株式会社NTTドコモ

株式会社NTTドコモ(エヌテイテイドコモ)の新卒採用・企業情報

東証 正社員

株式会社NTTドコモ

【通信関連|情報サービス】

ドコモ=携帯と思っていませんか?
ドコモは「新しいコミュニケーション文化を創造する」会社として、通信事業とスマートライフ事業を展開し、未来を創ることに挑戦しています。
人びとの生活を豊かにするために、あらゆる人・モノ・コトをつなぐ「コミュニケーション」を通じて、世界にイノベーションを起こしていきます。

  • 多角的な事業展開

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 安定した顧客基盤

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
ドコモ=携帯だけじゃない

安心や安全、健康、学び、そして暮らしの中のさまざまな楽しみまで。いままでにない快適や感動の実現に向け様々な事業に取り組んでいます。

■通信事業
携帯電話サービス、光ブロードバンドサービス、衛星電話サービス、国際サービス、各サービスの端末機器販売など

■スマートライフ事業
動画配信・音楽配信・電子書籍サービス、金融・決済サービス、ショッピングサービス、生活関連サービスなど

■その他の事業
システムの開発・販売・保守受託など

事業戦略
5G、最先端技術で創る豊かな未来

ドコモには世界をリードする様々な最先端技術があります。世の中に浸透しつつあるAI・ビッグデータ・IoTはもちろん、それらを支えリードしていく5G通信もドコモが世界に誇る重要な技術です。これらは、横須賀リサーチパークに位置するNTT DOCOMO R&Dセンタという研究所で開発に取り組んでいます。5Gの研究開発・普及、それにより実現する新しいサービスの企画・開発を通じ、“新しいコミュニケーション文化の創造”に向け、今までにない楽しさ・驚きの提供に挑戦しています。

事業・商品の特徴
日本最大級の顧客基盤

ケータイ電話の契約者だけでなく、dポイントやdカードなどのクレジットカード、dマーケットやAIエージェント「mydayz」など、ドコモのサービスをご利用いただいている方すべてがドコモのお客さまです。
また、将来的には1億会員にすることをめざしており、海外から来られたインバウンドのお客さまや、海外におられるお客さまなど、可能性は無限大です。
ドコモでは、このように巨大な市場規模でビジネスを展開していきます。

私たちの仕事

私たちの仕事例【~5Gへの挑戦~5Gプロジェクトチーム】

神奈川県横須賀市の広大な敷地にはドコモの技術者が多く集まるR&Dセンターがあります。この地から2001年「3G(3rd.Generation)」、2010 年「4 G(4th.Generation)」と呼ばれる通信規格が、世界で初めて生み出されてきました。
現在この場所では、次世代移動通信方式「5G]に関するプロジェクトが日々着々と進行しています。

「技術もユーザーのライフスタイルも劇的に多様化する中で、その先の未来に必要な無線通信とは?といったことを想像する力が、技術力と同じくらい大切なプロジェクトなんです」と、プロジェクトチームリーダーが語るように、ただ通信速度や品質を向上させることを目的としていては達成できないミッションです。

「変化する多様な道路状況データと自動車をつなげれば、交通渋滞や事故を軽減する自動車の自動運転が可能でしょうし、大容量のデータ通信を可能にできるならホログラム(立体映像)で海外のスポーツ中継を見ることができるかも知れません。IoT によって自分の体調を家族や友人、家電とつなげてライフサポートも進化させられるかも知れない。そんな、お客様がワクワクする世界を実現できる<土台>となる設計をしたいと思います」

5Gのプロジェクトには、通信を進化させる技術力だけではなく、遠い未来を見据える想像力、そしてそれを実行する為の挑戦心・行動力が必要です。

この他にもドコモでは「挑戦心・行動力」にあふれた皆さんの夢を実現するフィールドにあふれています。

はたらく環境

職場の雰囲気
ダイバーシティ推進~一人ひとりの働き方~

ドコモは、お客様のスマートライフ実現のために、社内における意識改革を大胆に実施し、これからも社員一人ひとりの「個性(多様性の視点)」をエネルギーに「価値創造」、「価値提供」をし続けることを宣言しています。

◆推進体制
2006年7月に、本社人事部内に「ダイバーシティ推進室」を設置し、ダイバーシティの定着や女性活躍、両立支援等の制度の充実などに取組んできました。現在は更なる企業風土の醸成をめざして、『ダイバーシティ意識醸成と働き方改革』、『女性の活躍推進』、『両立支援』、『制度の多様化』を4本柱として取組んでいます。

