日本テクノシステム株式会社

日本テクノシステム株式会社(ニホンテクノシステム)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

日本テクノシステム株式会社

【ソフトウエア|調査・研究・シンクタンク|情報処理】

先輩社員インタビュー

I・K(2014年入社)

第2システム事業部 システム3部  

職種 システムエンジニア
出身校 東京理科大学
出身学部 理学部
専攻分野 理学系

インタビュー

某都市銀行のシステム開発・保守。銀行内の業務効率化に取り組んでいます!

  • 私の仕事内容は銀行が税務署に報告すべき取引状況等を、システムを使って提出できるように開発をしています。簡単にいえば、業務の効率化に取り組んでいることになります。法律に適用するよう項目を増やしたり、税務署に提出する書類の雛形にあわせて、今まで社内で使っていたデータから自動で書式を整え書類を作成できるように、カスタマイズしています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    興味のあった「システム」と「金融分野」に携わりたい

    大学の専門は数学でした。数学の中でも金融に応用されるような理論を学んでいたので、この分野に興味がありました。また、選択授業や独学でプログラミングについても学んでいたため、就職活動をするにあたって、システムに携われる仕事がしたいと考えていました。そこで、金融関係のシステムを中心に事業を展開していたこと、それから単に設計図通りシステムを組んでいくというよりは、求めるゴールに対して「どのようにすれば達成できるか?」と自分で考えながらシステム開発に携われる当社に魅力に感じたためです。

  • 仕事のやりがいは・・・

    開発のプロセス自体が大きなやりがい

    先輩と相談しながら自分自身でも試行錯誤して作り上げたシステムが完成した時、達成感があります。開発プロセス自体が大きなやりがいです。また、出来上がったシステムは、建物などのように分かりやすく目にみえる形で確認することはできませんが、自分が携わったシステムが設計した通りに、きちんと稼働することによって、銀行内で必要となる大切な資料が自動で作成されることになります。このような資料を見た時に、行内での業務の効率化が実証されていることが感じられ、嬉しさが込み上げてきます。

  • こんなときに成長を実感!

    入社以来培った経験が、今まさに活かされている!

    現在進行中のプロジェクトは、銀行内にある様々なシステムの運用方法や、行内での業務フローをきちんと理解していないと取り組むことができません。私は入社以来、このプロジェクトに一貫して携わっていたこともあり、今回の仕事で必要となる知識について、これまでの経験からある程度把握できていました。そのため、同じチームの先輩から「自分たちが扱っているシステムと銀行内で使われる他のシステムがどのように連動しているか」、「銀行の方々は日々どのようにシステムを利用しているのか」といった業務フローについて尋ねられることがあります。自分にも周りから頼られる知識や経験が身に付いていたのだと、今まさに自分の成長を実感でき、仕事の励みになっています。

  • 今後の目標・将来の夢

    技術力をつけ、効率よくシステムを作れるようになりたい

    最初に取り組んだプロジェクトでは金融システムの業務フローをみることができたので、今度はOSやプログラミング言語などの技術面でも知識や経験を増やしていきたいと思っています。業務中、もっと効率的に開発することができるのでは?と自分で感じることがあり、実際に先輩からもそのような指摘を受けることもあります。知識がないために遠回りすることのないよう経験を積み、自分自身でも努力をしながら、さらに効率を上げて求められるシステムを作れるようになりたいと思っています。

仕事の特徴

  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • 文章力を磨ける仕事
  • モノつくりをする仕事