三星工業株式会社(ミツボシコウギヨウ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

三星工業株式会社

【機械】

先輩社員からのメッセージ

越 裕司(2012年入社)

スピンドル事業部 製造課 製造2係  

職種 生産管理・品質管理
出身校 金沢工業大学
出身学部 情報工学部
専攻分野 情報工系

インタビュー

加工の最初の旋盤工程を担当

  • スピンドル事業部は、工作機械などに使われる、高速で回転する軸を持つ装置「スピンドルユニット」の製造を行っています。図面から加工方法を考え、工具を選定してプログラムを作り、加工を行います。私が所属する製造1係は旋盤工程を担当しています。旋盤工程は素材の状態から形をつくっていくので、目に見えて変化がわかり、おもしろいです。旋盤工程は材料加工の最初の工程に当たり、遅れが出ると後工程にしわ寄せが出てしまうため、少しでも時間短縮できるように作業を行っています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    技術力と勢いを感じて入社を決断

    モノづくりが昔から好きで、製造業に就こうと思っていました。高校生の頃から、ニュースなどでよく「製造業のロボットによる自動化が進展する」といわれていたので、自動化の機械を作る方に就きたいと思っていました。大学の卒業者の就職先を見るまで、三星工業の社名は知りませんでしたが、調べてみると過去5年間で急に売上が増加していました。加えて、会社見学の時には、新しい設備が目立っていて、技術力と勢いのある企業だと感じ、入社を決めました。

  • 私のモットー

    何でもやってみる

    何事もそうですが、やらなければ解らないし、覚えられません。先に説明を聞いて頭ではわかっていても、いざやってみるとうまくいかず、改めて理解できるということもあります。実際の仕事でも、実績のある加工プログラムを参考にしたり、先輩社員からアドバイスをもらったりして、良い加工条件などが解ってきます。もし失敗したとしても、よくない加工条件に加え、その修正方法も覚えられるかもしれません。とにかく、やってみないと、身につかないというのが実感です。

  • 今だから話せる大失敗

    失敗した後の切り替えが大切

    補正入力ミス、プログラム作成ミス、工具の選定ミスなど、日々の仕事の中で失敗は多々あります。ワーク(加工する材料)を取り付ける方向を間違えて、工具を壊したこともありました。ミスしたことで怒られことは、この会社では少ないですね。ほとんどのミスは、他の人も同じように経験しているようです。なるべく失敗はしない方がいいですが、失敗したものは仕方ないので、失敗した後すぐに気持ちを切り替え、とにかく次に何をすべきか考えなさいと言われます。

仕事の特徴

  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • モノつくりをする仕事