また、各支社の総務・人事ラインがダイバーシティ推進責任者となり、ワーキンググループなどを立ち上げ、各地域で施策を水平展開できる体制を整えています。

◆働き方改革にむけて
ドコモでは働き方の見直しにも力を入れており、制度の多様化にも取り組んでいます。年休については終日取得だけではなく、半日取得や時間単位での取得、その他、勤務時間の個人シフト(スライドワーク)や定時退社・朝型勤務(プライオリティワーク)・拠点によってはフレックスタイム制の導入など仕組みを取入れ柔軟に対応しています。

◆社外評価
・女性の活躍推進に関する状況等が優良な企業に対して厚生労働大臣が認定する「えるぼし」に認定。
・厚生労働大臣認定マーク「プラチナくるみん」の取得。
・性的マイノリティについての企業等の取組み指標である「PRIDE指標」の「ゴールド」を2年連続受賞。
・2017年11月、「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」を受賞。

企業概要

創業/設立 創業:1991年8月
本社所在地 東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー
代表者 代表取締役社長 吉澤 和弘
資本金 9,496億7,950万円(2017年3月31日現在)
売上高 4兆7,694億900万円(2018年3月期)
従業員数 7767名(当社グループ26,734名) (2018年03月現在) 
事業所 本社/東京(千代田区永田町) 
支社/札幌・仙台・名古屋・大阪・金沢・広島・高松・福岡
支店/全国各地 (主に全国の県庁所在地)
研究所/横須賀(神奈川)
海外/アメリカ・ブラジル・イギリス・ドイツ・イタリア・シンガポール・中国・フィリピン・タイ・インドネシア
研修制度 【若手社員研修】
若手社員を対象に、即戦力を身につけるための集合研修を設けています。

【階層別研修】 
各階層に求められる能力のインプットを目的に、階層別の集合研修を設けています。

【選択型研修】
社員が自らの強化すべきスキルを見出し、主体的に能力開発することを目的として提供していす。(社員に求める能力に合わせたラインナップを提供)

【エキスパート研修】
各専門分野に応じ、求められるスキルを集中的に磨くことを目的として提供しています。
営業分野 「営業制度の基礎知識」 等
法人分野 「法人IoT研修」 等
法務・知的財産分野 「法務研修」「知的財産入門研修」 等
ネットワーク分野 「電波業務研修」「ドコモIPネットワーク技術」 等

【ドコモ出稽古プロジェクト(異業種OJT)】
社員を異業種企業に派遣し、異なる環境下で新たな業務に挑戦する場を提供することで、ドコモにはない新たな視点やスキル・経験を取得する人材育成プロジェクトです。

【グローバル人材育成】
●海外留学 
今後のドコモの事業展開を中心となって推進する、経営的視野・専門性を備えた人材を育成するための制度です。
※派遣期間:MBA 2年間/LL.M(Master of Laws)1年間

●海外企業派遣
海外企業で働くことを通じて、ドコモの中長期事業戦略を見据え国際分野の事業で貢献できる人材を養成します。
※派遣先:アメリカ、シンガポール等の企業
福利厚生 ●保険
 社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)

●健康管理
 定期健康診断の実施(年に1回)、 人間ドック・脳ドックの実施、  社外カウンセリング窓口の開設等

●出産・育児に関する諸制度
 病気休暇(つわり)、 妊娠中の通勤緩和措置、 妊娠中、出産後の健康診査等にかかる措置、 出産休暇(産前6週間、産後8週間)、 看護休暇(配偶者出産時に5日まで)、 育児休職、ライフプラン休暇(育児)、 育児により退職した社員の再採用、 育児のための短時間勤務、 時間外勤務・深夜業の制限、等

 ●住宅に関する諸制度
 住宅補助費の支給、社宅の措置等

●福利厚生
 NTTベネフィット・パッケージ、確定拠出年金、企業年金基金、社員持株会、財形貯蓄制度、慶弔金など
休日・休暇 4週につき8日の週休日、祝日、年末年始の休日(12月29日~1月3日)※部署によりシフト勤務制あり
年次有給休暇(年間20日)、ライフプラン休暇(リフレッシュ・介護・育児・ボランティアなど)、夏季休暇(5日)、
 結婚休暇(5日)、忌引休暇(1~10日)、介護のための短期の休暇(5日)、病気休暇など

採用連絡先

東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー 
〒100-6150
NTTドコモ 採用チーム
http://information.nttdocomo-fresh.jp/
※各種お問い合わせにつきましては、NTTドコモ採用HPのお問い合わせフォームよりお願いいたします。