インペックスエンジニアリング株式会社

インペックスエンジニアリング株式会社(インペツクスエンジニアリング)の新卒採用・企業情報

正社員

インペックスエンジニアリング株式会社

【プラントエンジニアリング|ガス|石油】

貴重な国産地下資源を安定的かつ効率的に生産。
日本国内へのエネルギーの安定供給を支えています。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • 実力と成果を重視

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
国際石油開発帝石株式会社(INPEX)のグループ企業としてエネルギーの安定供給に貢献。

当社は、INPEXのグループ企業として、国内における石油・天然ガスの生産・製造、輸送施設の保守・整備やメンテナンスを行うエンジニアリング会社です。
強みは、機械工学、工業化学、電気工学などの専門分野に精通したスペシャリスト集団であること。そのエンジニアリング技術を発揮して、各種プラント工事の設計・施工管理も実施しています。つまり、持てる技術を結集し、設計から工事、メンテナンスまでワンパッケージで提供できることが最たる特長だと言えるでしょう。
我が国は、石油・天然ガスのほとんどを輸入に依存していますが、INPEXは国内において新潟県長岡市を中心に「貴重な国産資源」である石油・天然ガスを生産しています。また海外から液化天然ガス(LNG)を受入れるため、同県上越市にて直江津LNG基地が稼動しており、これらのガスはパイプラインを通じて県内はもとより関東甲信・北陸へと送られています。
ガス生産プラント、LNG基地、パイプラインといったガス供給インフラの保守・メンテナンスを効率的かつ確実に行うことは、エネルギーの安定供給にとって極めて重要となります。
INPEXは、エネルギーの生産に必要な掘削機をはじめ、プラント内に特殊な設備を数多く有するため、当社も相応のメンテナンススキルを備えています。その特殊技術の継承も私たちに課せられた大切な使命であると考えています。
当社の事業は、日本の産業を支えるインフラの安定供給に欠かせないもの。設備の健全性を維持し、管理していく意義ある仕事に、私たちは誇りを持って取り組んでいます。

ビジョン/ミッション
磨き続けてきた技術力を生かし、メンテナンス事業の展開も視野に。

当社は長年に亘り原油・天然ガスの関連施設などの設計・施工のプロフェッショナルとして、数多くの実績と多彩なノウハウを蓄積・集約してまいりました。
確かな技術でエネルギーの安定供給を支える、それが私たちの最大使命です。緊急時の速やかな対応も含め、国際石油開発帝石(株)にとってコアとなる重要な技術の内製化は不可欠で、当社はその受け皿として安定した設備保全に貢献してきました。
次なるステップは、これまで培ってきたエンジニアリング技術と保全技術を駆使して、パイプライン沿線のお客様にエネルギーを届ける設備の工事やメンテナンスを一手に担い、新たな領域への一歩を踏み出したいと考えています。
そのために必要なのは、社員のスキル向上と技術革新へのたゆまぬ努力、そして若手技術者の育成でしょう。将来に亘る技術力の向上・技術者の育成がエンジニアリング会社にとって不可欠である事は言うまでもありません。当社ではスキルマップを作成し、年次に応じてクリアすべきレベルを明確化。それを元に適正な評価を行っています。
また、エンジニアリングとメンテナンスの分野がそれぞれ独立しているイメージですが、どちらにも対応できるオールマイティーな人材の育成を基本とし、工事からメンテナンスまでを手掛ける総合エンジニアリング会社を目指します。
当社はこれからも設計・施工保全・メンテナンス業務において技術力・創造力・革新力をもって、エネルギーの安定供給に貢献していきます。

私たちの仕事

私たちは、豊富な経験、知識、技術によりINPEXが国内で操業する石油・天然ガス生産プラント、天然ガスパイプライン、及びLNG受入基地の保守・メンテナンス、各種工事のエンジニアリング及び施工・管理業務を行っています。
◆工事エンジニアリング業務
  プラント設備の設計・施工監理及びガス供給施設の工事(工事部)
  保全技術の確立と新規技術に関するエンジニアリング(柏崎事業所/技術課)
◆メンテナンス業務
  天然ガス生産プラント(長岡事業所)
  LNG受入基地(直江津事業所)
  パイプライン設備(柏崎事業所/パイプライン保全課)
  生産・掘削設備(柏崎事業所/設備保全課)

はたらく環境

社風
設備のノンストップオペレーションを支える、技術者ならではの気概と醍醐味。

受注から設計、スペックや仕様の決定、協力会社や部品の発注、工事の施工管理など、ガスが通過するまでの一連を担うため、完工したときの達成感は格別です。整備の面でも、長岡や直江津の事業所では日本最大級のコンプレッサーや掘削機器の修繕整備を行うなど、スケール感のある仕事であること、そしてエネルギーの安定供給を支える有意義な仕事であるという実感は、大きな醍醐味ではないでしょうか。
また中期的に見ると、設備をきちんと整備することで自主点検の頻度を2年に一度から3年に一度に抑えるなど、寿命を持たせつつコストを削減するという挑戦にも、技術者ならではのやりがいを見いだせると思います。
こうした取り組みはどこにつながるのか。それはプラントや機器のノンストップオペレーションです。私たちの整備は万全を期しているのだから、器具の不具合で設備が止まることはない。そんな気概をもって働くことができるのも当社だからこそ味わえる魅力の一つでしょう。

職場の雰囲気
人間関係が気さくで常に明るい雰囲気のオフィスです。

若手社員に対しては、頼りになる先輩たちや上司が、適切にアドバイスを行うとともに、個人のスキルアップや資格の取得を後押ししています。

また、CSRに関する研修や勉強会を行い、全社員にコンプライアンスや社会貢献の重要性を教育し、地域社会から信頼され続ける企業を目指しています。

企業概要

創業/設立 設立/1977年06月
本社所在地 〒950-0964
新潟県新潟市中央区網川原2丁目33番26号
代表者 代表取締役社長 赤坂 雅章
資本金 1億円
売上高 16億円(2018年03月期)
従業員数 148名 (2018年04月現在) 
株主 国際石油開発帝石株式会社(100%)
事業所 ◆長岡事業所
〒949-5411
新潟県長岡市来迎寺字原2943 国際石油開発帝石(株)長岡鉱場内

◆柏崎事業所
〒945-0056
新潟県柏崎市新橋11番14号

◆直江津事業所
〒942-0027
新潟県上越市八千浦12 国際石油開発帝石(株)直江津LNG基地内
沿革 1977年 6月6日
 東洋瓦斯機工(株)として東洋瓦斯化学工業(株)より分離独立
2008年 9月30日
 帝国石油(株)100%の出資となる。
2008年10月 1日
 帝国石油(株)は国際石油開発(株)との完全統合により社名を国際石油開発帝石(株)に
 名称変更
2015年 4月 1日
 東洋瓦斯機工(株)からインペックス エンジニアリング(株)に社名変更
関連会社 国際石油開発帝石株式会社
帝石パイプライン株式会社

採用連絡先

インペックス エンジニアリング株式会社
【国際石油開発帝石グループ】
 〒950-0964 新潟県新潟市中央区網川原2-33-26
TEL/025-284-2311
 E-mail/iej.recruit@ml.inpex.co.jp
担当/飯田