三星工業株式会社(ミツボシコウギヨウ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

三星工業株式会社

【機械】

先輩社員からのメッセージ

宮腰和宏(2013年入社)

機械システム事業部 設計課 電気設計係  

職種 機械・電機・電子機器設計
出身校 金沢工業大学
出身学部 大学院(工学研究科 電気電子工学専攻)
専攻分野 電気・電子系

インタビュー

オーダーメイドによる専用機械の設計製作

  • 機械システム事業部は、専用機械の設計製作を行う部署で、私が担当する電気設計は機械設計チームと協力し、綿密な打ち合わせをしながら、一つの装置を設計していくのが仕事です。最初に機械の構想ができ、それをどう動かしていくかを設計していきます。具体的には、装置を動かすための制御部のハード設計からソフトウェア設計まで行います。ハード設計では、あらゆるメーカーの中から最適な部品を選定して回路を組みますし、ソフトウェア設計では、誤動作が起こらないよう、色々な場合を想定してプログラムを作成します。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    成長できる条件が揃っている会社

    大学卒業後は地元に戻ろうと考えていましたが、地元企業のほとんどは大企業の子会社で製造の仕事しかなく、大学で学んだ知識・技術が生かせそうにありませんでした。しかし、三星工業は下請けという枠を越えて、製造だけでなく開発・設計、新たなことにも取り組んでいて、大学で学んだことが生かせると同時に、会社とともに自分も成長できる会社だと感じました。また、就職活動時期がリーマンショック後で、どの企業も景気が悪かったのですが、三星工業の社員はとても明るくて雰囲気がよく、不景気の波を感じさせないオーラを感じました。

  • 仕事のやりがいは・・・

    モノづくりの楽しさと難しさを体験できる

    お客様によって生産する製品も違えば、それを製造するための生産設備も異なるため、その都度異なる設計仕様に対応するのに、とても苦労しました。また、設計から製作まですべて自社で行うため、仕事を通じてモノづくりの楽しさと難しさを味わえます。2年目で初めて、取引先の製造ラインの設計製作を一から任されました。実際に装置を動かしてみると、図面では見えてこない問題点もあります。失敗もありましたが、上司の力を借りて問題を解決し、最終的にいいものができ、完成後は、成長したと同時に達成感を感じることができました。

  • 好きな言葉

    素直な心

    成長する上で、素直な心はとても重要です。学生時代も先生や講師、先輩などの助言を受けることは多々あると思いますが、素直でなければ、自身の成長を妨げてしまい、成長できる機会を逃してしまうことになります。常に謙虚に、耳を傾ける心が、成長できる第一歩です。当社の人たちは、ちゃんと面倒をみてくださる方ばかりで、初めて一人で手がけた案件も、上司の力を借り完成させることができました。今後も素直さを忘れずに、概念にとらわれない社員になろうと思います。

  • メッセージ&アドバイス

    自分の家庭を持つこと

    今年の4月に結婚し、12月には子どもが生まれました。私自身は入社して3年目で、まだまだ未熟ですが、守るものができました。守るものができると、仕事に対する意識も変わります。未だに親に支えられているという感じはありますが、自分の子ができると、今度は自分が支える番なんだと気持ちになります。家で帰りを待ってくれる人がいるというのは、とても幸せです。仕事の疲れも、家に帰ると忘れさせてくれます。家庭を持つことはいいことだなと、結婚を通じて感じました。

仕事の特徴

  • プロジェクトの立ち上げに関われる仕事
  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • モノつくりをする仕事