相模原市役所

相模原市役所(サガミハラシヤクショ)の採用情報・募集要項

正社員 応募受付終了

相模原市役所

【官公庁】

相模原市では近年、とても多くの人を採用しているため、若さがあふれる職場環境です。また、全国から採用試験の応募があり、採用者の出身地もバラエティーに富んでいます。地元の方も、そうでない方も、それぞれの個性、能力が発揮でき、きっと皆さんが活躍できる場所がきっと見つかるはずです。

  • 育児休業・短時間勤務制度の取得実績あり

  • 介護休業・短時間勤務制度の取得実績あり

私たちの採用について

求める人物像
果敢に挑戦する職員

相模原市が活力と魅力に満ちた「選ばれる都市づくり」を推進するためには、地方分権時代にふさわしい、新たな課題に果敢に挑戦する職員が必要となります。そのため、相模原市人材育成基本方針では職員に求められる職員像として次の4つのエッセンスから成る『果敢に挑戦する職員』を掲げています。

『心豊かな。』
「相模原市」を愛し、公務員としての自覚を深めるとともに、自らの人格と教養を高め、心身の健康管理に努め、公平・公正な行動をとり、市民に信頼される人間性豊かな職員。
『考える。』
行政を取り巻く環境の変化に対して、市民と行政との協働の姿勢を認識し、柔軟な思考と創造力を発揮し、対応できる職員。
『実行する。』
行政サービスを一層向上させるため、課題を的確に把握し解決する能力と、それを支えるチャレンジ精神及び果敢な行動力を備え、職務を遂行できる職員。
『改革する。』
行政のプロとしての識見と専門知識、そして広い視野を備え、常にコスト意識や市民感覚を持って、客観的に従来の業務を評価し、見直すことができる職員。
★相模原市人材育成基本方針について詳しくは、
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/shisei/seido/1004376.html

募集する職種

大学卒業程度(社会福祉、土木、建築、設備、電気、消防)
免許資格職(保健師、理学療法士)
※詳細については、受験案内で必ず確認してください。

研修・社内制度

研修制度
各種研修制度が充実

■新採用職員研修
相模原市職員として働いていく上で求められる心構え、相模原市や地方公務員制度に関する基礎知識などの習得を図るとともに、同期採用職員としての連帯感を高めることを目的として採用後4月から実施します。
●各種講義(市政の概要、地方公務員制度、地方自治法、コンプライアンスなど)●接遇研修 ●職場体験研修 他

■階層研修
主任・主査・副主幹への昇任時、管理職への登用時など、それぞれの職位で求められる能力の習得を目指した研修です。
●政策形成 ●政策法務 ●福祉体験 ●キャリアデザイン 他

■職場研修
各職場の業務に応じた専門的知識の習得を図るために実施する研修です。
●契約・会計 ●各種税制度 ●条例規則作成 ●土木・建築施工監理 他

■派遣研修
高度な専門知識の習得や多角的な視点で捉える能力の向上などをめざし、外部組織への職員派遣を行っています。
●自治大学校等外部研修専門機関での研修 ●中央省庁(総務省、厚生労働省など)にて1~2年程度の実務、民間企業での実務研修 他

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法 令和元年度職員採用試験の申込・試験内容
《募集職種》
大学卒業程度(社会福祉、土木、建築、設備、電気、消防)
免許資格職(保健師、理学療法士)
※詳細については、受験案内で必ず確認してください。

《申込》
電子申請での受付となります。
受付期間 令和元年9月17日(火)~9月30日(月)
※詳細な手続き方法は受験案内をご確認ください。
選考方法と重視点 相模原市では人物重視の選考を行っています。
学力、筆記試験の結果ももちろん大切ですが、これからの相模原市の市政を担う上で、意欲を持って仕事に取り組むことができる方を求めています。
提出書類 エントリーシート
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業見込みの方 または 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業の方
令和元年度職員採用試験(大学卒業程度・免許資格職)の受験資格
【土木・建築・設備・電気】
昭和59年4月2日から平成10年4月1日までに生まれた方

