三星工業株式会社(ミツボシコウギヨウ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

三星工業株式会社

【機械】

先輩社員からのメッセージ

小川 竜太郎(2013年入社)

機械システム事業部 設計課 機械設計係  

職種 機械・電機・電子機器設計
出身校 日本大学
出身学部 理工学部
専攻分野 機械系

インタビュー

設計から営業まで幅広い業務内容が魅力

  • お客様から依頼のあった機械の設計がメインとなりますが、そのほかにも図面支給の案件、見積案件など、設計以外の仕事もたくさんあります。最初の頃は上司を手伝って一部を設計するだけでしたが、3年目を迎えてようやく一から機械全体を設計できるようになりました。現在手がけているのは、ベースとなる機械の改良の案件で、仕様に合わせて設計していきます。また、設計と同時に営業活動も行っています。多種多様な業種の人と関わることができるので、私自身の見聞も入社時に比べて広くなったと感じます。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    常に変化する仕事内容に感じた魅力

    私は大学で機械を専攻しており、その知識をできるだけ活かせるようにと、設計職を募集している企業を中心に就職先を探しました。固定の商品を持っているだけではなく、三星工業は受注機械も製作していたので、毎回お客様も受注内容も違う。設計でも毎回、新しいことができると聞いて、おもしろそうだと思い、ここに的を絞りました。千葉の大学だったので東京での就職も考えられたのですが、地元での就職を希望していたので、この2つの条件はとても魅力的でした。

  • 仕事のやりがいは・・・

    すべてが報われるお客様からの一言

    自分の設計したものが形になって、きちんと動いたときは、ホッとすると同時に大きな達成感があります。私が担当する専用機械の設計は、一つの案件で平均3カ月ほど携わることになります。その間、すべてがスムーズに進むわけではなく、予想していなかったことも起こります。その対応に日々奔走するわけですが、無事出荷できるようになったときに、お客様から「ありがとう、またよろしく」と言われると、この仕事をやってよかったな、またがんばろうという気持ちになります。それが一番のやりがいです。

  • 私のモットー

    頼まれたことは、まずやってみる

    私が仕事で心がけていることは、フッワークを軽くということ。現場から呼ばれたり上司から仕事の手伝いを頼まれたりすることがありますが、「私のできる範囲」だと思われているからこそだと思うので、まずやってみようと思っています。頼まれた段階で「できません」と言ってしまうのは簡単です。しかし、頼まれるということは、信頼を得るチャンスですし、動くことで何か得るものがあると私は考えています。また、一回指摘されてことは、もう一度指摘されないようにするということも、気をつけています。

  • 思い出に残る仕事

    忘れられない初めての設計案件

    今でも忘れられないのは、設計に配属されて初めて携わった仕事です。バネを使ってストッパーを外すと自動で持ち上がる安全カバーの設計でしたが、完成してお客様のところで試しにストッパーを外すとまったく持ち上がらなかったのです。会社に持ち帰って上司らと図面を見直し、なんとか解決したのですが、本来の予定から3週間ほどオーバーして納品になりました。この案件を通して、多くの人たちから支えられていることを実感。この気持ちを忘れないように、日々精進を重ねようと思っています。

  • オフタイムの過ごし方

    メリハリをきちんと付けて気分転換

    私の場合、どちらかというと机の前に座ったままのことが多い仕事です。なので、休日などはできるだけ外に出かけたり、趣味に勤しんだりしています。最近始めたのがロードバイクでのツーリングです。まだ始めたばかりで、家の近くの河川敷をぐるりと周ってくるくらいですが、ゆくゆくは遠出もしてみたいですね。自転車でいろんなところに出かけるのは、車とはまた違ったおもしろさがあります。雨の日などは、読書などでゆっくり過ごすようにしていて、ONとOFFをはっきり分け、メリハリをつけるようにしています。

仕事の特徴

  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • IT知識を生かせる仕事
  • お客様と長くお付き合いしていく仕事
  • お客様の喜びを直に感じられる仕事