アサヌマコーポレーション株式会社

アサヌマコーポレーション株式会社(アサヌマコーポレーシヨン)の新卒採用・企業情報

正社員

アサヌマコーポレーション株式会社

【化粧品】

「造形美」を追求した化粧品OEM/ODMメーカー!

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 3年連続で業績アップ

  • 設立50年以上の企業

  • 20歳代の管理職実績

  • 女性の従業員比率が50%以上

私たちの魅力

事業内容
化粧品のOEM/ODMメーカー!誰もが知っているあの化粧品を製造

化粧品のOEM/ODMメーカーであるアサヌマコーポレーションは国内のみならず、海外の化粧品メーカーともお取引しています。
OEMとは「Original Equipment Manufacture」お客様ブランドによる受託製造、ODMとは「Original Design Manufacture」委託者のブランドで製品を設計・生産するというビジネスモデルのことで、消費者の方々の目に触れる機会が少ないですが、国内・海外の化粧品メーカーのあのヒット商品を生み出しているのは、実はアサヌマコーポレーションかもしれません。
私たちが目指す「造形美」とは、お客様が店頭に並んでいる商品を一目見て、欲しいと思える「カラー」「デザイン」「ケース」の製品を作り出し、「化粧品の使いやすさ」を追求した美しさのことです。
「造形美」製品の開発力の強化というスローガンの実現を目指し、画期的な製品開発に全社を挙げて取り組んでいます。

ビジョン/ミッション
創業70年。常に挑戦し続ける

アサヌマコーポレーションは、日本で初めて鉛筆型眉墨を開発し化粧品の製造に着手して以来、70年以上もの年月をメイクアップ化粧品《特にベースメイク(ファンデーション等)と「色物」と呼ばれるポイントメイク(ネイル、リップ、アイライナー等)》の開発・製造に費やし、その蓄積されたノウハウを最大の強みとして成長してきました。
あらゆる努力を惜しまず、常に高品質の製品づくりをめざし技術の開発・向上に取り組みながら確かな製品を世に送り出してきました。その実績により数多くのユーザーに愛され、その優れた品質は高い評価を受けております。
メイクアップ化粧品のOEM/ODMメーカーとして確固たる地位を築きつつも、さらなる挑戦をし続けます。2012年には新規開発部門としてスキンケアグループを新設。規模はまだ小さいながらも、流行のヒット商品を生み出しています。
私たちは、お客様の縁の下の力持ちであり、共に成長・発展していくOEM/ODMパートナーなのです。

事業戦略
お客様の期待以上の実績を生み出すからくり!

2018年1月に相模原ロジスティックスセンターを開設。
恒温恒湿室やクリーンルームを設置し、各工場に独自に設置していた品質管理機能の大部分を相模原ロジスティックスセンターに集約しました。最新の施設で、温度・湿度の一定の管理下で原材料までを含めた品質管理を徹底することが出来ました。
お客様、さらにはその先にある消費者により高品質な商品をお届けるために、品質管理を徹底。
相模原ロジスティクスセンターの設備面での充実はもとより、品質管理体制そのものを高レベルで実現・充実に向け、旧研究所跡地にクオリティ&テクノロジーセンター(QTC)を設置しました。品質管理と生産技術に特化した設備で、これまでに各工場に分散していた品質管理室などの機能をQTCに集約して、一元管理を可能なものとしました。
さらに、同設備を設置したことで、品質保証の内製化にも着手。欠陥品を見つける為の分析機器等設備投資にも注力しています。
この取り組みはお客様満足、そしてその先を見据えているからです。

私たちの仕事

化粧品OEM/ODMメーカーとしてのワンストップソリューションを提供する仕事

【研究開発部門】
化粧品の処方開発及び、製造技術開発、化粧品に関する最新情報管理までを担当します。営業部を通じて、お客様からの要求事項に応じた化粧品を処方開発し、スケールアップ等を行った上で工場での製造開始までを手掛けます。

【製造部門】
生産管理課、購買課、生産技術室、製造課、仕上課、品質管理課など、多くの部署で構成されており、化粧品の製造から、完成品(店頭に並んでいる商品)になるまで一貫した生産業務を担当します。

【営業部門】
提案型営業。お客様の要望に応え、製品化に至るトータル面でサポートをします。

【企画開発管理部門】
化粧品の容器の設計から、化粧品の新製品容器に関する業務(容器調査や容器見積)、新製品のスケジュール管理と社内コーディネーション、新規容器の測定データ取りとその評価などを担当します。

はたらく環境

組織の特徴
グローバルに展開

私たちはメイクアップ化粧品の専門メーカーとしての確固たる地位を築きつつも、新たなステージに挑み続けます。2008年には上海にアサヌマコーポレーション100%出資企業「上海麻沼化妝品有限公司」を設立。中国取引はもちろん、グローバルに展開される顧客とも取引をしております。工場設備は、中国国家基準以上を基本とし、日系企業として高いレベルの品質管理(クラス1万・10万レベルの製造室)を維持しており、生産技術についても日本からバックアップを受け、高品質で高い技術レベルの製品を提供しております。
国内外の展示会にも出展し、好評を得ております!

