空港情報通信株式会社

空港情報通信株式会社(クウコウジヨウホウツウシン)の新卒採用・企業情報

正社員

空港情報通信株式会社

【情報サービス|ソフトウエア|インターネットサービス】

成田国際空港の「ITトータルパートナー」

  • 地域に密着した事業展開

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
ITプロフェッショナルとして全てのお客様をサポート

・成田国際空港内の情報通信システムに関わる管理・運用・保守
・ICT、通信などの技術を活かしたソリューションの提案、開発、構築、保守業務等

企業理念
企業理念

私達は、ITを駆使した最適なソリューションを提供することで、成田国際空港の発展と安全に貢献し、空港情報通信の世界ブランドを目指します。

私たちの仕事

空港情報通信(株)(AICS)は、成田国際空港(株)(NAA)の100%出資会社であり、成田国際空港を中心に情報通信事業を展開しています。

 我々AICSが手がける総合情報通信ネットワークは、日本の表玄関である成田国際空港における航空機の安全運航を24時間365日支えており、その為的確で間違いのない最高レベルのコミュニケーションの実現が常に求められています。こうした使命に応えるべく、当社では業務改善、効率化の推進、人材育成の強化や職場環境の充実化に継続的且つ積極的に取り組んでおります。そのうえで、当社はこれらを通じて培い蓄積した技術やノウハウを、ソフトウェア開発、システムインテグレイト業務等に活かすことにより、ICTソリューション事業を幅広く展開しております。

 また、当社は情報セキュリティマネジメントシステムの「ISO27001」といった国際標準規格の取得や、テクニカルサポート体制の充実といった取り組みを通じて顧客満足度を高めています。

 当社のような技術集団の企業にとって、「人は最大の財産」です。
 AICSは、ICTを駆使した最適なソリューションを提供することで成田国際空港の発展と安全に貢献するため、これからもこの財産を大きく育て、進化し続けます。

はたらく環境

組織の特徴
空港のビジネス大動脈を支える。成田国際空港の「ITトータルパートナー」。

成田国際空港内に構築されている通信インフラの監視、工事、点検等の総合保守を一括して行っており、NAAグループ各社に対しても、信頼性の高いネットワーク環境や情報セキュリティシステムの提供を行っております。
 また、成田国際空港を利用される方々に対して、航空機の運航情報提供や航空機の安全な離着陸を援助するため設置されている各施設の保守業務も行っており、全ての「人」や「モノ」が成田国際空港を安全に行き交うことが出来る場所にするため、従業員一人一人が「ITエキスパート」として日々業務に取り組んでおります。
 入社後には、研修制度に基づきビジネスマナーから成田国際空港の沿革、業務に必要な専門的な知識を学び習得することで、成田国際空港の「ITエキスパート」を目指していきます。

企業概要

創業/設立 1989(平成元)年3月1日
空港情報通信株式会社
本社所在地 千葉県成田市古込字古込1-1 情報通信センタービル
代表者 代表取締役社長 小澤 喜宏
資本金 1億5000万円
売上高 49億4312万円
(2018年3月期)
従業員数 207名 (2018年12月現在) 正社員、契約社員、嘱託社員、出向(受入)
主要取引先 成田国際空港株式会社、国土交通省、財務省、厚生労働省、千葉県内空港近隣自治体、免税売店各社
事業所 本社所在地(成田国際空港内情報通信センタービル)

採用連絡先

空港情報通信株式会社 総務部総務課 採用担当 TEL 0476-34-8201
(受付:月~金 9時00分~17時40分)