野村信託銀行株式会社

野村信託銀行株式会社(ノムラシンタクギンコウ)のキャリタス限定情報

正社員

野村信託銀行株式会社

【信託銀行】

野村信託銀行を知る 6つのキーワード 挑戦し続ける若さあふれる少数精鋭集団。

野村信託銀行は、信託銀行として他行と同様なビジネスを展開すると同時に、
野村グループの信託銀行として独自性の高いビジネスを展開しています。
このコーナーでは野村信託銀行がどのような会社なのかを象徴する6つのキーワードを紹介します。

誰かの後は追わない

一歩一歩確実な成長を遂げる発展途上の新しい銀行として。

野村信託銀行は、1993年に野村グループの信託銀行として設立された現在も発展途上にある新しい銀行です。設立以来、信託銀行としての専門性を追求するとともに、野村グループが培ってきた金融資本市場における長年の知識と経験の融合による付加価値の高いソリューション提供能力の強化に努めてきました。金融資本市場はダイナミックかつ急速に変化しています。野村信託銀行では、お客様の信頼やニーズに応えることを第一に考えながら、若い会社らしい新しい発想と迅速な行動で商品の開発やサービスの向上に取組み続けています。

野村信託銀行のあゆみ

1993年8月
「野村信託銀行株式会社」設立。(資本金:300億円)
1994年8月
投資信託の信託財産との通貨スワップ、日本初の取引。
1995年8月
日本初のカード売掛金債権流動化取扱。
1995年9月
日本国内初の財務代理人に。
1996年7月
日本初の不動産敷金返還請求権流動化取扱。
2002年6月
資産の流動化における特定目的会社の特定特分の信託を初受託。
2005年3月
野村證券を信託契約代理店として業務取扱開始。
2006年2月
「もちロン®」(従業員持株会提携ローン)の営業取扱開始。
2006年9月
野村證券を銀行代理店として業務取扱開始。バンキングサービス(インターネットバンキング)開始。
2008年7月
「野村Webローン」のサービス開始。
2015年4月
野村證券を代理店として相続関連サービスの取扱開始
2018年1月
野村證券を代理店として「ラップ信託」(遺言代用信託)の営業取扱開始

青文字:当社調べ

CLOSE
看板の無い銀行

野村グループの強固なネットワークに、高度なソリューションで応え続ける。

信託銀行は、その性格上、メガバンクなどと比較すると店舗数は多くありません。でも街を歩いていて○○信託銀行という看板を目にする人は多いはずです。それに対して、野村信託銀行は東京大手町の本店以外に独自の店舗もATMも無い銀行です。「野村信託銀行」の看板を見たことがある方はほとんどいないはずです。しかし、野村信託銀行は日本全国のお客様とお取引をいただいています。その秘密は野村グループとの緊密な連携でビジネスを提供しているという点にあります。つまり、全国主要都市にくまなく展開する野村證券を野村信託銀行の代理店としてサービスを提供しているのです。現在、野村信託銀行の商品・サービスを取扱う野村證券の部店数は、銀行代理業が182、信託代理業が205にのぼります。個人・法人を問わず、野村信託銀行とお取引をいただくお客様は既に野村グループでお取引のあるお客様である場合が多く、グループのネットワークが、独自の高い専門性を駆使したサービスの提供を可能としているのです。

CLOSE
野村グループの信託銀行として

野村グループの中核企業として、信託・バンキング機能を担うとともにグループ全体のサービス品質の向上と新規商品提供に貢献する。

当社は1993年設立以来、野村グループの信託銀行として、専門性を追求するとともに、野村グループが培ってきた金融資本市場における長年の知識と経験の融合による付加価値の高いソリューションの提供に努めてきました。

業務内容
野村グループ各社と連携し、資産流動化商品の開発及び販売、投資信託の受託業務、富裕層に対するローンビジネス、インターネットバンキング業務等を行っています。また、2015年4月からは相続関連サービス、2018年1月からは「ラップ信託」(遺言代用信託)の営業取扱を開始しました。
CLOSE
信頼の証

投資信託や有価証券信託を中心として、オリジナリティの高いビジネス・ポジションを誇る。

野村信託銀行は、国内の他の大手信託銀行と比較した場合、役職員数では規模の小さな銀行です。しかしながら、多様化・複雑化しているお客様の運用ニーズにお応えし、資産の流動化案件・信託受託残高を着実に伸ばしています。また投資信託の受託業務では受託残高が17兆円を超え、「アジアに立脚したグローバル金融サービス・グループ」を目指す野村グループの重要な一翼を担っています。

CLOSE
融合の文化

多彩なスキルやバックボーンを有する個性派集団。ひとりひとりの可能性が花開く少数精鋭の組織。

野村信託銀行には、その幅広いビジネス領域と膨大な信託と比して少数の社員しか存在しません。そのひとつの理由として、野村證券を銀行代理店、信託契約代理店として、グループの銀行・信託業務のコアビジネスを担うというポジションの独自性があります。証券会社を母体とした総合金融サービスグループから生まれた企業として、証券・銀行・信託、さらにアセットマネジメントの豊富な経験と高度なノウハウを持った人材がひとつになり、それぞれの文化が融合しあって強いパワーを生み出す企業風土は、「融合の文化」「創造の文化」「進取の文化」に満ちています。若手・ベテランの区別なくさまざまな人材が活躍できる幅広いフィールドと、オープンな社風により、若手社員も自らがそのポジションで中心となって会社を動かしていることが実感できる環境があります。

CLOSE
成長の予感~人材育成制度

若い時から責任をもった仕事ができる環境と充実した成長支援、研修制度でひとりひとりの可能性を拓く。

野村信託銀行では他行では中堅以上しか経験できないような大きな仕事を、皆が若い時から任され成長していきます。若手・ベテランの区別なくさまざまな人材が活躍できる幅広いフィールドと、オープンな社風により、若手社員も自らがそのポジションで中心となって会社を動かしていることが実感できます。

【インストラクター制度】
若手社員の成長支援制度として、入社1年目の新入社員に先輩社員がインストラクターとしてつき、皆さんをしっかりと支えていく、インストラクター制度があります。
インストラクター自身も、野村グループインストラクター研修に定期的に参加し、育成スキルの向上と自らの能力開発に努めています。

【野村グループ研修】
1~3年次社員は継続して野村グループ研修に参加し『野村の社員として高い職業倫理と志を持ち、自ら考え行動し結果を出すことができる人材』になることを目指します。

また皆さんの上司になる、部課長も6ヶ月毎に開催されるマネジメント研修にて、部下の成長支援について学びます。このように職場の全員が新入社員を支援していく風土が当社にはあります。

CLOSE