信濃毎日新聞株式会社

信濃毎日新聞株式会社(シナノマイニチシンブン)の採用情報・募集要項

正社員

信濃毎日新聞株式会社

【新聞】

信州というフィールドから世の中を見つめてみませんか。

  • 資格取得支援制度あり

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 離職率が低く安定

  • 職種別(部門別)・コース別採用予定

  • OB・OG訪問可能

私たちの採用について

採用担当者からのメッセージ
145年の歴史を未来へ

信濃毎日新聞は1873(明治6)年の創刊から145年を超える歴史を刻んできました。ジャーナリズムの中核として、長野県全域で読者の皆さんに確かな情報を伝え、郷土の産業文化の発展に寄与する。活字、紙面を通じて人と人をつなぐ。豊かな自然に囲まれた信州から未来を紡ぐ―。そんな仕事に魅力を感じる皆さんの若い力と情熱を期待しています。

募集する職種

記者、写真記者、営業・総務、技術・印刷

募集職種一覧
記者、写真記者 新聞の使命は自由で公正な言論と、正確な情報を速やかに読者に届けることです。創刊以来、信濃毎日新聞は報道、解説、論評等あらゆる面で実績を積み重ねてきました。
記者職で採用されると、政治、経済、文化、スポーツ、事件・事故など日々のニュースを取材、分析し記事にする外勤の取材記者や、ニュースの価値を判断して紙面にレイアウトし、見出しをつける内勤の整理記者などに就きます。
写真記者は写真撮影をメーンに取材活動に当たります。
営業・総務 営業・総務職は、広告、販売、事業などの部門を軸に会社の収入を支える仕事がメーンです。
広告局は、暮らしに役立つ情報を紹介したり、地域産業を支えるさまざまな広告を展開。野球BCリーグの信濃グランセローズ、サッカーJ2の松本山雅FC、J3のAC長野パルセイロなど信州を拠点に活躍するプロチームを支援するスポーツマーケティングにも力を入れています。
販売局は、信毎を一人でも多くの人に読んでもらおうと普及宣伝事業に努めるとともに、全県に広がる約160の販売店の指導、強化を通じて読者満足度の高い万全な配達サービスを提供できるよう奮闘しています。
事業局は、長野マラソン、プロ野球公式戦などのスポーツ大会、展覧会、ステージ、講演会や囲碁・将棋大会など新聞社ならではのイベントを多彩に展開しています。
技術・印刷 技術・印刷職は新聞制作、新聞印刷などの業務に当たります。新聞制作システムや印刷技術に関心のある人材を求めます。
技術局は新聞制作にかかわるコンピューターシステムの開発、統括管理をしています。
新聞印刷は長野市と塩尻市にある製作センターで行っています。40ページを同時にカラーで印刷できる超高速輪転機を備えた印刷工場です。オペレーターはコンピューター制御の輪転機を操作し、色合いが美しく、文字も鮮明な信毎の紙面を印刷しています。

研修・社内制度

研修制度
自主研修制度

入社3年以上の社員が対象。年次有給休暇を利用して自発的に行う自己啓発で、期間は2カ月程度。必要な資金の融資、奨励金の支給もあります。

社内制度
育児休業制度

勤続1年以上の社員が対象。同居・養育する子が2歳になるまで育児休業の取得が可能。子が小学3年までは短時間勤務、所定外労働の免除、時間外労働の制限が選択でき、深夜業の免除が可能です。

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法 志望者は当社ホームページ「社員採用案内」(http://www.shinmai.co.jp/corporate/recruit/)から願書請求し、所定の願書、受験票、作文原稿用紙をダウンロード、印刷して必要事項を記入のうえ、提出書類一式を信濃毎日新聞社人事部(〒380-8546 長野市南県町657)へ郵送してください。締め切りは4月上旬を予定しています。
選考方法と重視点 書類選考のうえ、長野本社で筆記試験(写真記者は実技試験も実施。日程は後日発表します)。通過者を対象に面接などを実施
提出書類 1、当社指定の願書、受験票
2、作文「なぜ信濃毎日新聞社を目指すか」(800字以内)
3、直近の成績証明書か成績表(コピーも可)
応募資格(学歴、学校種) 大学、大学院 卒業見込みの方 または 大学、大学院 卒業の方
または既卒者で、原則として2020年4月1日現在30歳未満の方

募集要項

初任給 月給227,000円以上(2018年4月実績)
昇給・賞与・諸手当 昇給=年1回(4月)
賞与=夏、冬
手当=厚生手当、住宅手当、通勤手当、家族手当、地域手当、単身赴任手当、業務手当、時間外手当、深夜勤務手当、宿直手当など
勤務地

長野県内各地、東京、名古屋、新潟

勤務時間 1日実働7時間。ただし配属先により始業・終業時刻が異なり、時間外労働もあります。外勤記者職は専門業務型裁量労働制(みなし労働時間9時間)
福利厚生 各種社会保険加入、各種検診実施。長野、松本市でスポーツクラブ加入(その他の地域はスポーツクラブ利用料を補助)。確定給付年金、社内融資制度、共済会あり。
休日休暇 1週1日、ほかに新聞休刊日、国民の祝日、特別休暇を加え月8~10日(年間の所定休106日)。
年次有給休暇(最高30日。繰り越し制度・失効分の復活制度あり)、慶弔休暇、リフレッシュ休暇(勤続3、5、10、15、20、25、30、35年)、出産支援休暇、子・配偶者の看護休暇など。
採用実績校 早稲田、信州、慶應義塾、明治、筑波、東北、千葉、立教、中央、一橋、日本、新潟、法政、横浜国立、上智、東京外国語、金沢、同志社、東京、立命館、名古屋、東京芸術、大阪、国際基督教、青山学院、埼玉、大阪芸術、東京農工、首都大学東京、横浜市立、お茶の水女子、神戸、富山、駒澤、成城、津田塾、芝浦工業、北海道、学習院、九州、明治学院、長崎、東京学芸、東京農業、武蔵、静岡、東京女子、東京経済、神奈川、武蔵野美術、静岡県立、神戸市外国語など
採用予定学部学科 特に指定はありません。多彩な人材を求めています。
今年度採用予定数 15名程度
昨年度採用実績(見込)数 8人(記者職5人、営業職2人、技術職1人)
試用期間 あり
入社後6カ月
本採用時と労働条件に変更なし
自己啓発活動支援制度 業務の効率化、個人のレベルアップなどを目的に、各種資格取得、検定合格、講習の受講に要した費用の一部を奨励金として支給します。

職場データ

新卒採用者数と離職者数
(過去3年間)
2018年度:採用人数13名、うち離職者数1名
2017年度:採用人数12名、うち離職者数0名
2016年度:採用人数14名、うち離職者数1名
男女別の新卒採用人数
(過去3年間)
2018年度:男性9名、女性4名
2017年度:男性10名、女性2名
2016年度:男性9名、女性5名
平均勤続年数 16.6年
育児休業取得者数(男女別) 男性:取得者0名(対象者17名)
女性:取得者3名(対象者3名)

採用連絡先

〒380-8546 長野県長野市南県町657番地
電話026-236-3050(人事部)
メール jinji@shinmai.co.jp
採用案内 http://www.shinmai.co.jp/corporate/recruit/