野村信託銀行株式会社

野村信託銀行株式会社(ノムラシンタクギンコウ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

野村信託銀行株式会社

【信託銀行】

先輩社員

堀内 恵利子(2012年入社)

商品サービス開発部 事業開発課  課長代理

職種 法人向け営業(得意先が中心)
   
出身学部 学芸学部 英文学科
専攻分野 語学系

インタビュー

“信託”という器を介した投資商品の組成

  • 私の仕事は、証券会社等が法人(主に金融法人)向けの投資商品を組成する際に“信託”という投資の器としての機能を提供し、投資商品組成の一役を担うことです。当社では信託ビジネスのフロント部署にあたります。
    ただ、これだけ聞いてもピンとくる人は少ないかと思いますので、もう少し具体的にお話すると、たとえばA銀行にはローン残高の積み増しと同時に運用利回りを追求したいというニーズがあるとします。一方でB証券会社には引受けた有価証券の買い手を見つけたいというニーズがあったとします。このAとB両者のニーズをつなぐ役割として私たち信託銀行が入ります。すなわち、Aのローンの借り手として信託銀行が入り、Aから借り入れた資金を元手にBから有価証券を買い付けます。その有価証券のキャッシュフロー(利息の支払い等)を組み替え、Aが求める利回りの水準に近づけ、Aにローン利息として支払います。これによりAとBのニーズが信託銀行を介することで満たされるわけです。これを信託ABL(Asset Backed Loan)といい、私たちは“信託”という器を介して当事者をつなぐ橋渡し役を務めており、これが現在私がメインで担当している仕事です。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    「海辺の砂のような人材であれ。」

    大学時代、私は語学を専攻しており、社会人になったら語学をツールに新たな専門分野として金融経済、とりわけ“信託”について学び、その道のプロフェッショナルになりたいと考えていました。就職活動を進め、様々な会社と出会う中で強く印象に残ったのが、当時の当社の採用メッセージの中にあった「海辺の砂のような人材であれ。」というフレーズでした。この言葉の意味するところは、他行に比較して若い会社である当社には、「若手の仕事」「ベテランの仕事」といった既成概念はなく、柔軟に幅広い知識や経験を若手のうちからどんどん吸収していってほしいというメッセージでした。これを受け、この会社でならゼロからのスタートの私でも信託のプロとして若手のうちから成長していけるフィールドがあるのではないかと思えたことが当社への入社を決めた一番の理由です。

  • 仕事のやりがいは・・・

    お客様からのありがとう

    やはりこれに尽きます。現在私が担当しているのはB to Bビジネスであり、相対するのは金融法人が中心です。案件によっては構想段階から実際に商品として組成されるまで半年~1年以上かかるものもあります。その間、何度もお客様と打合せや交渉を重ね、最後にカタチとなった日には大きな達成感や充実感を得られるのはもちろんですが、お客様から「木野さんと仕事ができてよかった」や「ありがとう、次もよろしく」といった感謝の言葉をいただけることが何よりのモチベーションであり、この仕事の一番のやりがいだと感じています。

  • メッセージ&アドバイス

    “今”という時間を大切に

    インストラクターやメンターとして新入社員を育成する際にもよく話すのですが、後にも先にも“新入社員”でいられるのは社会人の最初の1年間だけです。この1年間はおそらく社会人生活の中でも最も大きな伸びしろがある時期だと思います。皆平等に1年間と与えられた時間の中で、大いに学び、挑戦し、ときに失敗しながら様々な壁を乗り越えていってほしいと思っています。そのためには、“今”という限られた時間を大切にし、その時間をどのように使うかが重要になってきます。
    学生時代も然りです。社会人にならないと経験できないことがある一方で、学生だからこそできること、過ごせる時間もあります。今就職活動をしている皆さんには、学生時代を存分に謳歌した上で、新社会人としての新たなスタートをきってほしいと思います。

仕事の特徴

  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • 語学力を生かせる仕事
  • 文章力を磨ける仕事
  • 人脈が広がる仕事