【社会福祉】 
昭和59年4月2日から平成10年4月1日までに生まれた方で、 
社会福祉主事の任用資格を有するか令和2年3月までに取得見込みの方

【消防】
平成5年4月2日から平成10年4月1日までに生まれた方で、 
赤色、青色及び黄色の色彩の識別ができる方

【保健師】
昭和59年4月2日以降に生まれ、保健師免許を有するか、令和元年度に行われる保健師国家試験により免許取得見込みの方

【理学療法士】
昭和59年4月2日以降に生まれ、理学療法士免許を有するか、令和元年度に行われる理学療法士国家試験により免許取得見込みの方

募集要項

初任給 ※月給は給料月額に地域手当を加えたものです。
◆試験区分:大学卒業程度
【社会福祉・土木・建築・設備・電気】
月給205,632円(地域手当一律:22,032円含む)
【消防】
月給233,072円(地域手当一律:24,972円含む)

◆試験区分:免許資格職
【理学療法士(3年制短大等卒業)】
月給198,240円(地域手当一律:21,240円含む)
【保健師・理学療法士(4年制大学卒業)】
 月給205,632円(地域手当一律:22,032円含む)

※経験を有する人について、基準学歴卒業後の経験年数を加算して給与を決定します。
※平成31年4月現在
昇給・賞与・諸手当 昇給
年1回(4月)

賞与
年2回、期末・勤勉手当(ボーナス)が支給されます。

諸手当
通勤状況、家族の状況、住宅の状況、勤務の状況などに応じて、通勤、扶養、住居、時間外勤務などの諸手当が支給されます。
勤務地

原則として相模原市内

勤務時間 8:30~17:15 (1日7時間45分、1週間につき38時間45分)
職種、勤務場所により異なる場合があります。
福利厚生 定期健康診断などの健康管理事業や職員厚生会が実施する人間ドックの一部助成、宿泊施設利用助成、慶弔給付事業などがあります。また、共済制度として、「市町村職員共済組合」による短期給付(医療保険など)、長期給付(年金)などがあります。
そのほかに、各種スポーツ大会や職員文化祭の開催、文化系・体育系の同好会活動があります。
休日休暇 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日から翌年の1月3日まで)。
ただし、職種、勤務場所等によって異なる場合があります。
年間に20日の年次休暇のほかに、傷病休暇、婚姻、職員の出産、職員の妻の出産、子の看護、男性の育児参加、ボランティア、夏季などの特別休暇、介護休暇、育児休業、部分休業、育児短時間勤務などの制度があります。
採用実績校 全国の国公私立大学等
採用予定学部学科 全学部全学科
今年度採用予定数 令和元年度試験(大学卒業程度・免許資格職)の採用予定人数
■社会福祉(大学卒業程度)……8人程度
■土木(大学卒業程度)……20人程度
■建築(大学卒業程度)……11人程度
■設備(大学卒業程度)……4人程度
■電気(大学卒業程度)……2人程度
■消防(大学卒業程度)……10人程度
■保健師……4人程度
■理学療法士……1人程度
昨年度採用実績(見込)数 平成30 年度実施採用試験の主な結果(合格者数・合計)
■行政(大学卒業程度)……113 人
■社会福祉(大学卒業程度)……12 人
■土木(大学卒業程度)……9 人
■建築(大学卒業程度)……3 人
■設備(大学卒業程度)……2 人
■電気(大学卒業程度)……1 人
■化学(大学卒業程度)……1 人
■学校事務(大学卒業程度)……3 人
■消防(大学卒業程度)……34 人
■保健師……6 人
■管理栄養士……6 人
■獣医師……2 人
■薬剤師……2 人
■保育士……26 人
試用期間 あり
6か月の条件付採用期間があります。
本採用時と労働条件に変更なし
教育制度 新採用職員研修、階層研修、職場研修、派遣研修、自己啓発支援

職場データ

平均勤続年数 17.3年
補足 (3)平均勤続年数について
平成30年3月31日を基準日とし、個々の職員の採用年月日から経過した年数を平均した数値です。
平均年齢 39.4歳
平均残業時間(月間) 12.1時間
平均有給休暇取得日数(年間) 13.0日
役員および管理職に占める
女性の割合
役員 : 0%
管理職: 17.3%
平均有給休暇取得日数について この他に夏期休暇5日間を取得することができます。

採用連絡先

■相模原市人事委員会事務局 
〒252-5277 
相模原市中央区富士見6-6-23 けやき会館4階
Tel:042-769-8320 Fax:042-769-6705 
Mail:jin-c@city.sagamihara.kanagawa.jp 

【相模原市HP】 
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/