南条装備工業株式会社

南条装備工業株式会社(ナンジョウソウビコウギョウ)の新卒採用・企業情報

正社員

南条装備工業株式会社

【自動車|輸送用機器|精密機器】

■圧倒的な技術力とデザイン提案で、夢あるモノづくりを実現する

マツダ社のトップパートナーとして、乗る人の生活を豊かにするために、カーインテリアの開発、設計、製造を行っています。
自動車の世界でもクリエイティビティへの意識が高まっている中で、ユーザーに驚きと感動を与えるのが当社のミッション。
モノづくりのプロフェッショナル集団として、新しい価値とアイディアを創出し、ワクワクするような夢を描きます。

私たちの魅力

事業内容
「人」「設備」「方法」「材料」の4つの「M」の向上を目指したモノづくりを行っています。

◆自動車内装部品(カーインテリア)の開発、生産、販売
ドアトリム、シートトリム(縫製品)、モジュールキャリア製品の開発、設計、製造
■生産品目はドアトリム(売上高比率65%)、シートトリム(売上高比率30%)、またその他スイッチパネル等の樹脂部品(売上高比率5%)。これらの製造を開発段階から手掛ける、内装部品専門メーカーです。
■主要取引先はマツダ株式会社様で、現在も多くの車種で当社の部品が採用されています。自動車製造の海外移管に伴って当社も国外に拠点を設けており、現在は中国に2カ所、またフィリピンとメキシコに合弁による関連会社を設置し、需要への即応体制を築いています。また近年では品質と価格を武器に営業展開にも積極的に取り組み、顧客も拡大しつつあります。
■当社の新しい技術「フィルムインサート成形」は、樹脂に金属光沢や木目の肌触りなど、全く新しい触感と見た目の斬新な美しさを与える事が可能な技術。これをより広い分野で活用できないかと、現在は異業種への商品展開も重要な開発テーマとなっています。5年・10年後の当社は、もしかすると自動車関連とは全く異なる領域で、大きな足跡を残しているかも知れません!

私たちの仕事

■夢とアイディアに溢れた「モノづくり」を行う

「他と同じモノを作ることが、果たして面白いのだろうか」、これが当社のモノづくりに対しての共通認識です。
南条装備工業には「夢あるモノづくり」を実現するためにの技術と設備があります。あとは、あなたのアイディア次第。

「面白そう」のためなら、部署の垣根を超え、必ずやり遂げられる。
「攻めのモノづくり」で新しい価値を発信していきましょう!

はたらく環境

組織の特徴
社員全員が生き生きと働ける職場環境へ。改革は始まっています

100年以上の歴史を誇る当社ですが、これからの100年も成長を続けるために、最も大事なのは「人」。当社の成長戦略では「2020年までに売上500億円」を掲げていますが、真に重要なのは、そうした数字上の“結果”だけではなく“プロセス”―つまり「社員全員が生き生き働き、一流の人材になれる職場環境に、どれだけ近づけたか」だと考えています。社員全員が高いモチベーションと、仕事への誇りをより大きく実感できる環境づくりを行っていけば、社業も自ずと付いてくるはず。フレックスタイム制や男性の育児休暇制度の導入、家賃補助制度の拡充など、社員の働きやすさの追求に強くこだわりを持ち働き方改革に取り組んでいます。

企業概要

創業/設立 設立1965年2月
本社所在地 〒732-0806 広島市南区西荒神町1-8 テリハ広島5F
代表者 代表取締役社長 山口 雄司
資本金 1億円
売上高 334億円(2018年度見込み)
従業員数 1,260名 (2018年12月現在) 
主要取引先 マツダ株式会社、株式会社東洋シート、トヨタ紡織株式会社
事業所 <国内拠点> 
本社:広島県広島市南区西荒神町1-8 
八千代工場:広島県安芸高田市八千代町佐々井1919 
八千代第二工場:広島県安芸高田市八千代町佐々井五郎丸161 
技術本部・デザイン本部:広島県安芸高田市八千代町佐々井1919 
防府工場:山口県防府市大字浜方608-11 
山口工場:山口県山口市大字上小鯖2401 

<海外生産拠点> 
広州南条全興汽車零部件有限公司:中国 
南京南条全興汽車内飾系統有限公司:中国 
Toyo Seat Philippines Corporation:フィリピン 
MIDORI NANJO AUTO INTERIOR S.A de C.V:メキシコ

採用連絡先

南条装備工業(株)
〒732-0806
広島県広島市南区西荒神町1-8 テリハ広島5F
TEL■0120-250-087(学生専用フリーコール)
受付■平日9:00~18:00(担当:岸田)
URL■http://www.nanjo.co.jp/