株式会社FPG(エフピージー)のキャリタス限定情報

東証 正社員

株式会社FPG

【その他金融|証券|投資信託】

トレーナー対談

2018年4月入社の新卒社員を1on1でサポートする2人のトレーナーが、
実体験を通してお話します。

相手に興味を持ち、心を通わせるために

村尾私自身、転職してFPGに入社し大宮支店に配属が決まってから半年くらいは、先輩社員が同行してくださって仕事を教えてもらいました。今は後輩を育てる立場になりましたが、指導している新入社員はとても堂々と楽しそうにお客様と会話ができ、逆に私のほうが刺激を受けています。

後藤私も同じです。新入社員ながら本当に頼もしくて、私以上にお客様と話が弾む場面もあるくらいなんですよ。

村尾後藤さんがトレーナーとして指導する上で工夫していることは?

後藤常に、「もし自分がお客様だったら、この対応をどう感じるだろう?」というように、お客様目線で考えさせ、私自身も新入社員と一緒に考えるようにしています。また、メールをはじめ週報のチェックや定期的な面談で、疑問や不安を払拭するよう心がけています。私は東京営業3部で静岡県を担当していますが、この部署は出張が多く、部内のみんなで顔を合わせる機会がなかなか持てません。そのため、できるだけ新入社員が心を開いてみんなと関わりが持てるよう、部署内で交換日記をしています。

村尾交換日記は、人となりが感じ取れて良いですね。東京営業2部は主に首都圏近郊の担当なので、部内のみんなと毎日交流できます。私は営業活動に新入社員を帯同して実践的な指導をする際、ケースバイケースで臨機応変に対応できるようアドバイスしています。また社内では、例えば新入社員の電話対応の改善点について、気づいた人が声をかけるなど、部署全体で新入社員を育てる雰囲気があります。

後藤私たちの仕事は扱う金額が大きく、お客様の多くが経営者など目上の方ですので、“品良くフレッシュに”行動できる人材に成長してほしいですね。何より大切なのは、お客様が何に興味を持っているかをキャッチし、自分もそれに興味を持つことだと思います。

村尾確かに、成功されている経営者の方々が日々どのようなことを考えているのか、興味を持って相手を知ろうとすることが大切ですね。

お客様に喜ばれる仕事、感謝を自信につなげる

後藤村尾さんは、新入社員のモチベーションアップにつなげるため、当社の営業活動はどういう特徴や魅力があると伝えていますか?

村尾お客様に主力商品であるオペレーティングリースを説明したときに、「こういう方法があるとは知らなかった。聞いて良かった」と喜んでいただけるのが特徴です。そこに当社の魅力があることを、実際の営業活動を通して伝えていきたいと思っています。

後藤私も同感です。お客様サービスを紹介し、お申し込みをいただき、最後に「ありがとう」と言っていただける。お客様から感謝され、自分自身もうれしくなる営業活動ですよね。

村尾その通りです。決して無理をして売り込む商品ではありませんから、ニーズがあるお客様に情報を提供し、あとは楽しみながらお客様と交流を深めていこうというスタンスで指導しています。

後藤お客様から商品の受注をすると、営業担当の名前と受注金額が全社メールで流れますが、新入社員にはすぐ「おめでとう」と声をかけたりメールで返信したりしますし、「最後の契約まで気を引き締めてね」とアドバイスをすることもあります。

村尾金額がすべてではありませんが、営業担当である以上、売上額は重要です。とくに新入社員は売上額が自信となり、やる気スイッチが入って次につながる行動を取れるようになっていると感じます。何より本人がうれしそうにしているのを見るのが、トレーナーとしての喜びです。

後藤本当に、自分のことのようにうれしく感じますよね。

風通しが良く、成長できる職場環境

村尾当社の仕事は専門性が高いため最初は難しい面もありますが、成長できる職場環境であることは間違いありません。お客様の急なお問い合わせで返答に窮したら、すぐにトレーナーや先輩・上司、内容によっては他部署の方々に聞くなど、情報を得やすい風通しの良さがあります。

後藤いつでも誰にでも教わることができ、周囲のみんなでサポートしようという体制が整っていますから、新入社員が知識不足で壁にぶつかることはないでしょう。私自身、FPGに入社してトレーナーの先輩から指導を受けていた新人の頃にお客様からの質問に答えられず、先輩に助けてもらったことがあります。次にそのお客様に会ったときは完璧に説明できるようにし、結果として非常に良い関係を築くことができました。

村尾私も上司や先輩にずいぶん助けられてここまできました。何か失敗しても、当人だけに責任を押し付ける風潮はないので救われます。新入社員もミスを隠さず、すぐ相談してくれる。そういう社風があることは自慢できますね。

後藤しかも多様な分野で豊富な経験を積んだ社員が多く、部署を超えて質問や相談をすると、その都度いろいろな発見ができます。こうした人材の層の厚さも自慢できる点です。

村尾人材の層が厚いのは、経済学部出身ではない人や、前職が金融関係ではない人も多いから。入社した時点で専門知識がなくてもまったく問題ありません。

後藤皆さんスタートは一緒。本人のやる気次第で、どんどん成長していける職場です。