小野建設株式会社

小野建設株式会社(オノケンセツ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

小野建設株式会社

【建設】

先輩情報

大場 拓郎(2011年入社)

工事部  主任

職種 施工管理
出身校 山形工科短期大学校
出身学部 居住システム系住居環境科
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

私達の仕事とは

  • 私達の仕事は、建築工事の着工から完成までの間、品質(Q)、コスト(C)、工程(D)、安全(S)、環境(E)を管理し、限られた条件の中で最大限の検討と創意工夫を行い建物を完成させお客様に提供することで対価を頂く仕事です。仕事内容は工事計画、発注者設計者との打合せ、現場の指揮指導、工程計画、施工図作成等多岐に渡るため、コミュニケーション能力や決断力、指導力等様々な能力が必要とされます。建物は高価な買い物です。昨今、施工の効率化、省力化のため建築材料等工場生産のウェイトが高まってきておりますがそれらを扱い現場で実際につくるのは職人一人一人の手です。建築現場のリーダー的立場で高品質な建物を施工管理する私達は重要な役割を担っています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    現場の綺麗さ、自分が成長できる会社

    当社は山形市を主な営業基盤としており、身近な存在でした。また当社社長が、私の地元の隣町出身ということもあり、どこか親近感と縁を感じました。入社前、当社のとある建築現場を外から見た時、ゴミ一つ落ちておらず、資材の置き方も整然としており、社員の意識、現場で働く協力会社社員の意識が高い会社だと実感しました。良いものづくりは良い環境づくりが必須であり、私もこの会社で働きたいと思ったのがきっかけです。また社員教育や、資格取得にも力を入れており、自分自身も成長できる会社だと思いました。

  • 仕事のやりがいは・・・

    我が子のようなもの

    建築工事は一期一会です。携わる建築工事で何一つ同じ条件はありません。また工事を進めていく上で様々な課題や問題に直面します。それを様々な分野から検討、試行錯誤し、方針を決定、問題解決し、完成を目指して進めていきます。進めていく中で、困難やものづくりの楽しさ、現場ならではのドラマがあります。工事は多様な職種の協力業者の人々と一丸となって完成を目指します。建物が完成しお客様へ引渡し、喜んで頂いたときは、一人の我が子を育て上げたような感動と充実感を味わうことができます。反面、引渡して自分が丹精こめてつくった建物が人の手に渡る少しの寂しさもあります。また建物づくりは私一人の力ではなく、工事関係者の協力のもと、一緒につくり上げたという達成感を味わうこともできます。これらの喜びが、また次の現場でも頑張るぞという活力になります。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • リーダーシップを発揮できる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • モノつくりをする仕事
  • 若いうちからマネジメントできる仕事