日本テクノシステム株式会社

日本テクノシステム株式会社(ニホンテクノシステム)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

日本テクノシステム株式会社

【ソフトウエア|調査・研究・シンクタンク|情報処理】

先輩社員インタビュー

T.H.(2007年入社)

第二システム事業部 システム二部  主査

職種 システムエンジニア
出身校 茨城大学
出身学部 大学院 理工学研究科数理科学専攻
専攻分野 理学系

インタビュー

お客様の要望に沿ってゼロから設計し開発していくところが仕事の醍醐味。

  • 当社は、商品取引業向け、銀行業向け、証券業向け、保険業向けなど、金融業界に特化したシステム開発を行っていますが、私は入社以来一貫して証券システムに携わっています。このシステム開発は、私が入社する前から開発がスタートしており、着手してから10年以上経過している大規模なものです。私の業務範囲は要件定義から保守運用まで多岐に亘っていますが、現在は保守・運用をメインに行っています。システム開発の醍醐味は、お客様の要望に沿ってゼロから設計し開発していくところです。いわばモノづくりと同じです。また、証券に関する知識が深まっていくこともやりがいの一つです。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    金融業界のシステムに特化している当社なら、数学の知識が活かせると思いました。

    私は大学、大学院で純粋に数学を学んでいました。周りは公務員や教員を目指す人多い中、私は少しでも数学の知識や考え方を活かしたいとの思いで活動していました。20社ほど回ったでしょうか。数多く受けすぎて、志望動機が薄くなってしまい面接では苦労しましたが、何とか当社に出会うことができました。当社に入社した決め手は、金融分野のシステム開発に特化しているため、数学の知識が活かせると思ったことです。実際に入社後は学生時代に築き上げた数学の知識や考え方は仕事上非常に役立っているので、私の判断は正しかったと思っています。

  • 当社のいいところ

    金融業界のシステム開発において長年培ってきた実績が大きな武器です。

    当社のいいところは自由にやらせてもらえるところです。もちろん責任は伴いますが、任せてもらっているという意識が若い時から芽生えるので、成長するスピードは速いと思います。私が所属している第二システム事業部は、受託開発をメインに行っていますが、受託業務はお客様との信頼関係が最も重要です。しかし当社は、金融業界のシステム開発において長年培ってきた実績とノウハウがあるため、お客様からの信頼も厚く、開発現場においてもリーダーシップを発揮することができます。このような恵まれた環境があるからこそ、金融SEとしてのプロフェッショナルに近づいて行けるのだと思っています。

  • 仕事のやりがいは・・・

    開発そのものが大きなやりがいです。

    開発そのものが大きなやりがいです。現在携わっている開発は、ホストコンピュータをオープン系に替えるというものなので、それなりに時間がかかります。開発工程は3フェーズですが、1フェーズのサイクルは3~4年なので、開発が終わるまで10数年を要します。このような大規模な開発の場合、要件定義だけでも相当時間がかかりますが、納期は待ってくれません。常に納期を頭に入れ、それに向かって突き進んでいくすべての工程が仕事のやりがいです。

  • こんなときに成長を実感!

    順を追って成長していきました。

    大学ではひたすら数学を勉強していたため、PCに関する知識がないまま入社しましたが、順を追って成長してきた実感があります。入社後の研修を経てPCの基礎が身につき、開発業務に携わりながら証券の知識が深まっていきました。そしてお客様との会話を繰り返すことで説明する力が養われていきました。また私の場合入社早々、本来ならキャリアのある人がやるべき仕事を任されたように思いますが、周りのアドバイスがよかったのか、いい出来だと言ってもらい、大きな自信につながりました。当社は文系、理系問わず成長していける会社なので、恐れることなく飛び込んできてほしいですね。

  • 学生時代に打ち込んだこと

    合気道を通じ、社会人にとって大切な事を学びました。

    大学に入学するまではスポーツをしてこなかったので、何か武道をやろうと思い、大学では合気道に打ち込みました。合気道を選んだ理由は、体が大きくなかったことと、大学からのスタートなので柔道や剣道など、勝敗を決めるものは難しいと思ったからです。大学で稽古しながら地域の道場にも通いましたが、大人に囲まれることで、言葉遣いや礼儀作法など社会人にとって大切なことを学びました。飲みの席でも大いに学びましたね(笑)。今は仕事が忙しく合気道はご無沙汰ですが、時間に余裕ができたらやりたいですね。

仕事の特徴

  • 技術を身につけて活躍できる仕事
  • IT知識を生かせる仕事