株式会社FPG(エフピージー)のキャリタス限定情報

東証 正社員

株式会社FPG

【その他金融|証券|投資信託】

内定者の声

2019年新卒内定者の皆さんに、就職活動中に感じたFPGに対しての印象や、
入社についての思いを語っていただきました。

2019年新卒内定者の皆さんに、就職活動中に感じたFPGに対しての印象や、入社についての思いを語っていただきました。

Q1

FPGの第一印象を教えてください。

  • 一人一人と
    向き合う会社

    文学部 女性

    日程的な都合で会社説明会に行くことができなかったのですが、個別で会社説明をしていただきました。その時、一人一人と向き合う会社なのだという印象を抱きました。

  • ハードルの高い
    仕事

    人間科学部 男性

    最初の印象は、とにかくハードルの高い仕事だということ。一方で、一人前にこの仕事ができるようになれたらすごいな、という憧れを感じました。

  • 専門的で
    難易度の高い業務

    法学部 男性

    海外と関わりのある企業を探していてFPGに興味を持ちましたが、専門的で非常に難しそうな業務を行なっているという印象を受けました。

  • 何をしている会社なのか、
    興味を惹かれた

    法学部 男性

    他社の内定を貰い、このまま本当に就活を終えて良いのかと悩んでいる時にFPGを知りました。何をしている会社なのかよくわからないという第一印象でしたが、興味を惹かれました。

Q2

就職活動を通してFPGのイメージは変わりましたか?

  • より入社したいという
    気持ちに

    文学部 女性

    あまり変化はありませんでしたが、選考を進めるにつれ、より入社したいという気持ちが高まりました。

  • 企業理解を
    深めることができた

    人間科学部 男性

    ビジネスモデルについて親切・丁寧に説明してくださったので、企業理解を深めることができました。そして知れば知るほどFPGに対する興味が増しました。

  • 人に対して
    あたたかい会社

    法学部 男性

    金融業界はどちらかというと冷たいイメージを持っていましたが、就職活動を通して、FPGが人に対してとてもあたたかい会社であることを実感しました。

  • 堅苦しいイメージを
    払拭

    法学部 男性

    当初はお堅い雰囲気を想像していましたが、社員の方々が皆さんとても気さくで、アットホームな雰囲気の会社だという認識に変わりました。

Q3

FPGに入社の決め手を教えてください。

  • この人たちと
    一緒に働きたい

    文学部 女性

    選考を通してお世話になった方々が魅力的で、一緒に働きたいと思ったことが最大の理由です。そしてどの企業よりも前向きに自分と向き合えたのが、FPGだったからです。

  • 成長できる
    環境がある

    人間科学部 男性

    独自性の高い仕事に就くことができ、成長できる環境が整っていると感じたことが決め手でした。多様な経歴を持つ先輩がそろった環境で、必要なスキルを多方面から学べると思いました。

  • 英語力を活かして
    貢献したい

    法学部 男性

    面接で自分の話を親身になって聞いてくださったこと、そして自身の英語力を活かし会社に貢献したいと考え、入社を決めました。

  • 若いうちから
    活躍できる

    法学部 男性

    若いうちから裁量権を与えてもらえること、そしてアットホームで働きやすそうな雰囲気に魅力を感じました。

Q4

FPGでの就職活動(選考)で印象的だったことを教えてください。

  • 多様な経歴を持つ人々と
    出会える

    文学部 女性

    新卒採用より中途採用が多かったことに驚きましたが、その分様々なフィールドで活躍されてきた方々と関わりを持てるのではと思いました。

  • 人事の
    手厚いフォロー体制

    人間科学部 男性

    エントリーシートを添削してくださったこと、面接開始前に人事の方とお話する時間をいただいたことなど、常に相談できる環境を作っていただいたことが印象的でした。

  • 密接にコミュニケーションを
    とってくれた

    法学部 男性

    全ての面接で自分の話を引き出そうとしてくれたことが印象に残っています。また、面接終了後に人事の方が毎回感想を聞いてくださるなど、コミュニケーションを考えていることも印象的でした。

  • 面接というより
    対話している印象

    法学部 男性

    適性検査結果を一次面接で教えていただけたことは、他社では経験がなかったことなのでとても記憶に残っています。また面接というよりは対話している、という印象が強かったです。

Q5

入社後の目標について教えてください

  • 信頼される社会人に
    なりたい

    文学部 女性

    お客様はもちろん、関わる全ての方の真意を汲み取り、信頼される社会人になりたいです。

  • がむしゃらに
    取り組みたい

    人間科学部 男性

    まずは、一目置かれる存在になれるようにがむしゃらに取り組みたいと思っています。そして、いずれは任せておけば大丈夫と思われるような信頼される先輩、社会人になりたいです。

  • 自身の能力を活かして
    活躍したい

    法学部 男性

    専門的な知識をたくさん吸収しつつ、自身の能力が活かせるSF職として活躍し、目標とされる人間になりたいです。

  • 求められる以上の
    成果をあげたい

    法学部 男性

    FPGという会社の認知度をさらに向上させるためにも、求められる以上の成果をあげ続けていきたいです。

Q6

就職活動をする学生に応援メッセージをお願いいたします。

  • 広い視野を
    持って

    文学部 女性

    多くの会社を知ることができるのは就活生の時だけ。その時に得た知識は、必ずどこかで活かせると思います。広い視野を持って就職活動をやり切ってください!

  • 最大限の準備をして
    取り組んでください

    人間科学部 男性

    就職活動では、すべてにおいて「準備」が大切。本番で慌てず、心に余裕を持って取り組むためにも最大限の準備をすることをおススメします。悔いの残らぬよう頑張ってください。

  • 自分としっかり
    向き合うことが重要

    法学部 男性

    将来について自分としっかり向き合い、自分らしく就職活動に臨んで頑張ってください!

  • 自分の目で見たものを
    信じて

    法学部 男性

    百聞は一見にしかず。実際に足を運んで自分の目で見たものを信じて就職活動頑張ってください!