野村信託銀行株式会社

野村信託銀行株式会社(ノムラシンタクギンコウ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

野村信託銀行株式会社

【信託銀行】

先輩情報2

林 久美(2015年入社)

リテールビジネス事業部   

職種 調査・マーケティング
   
出身学部 法学部
専攻分野 法・政治学系

インタビュー

一緒に成長しましょう!

  • 入社後、相続関連業務を担う資産承継サービス部にて、遺言信託等のお客様対応に約3年間従事しておりました。大学で法律は勉強していたものの、相続ビジネスは奥が深く覚えることも多く、お客様への資料作成、説明口調、スピードまで相続のプロの諸先輩から指導されました。そのおかげで相続セミナーの講師を務めたり、お客様から相続のプロと認識して頂けるまでに成長することができました。現在リテールビジネス部に所属し、主にウェブ関連のマーケティング・企画に従事しております。今度はインターネットバンキングでお客様へアプローチをするマーケティング知識の獲得、企画立案に邁進しております。様々な専門性をもった諸先輩に囲まれ新しい経験、知識を獲得する機会が当社にはあります。皆さんも一緒に様々な経験を通して成長しませんか?

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    先輩社員の対応の丁寧さ

    就職活動時の私の企業選びの軸は、長く働くことが出来る企業か、成長できる企業か、の2点でした。メーカーから金融機関まで幅広く企業研究していく中で、当社を知りました。会社説明会に参加してみると、会える先輩社員が多く、質疑応答のひとり当たりの時間が長いことにまず驚きました。質問にも丁寧に答えてくれ、私が理解するよう努めてくれている、私自身を見てくれていると感じ、入社後も安心して長く働くことが出来ると考えました。また、当社の富裕層中心の営業スタイルにも魅力を感じました。富裕層のお客様と接することで、自身の人間力を上げることが出来ると考えたためです。新しい部署に異動し、わからないこともまだ多くありますが、頼れる上司、先輩に囲まれ、環境に恵まれていると感じています。

  • 仕事のやりがいは・・・

    新部署に配属になり2ヶ月、専門用語の壁を越え…

    2018年の8月にリテールビジネス事業部に着任いたしました。着任した当初は、飛び交うマーケティングの専門用語を理解することが出来ず、会話することすら難しかったのですが、そこからマーケティングの知識を自己学習し、専門用語を理解し会話することが出来るようになりました。8月から検討していた企画も、学習したマーケティング知識を活用し、考えた仮説をもとに、アレンジを加えました。その結果、過去の実績の2倍以上の反響を確認しました。まだまだ成長過程ではありますが、自身の成長を実感することが出来ました。

  • 学生時代に打ち込んだこと

    学生法律相談室サークルの活動

    法学部に所属していた私は学生法律相談室サークルに所属していました。OB・OGの弁護士の指導の下、一般の方から法律相談を受け、法的アドバイスを回答する活動です。この活動を通して、もちろん法知識も身につきましたが、なによりも自身で身に付けた知識を活用して、お困りの方に解決策をご提示できることにやりがいを感じました。入社後も資産承継サービス部では身に付けた知識を活用して解決策を提供しました。異動後のリテールビジネス事業部においても、いち早く知識を身に付けるべく邁進しております。

  • 思い出に残る仕事

    ご相続財産の一部を寄付し、故人とご相続人の想いを実現した案件

    私が2年目社員として、資産承継サービス部に所属していた際に担当した案件です。ご相続人が遠方にお住まいで、また、ご高齢であることから遺産整理業務を承りました。お客様にどのように遺産をお分けになるか聞いたところ、財産の一部をとある団体に寄付したいとのご意向でした。寄付を行う上で、税務や寄付金原資の確保等の課題がありました。当時、わからないことだらけでしたが、上司や先輩に助けられ、税理士、寄付先団体との打ち合わせを経て、寄付を実行しました。お手続き完了後、ご相続人と寄付先団体の代表とのご面談の席で、ご相続人のほっとされた表情を見て、この仕事をしていてよかったと感じました。

  • メッセージ&アドバイス

    笑顔と元気で頑張ってください

    たくさんの企業を見てください。そして、自分のやりたいことは何か、何のために仕事をするのかを考え、ご自身の企業活動の軸を持ってください。その軸と合致する企業があれば、きっと皆さんが社会人になってからも安心して働くことができます。皆さんが、自分が活躍することが出来る場所と出会えるよう応援しています。大変とは思いますが、笑顔と元気で頑張ってください。

仕事の特徴

  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • 周りの人をサポートする仕事
  • 人を育てる仕事
  • 暮らしに豊かさを提供する仕事