名北魚市場株式会社(メイホクウオイチバ)の新卒採用・企業情報

正社員

名北魚市場株式会社

【商社(水産)|水産|商社(食品)】

私たち名北魚市場は「新鮮で安全な海産物」を安定供給し、中部圏の『食』を支えています。

  • 顧客視点のサービス

  • 安定した顧客基盤

私たちの魅力

事業内容
年間200億円以上の海産物を流通させています。

私たち名北魚市場株式会社は中央卸売市場で年間200億円以上の海産物を流通させ、「新鮮で安全な海産物」を安定供給しています。
市場の仕事というと朝早く、新鮮で様々な食品があって、“せり”をしていて活気があるというイメージを持たれると思います。もちろんそれも間違いではありませんが、市場は、商品のせり売り販売等を行って「食品の適正な価格を形成すること」、「食品を集荷・分配し安定的な供給をすること」、「食品に関する様々な情報を取り入れ発信すること」といった社会的にも重要な役目を担っているのです。
“魚が好き”“せりをしてみたい”などきっかけはなんでもOKです。
市場の魅力やスケール感は肌で感じてみないと伝わりません。
新鮮な魚に囲まれて、活気ある市場で是非一緒に働きましょう!

【事業内容】
水産物等の卸売販売に関する業務

私たちの仕事

私たちは県営名古屋空港に程近い名古屋市中央卸売市場北部市場で、全国各地の産地から集荷した新鮮で安全な海産物を仲卸業者様に卸売販売しています。
なぜ“せり”をするのか疑問を抱かれたかもしれませんが、海から獲れた魚には値段が付いていませんよね?
私たちが“せり”をして初めて魚に適正な価格が形成されるのです。
そして、仲卸様に販売した商品が朝一番にスーパーなどに届けられ、消費者のみなさまへ販売されます。
美味しさと鮮度を保った安全な魚たちが、公正な価格で消費者の食卓に届けられるように私たちが流通の要となり、早朝より業務に努めています。

はたらく環境

組織の特徴
オンリーワン企業を目指します。

【経営理念】
最高の笑顔と感謝の気持ちを忘れず、地域社会とお取引先様そして社員の満足と喜びを追及して参ります。

【企業目的】
生鮮水産物の安定供給及び情報発信基地として、公共の使命を果たすと共に、“より安全”で “より安心”な、そして“より美味しい”食の提案を追及するオンリーワン企業を目指します。

企業概要

創業/設立 設立
昭和58年9月28日

業務開始日
昭和60年4月5日
本社所在地 愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字八反107番地
代表者 代表取締役社長 二村 信幸
資本金 1億円
売上高 2018年度 240億円
従業員数 80名 (2019年03月現在) 内 パート22名
事業所 本社
愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字八反107番地

採用連絡先

〒480-0291 
愛知県西春日井郡豊山町豊場八反107
TEL:052-903-5206 
担当:阿部・吉川
E-mail:jinji2@meihoku-uoichiba.co.jp