株式会社ダイアナ

株式会社ダイアナ(ダイアナ)のキャリタス限定情報

正社員

株式会社ダイアナ

【一般(その他)サービス】

営業職・販売職インタビュー
WorkScene
ダイアナで活躍する先輩たち

営業職 ─本社勤務─

お客様の人生を大きく変えるストーリーを提供する仕事に喜びと誇りを感じています。
メンタル面を支えて、モチベーションの向上へ

営業部に所属していますが、モノを売っているわけではありません。私たちフィールドカウンセラーの仕事は、サロンを経営する方々へ本部の方針や商品の情報をお伝えし、モチベーションを上げられるようにメンタル面をサポートすることです。経営者の方々は単なるフランチャイジーではなく、ダイアナ商品を愛用して、その素晴らしさを実感しているお客様。たとえば、ダイアナのプロポーションづくりで痩せて、着られなかった服が似合うようになって、行けなかったところに足を運んで、それが縁で伴侶を得たという、人生が大きく変わるような体験をしている方々です。ダイアナが提供しているのはモノではなく、お客様がなりたい自分になるためのストーリー。それがこの仕事の価値であり、私たちの誇りなのです。

後輩たちにとって、憧れの先輩でありたい

この仕事は、お客様だけでなく、自分の人生とともに歩み進んでいくのだと実感しています。私自身も、ダイアナで働きながら結婚と出産を経てきました。結婚式に向けて美しさに磨きをかけ、補整下着のおかげでウエディングドレスをきれいに着こなし、出産後に早くプロポーションを戻すことができました。年齢とともに注意すべきことも変わっていきますから、お客様と課題を共有できます。お客様がいつまでも美しく、健康でいたいと願う限り、私たちはずっと寄り添い、支えていくのです。私はこれからも仕事と育児を両立しながら、スキルをレベルアップしてサロンの経営に貢献していきたいと考えています。私は入社したときに、自立した女性像を見せてくれた先輩に憧れを抱きました。今度は私が後輩たちにとって、憧れの先輩になれるように努力したいと思っています。

イメージ
Voice
2018年入社営業本部営業部第3ブロック

営業の仕事と並行して、サロンを活性化するため、さまざまなイベントを行っています。先日、20代から30代のサロンの会員の方々を集めて交流を図るイベントがあり、全体の統括や司会を担当しました。当日はホテルで楽しむようなスイーツビュッフェをはじめ、若い女性が好むかわいいものを提供して大好評を得ました。自分が企画したイベントで多くの会員の皆様が喜んでくださり、また開催してくださいと言われたときのうれしさは忘れられません。そこで学んだのは、自分自身が感動できなければ、人に感動を伝えられないことです。まず自分が理想とする美と健康を実現して、その体験から得た感動を仕事に生かしたいと思います。

販売職 ─Supreme.La.La.勤務─

お客様のことを理解して信頼関係をつくることでブランドの価値を高めたい。
幅広い世代のお客様に愛されている喜び

私がダイアナに入社したいと思ったのは、シュープリーム ララの服が好きだったから。ファンのひとりとして、お客様にデザインや品質など商品の良さを説明するのは楽しく、やりがいがあります。入社後はルミネエスト新宿店に勤務していましたが、2017年8月の表参道店オープンと同時に異動し、店長に着任しました。ララのコンセプトは、かわいいものが好きな大人の女性向けSWEETブランド。メインターゲットは、20代半ばから30代前半のお客様ですが、ここ表参道店は住宅地に隣接しているため、近所にお住まいの60代のお客様も来店されます。年齢とともに体型も変わるので、最初はコーディネートのご提案に苦労しました。顔を見に立ち寄ってくださる方もいらして、お客様との距離が近いのは表参道店ならではの特徴です。

SNSを活用して、ブランドの認知度アップへ

お客様が、何を求めているのかを理解した上で、服をお勧めするようにしています。いつ、どこに着て行くのかを確認して、最適なご提案をすることが大切です。その積み重ねがファンをつくり、ブランドの価値を高めます。表参道店は、駅ビルや百貨店の中にある店舗とは違って、お店の前を大勢の買い物客が通るわけではありません。そこで、集客のために自分がモデルになってコーディネートした写真をインスタやブログに上げています。ララを知らなかった方が、インスタを見てお店に来ていただけると、うれしいですね。ネットの販売もしていますが、店舗を通じてお客様に接することを大事にしたいと思っています。もっと店舗を増やして、大勢のお客様にララの服を手に取ってもらうことが夢です。

イメージ
Voice
2016年入社SUペレ目.La.La.事業部店舗マネージャー

都内にある3つの店舗を統括して、販促や集客の企画を立てることと、販売スタッフを育成するのが私の主な仕事です。店舗の立地によって来店されるお客様のタイプが違うので、ディスプレイやノベルティを工夫しています。表参道店の場合は初の路面店なので、近隣へのポスティングやチラシ配りなど、他店とは異なる独自の取り組みにより、新しいお客様を開拓することができました。これから挑戦したいのは、Supreme.La.La.の姉妹ブランドを立ち上げることです。若年層に向けたカジュアル寄りのラインと、少し上の年齢層が通勤やパーティーに着るラインを加えて、より幅広い年代の人たちに愛されるブランドとして大きく育てたいと考えています。