オフィス紹介
あの商品もここから誕生!

神奈川県相模原市にある化粧品研究所は新設されたばかり!
研究室はもちろんのこと、設備も一新しました。ライブラリースペースなど職場環境がより一層充実。お客様が満足する化粧品のアイデアを生み出す環境となってます。

職場の雰囲気
アサヌマコーポレーションの生産拠点!

カラーメイクアップ製品全般の仕込みから製品までの製造充填工程までこなすことの出来る製造部門の生産拠点が、相模原工場です。化粧品を製造する環境として、生産設備も一定の基準を十分に満たしております。
ペンシル類・水系製品等の製造・充填を行っているのが、相模原第二工場。相模原第三工場は、製品の包装・箱折り等の仕上げ工程を行っており、別にマニキュアのベース部分を製造している工場もあり、それぞれ製造する製品によって工場が異なっております。
他にも、各種原料を補完する倉庫や、ロジスティクスセンター等拡充させており、今後も製造部門を強化していきます!

企業概要

創業/設立 創業:1947年4月
設立:1952年4月
本社所在地 東京都中野区南台3-37-19
代表者 代表取締役社長 麻沼 雅海 (あさぬま まさうみ)
資本金 5000万円
売上高 109億円(2018年6月期)
116億円(2017年6月期)
101億円(2016年6月期)
従業員数 460名 (2018年06月現在) 男性:180名、女性:280名 ※パート含
事業所 ◆本社
  東京都中野区南台3-37-19
◆開発センター
  東京都中野区南台3-46-33
◆化粧品研究所
  神奈川県相模原市緑区橋本台1-24-17
◆相模原工場
  神奈川県相模原市緑区西橋本1-14-41
◆相模原第二工場
  神奈川県相模原市緑区下九沢2126-1
◆中津工場
  神奈川県愛甲郡愛川町中津6808-1
◆相模原ロジスティクスセンター
  神奈川県相模原市緑区橋本台3-4-6
会社沿革 1947年4月◇東京都新宿区柏木町に麻沼武雄商店を開設
1952年4月◇株式会社麻沼商店に改組
1954年12月◇東京都中野区多田町(現中野区南台)に本社移転
1957年12月◆東京都中野区栄町(現中野区南台)に栄町工場(現、開発センター)を新設。メイクアップ化粧品全般の量産体制を整える
1966年7月◇神奈川県相模原市橋本(現相模原市西橋本)に相模原工場を新設
1989年6月◆相模原工場にリップスティック(口紅)の生産ラインを新設し生産開始
1990年2月◇化粧品研究所を相模原工場内より神奈川県相模原市西橋本へ移設
1990年8月◇麻沼雅海 社長に就任
1995年9月◇社名をアサヌマコーポレーション株式会社に改称
1997年7月◆神奈川県愛甲郡愛川町中津に中津工場を新設(ネイルカラーの増産開始)
1998年9月◇化粧品研究所敷地内に新研究棟完成
2003年9月◇神奈川県相模原市下九沢に相模原第二工場を新設
2004年6月◆化粧品研究所に新規開発部門として「パウダーグループ」新設
2005年8月◆中野工場をベースメイク工場に全面改築(パウダー製品の生産開始)
2007年6月◆中国上海市に上海麻沼化妝品有限公司を設立
2012年5月◆化粧品研究所内に新規開発部門として「スキンケアグループ」を新設
2014年1月◇平成26年1月16日に日刊工業新聞社から「優秀経営者層」を受賞
2015年10月◇神奈川県相模原市下九沢に相模原第三工場を設立
2017年3月◇神奈川県相模原市緑区橋本台に化粧品研究所を新設

採用連絡先

〒164-0014
東京都中野区南台3-37-19
アサヌマコーポレーション株式会社 採用担当
 Tel : 03-3383-0511 / Fax : 03-3383-0517
 E-mail : recruit@asanuma-corp.co.jp