているのではないかと思いますよ。資格は日商簿記と建設業経理士を入社後に取得しています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    国際石油開発帝石グループ企業である安定感と、ワークライフバランスを保てる地元企業であることが決め手に。

    新潟で生まれ育ち、大学も県内だったため、就職活動も自然と地元中心に行っていました。入社を決めた一番の理由は、国際石油開発帝石(株)が国策に密接にかかわる企業のため安定性が高く、グループ企業であれば同様に安心して長く勤務できること。さらに年間休日数が充実しており、ワークライフバランスを保って働くことができるのも大きな決め手でした。また、会社説明会や採用担当者を通して感じた会社の雰囲気も自分に合っていたようです。最終的には当社が一番早く内定を出してくれたので、納得して入社しました。

  • こんなときに成長を実感!

    上司からの適切な指導と資格取得による自信が、ゼロからのスタートを後押し。

    現在は経理を担当していますが、内定が出た後に少しだけ簿記の講義を受けた程度で、入社当時の知識はゼロに等しいものでした。1年目は総務や労務も含めた様々な業務を経験し、本格的に経理業務を担当したのは入社2年目から。最初は分からないことだらけで不安もありましたが、上司の的確で親切な指導、簿記の資格取得やセミナーへの参加を通じて得た知識により、少しずつ業務遂行能力を身につけていきました。

  • 思い出に残る仕事

    残業時間の削減にも寄与した意義ある改革、新規会計ソフトの導入

    私が入社したころから会計ソフトはあったものの補助的な利用にとどまっており、エクセルをメインにした経理業務が行われていました。そんな中、新規の会計ソフトを本格的に導入することとなり、私がその担当者に。ソフトごとの性能や価格、勘定科目の比較など多岐にわたる項目を検討し、デモ版で操作性を確認するなどして導入に至りました。それにより、今まで転記を繰り返すことで発生していたミスが減り、業務の正確性が上昇。作業効率も大幅にアップして、残業時間がそれまでの3分の1に短縮されました。今も各担当者が利用しやすいよう、日々メンテナンスとブラッシュアップに努めています。

  • 学生時代に打ち込んだこと

    クラシックギターの部活で仲間と濃密な時間を共有

    新入生歓迎演奏会を見て、なんとなくフィーリングが合ったのでクラシックギター部に入りました。名前からは想像できないほどハードな部活で、年に一度の演奏会に向けて徹底的に練習を積むんです。夜11時までの活動を週5日ほど行い、その後もさらに練習を重ねて本番に臨んでいました。勉強やアルバイトが忙しくてつらい時期もありましたが、仲間と濃密な時間を共有できたのは良い思い出です。今でも年に一度、同窓会のような集いを催して交流を続けています。

  • オフタイムの過ごし方

    誕生したばかりの子どもを中心とした生活に幸せを感じています。

    一昨年の4月に息子が誕生しました。元々子どもは好きでしたが、自分の子となるとなおいっそう可愛らしいものですね。生活スタイルもガラリと変わりました。平日はお風呂、寝かしつけ、夜泣きをなだめる日々。休日は離乳食づくり、掃除、妻サービスと(笑)、自分の時間は格段に減りました。でも、子どもの成長を実感する毎日はとても充実しているし、仕事に向かうモチベーションや責任感もぐんと増したように思います。

仕事の特徴

  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 周りの人をサポートする仕事