日本道路興運株式会社

日本道路興運株式会社(ニホンドウロコウウン)の新卒採用・企業情報

正社員

日本道路興運株式会社

【アウトソーシング|陸運】

乗用車から特殊車両まで、お任せあれ。
どんな車両でも運転と管理のアウトソーシングで、お客様の負担軽減。
私たちの仕事は、車両を通じて日本の社会を支える仕事です。

  • 顧客視点のサービス

  • 多角的な事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • 3年連続で業績アップ

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
車両の運行管理に関わる業務をトータルでお引き受けします。

日本道路興運株式会社の事業の中核を担っている、車両運行管理業。
聞き馴染みのない業界かと思いますが、仕事の内容は非常にシンプル。
運転・整備・保険の加入など、お客様の車について日々の運用に必要な部分をそのままアウトソーシングを受けてサービスを提供する仕事です。

例えば、会社の役員を乗せて客先をまわる黒塗りの役員車。
市街地から離れた工場や施設へと職員を送迎するバス。
放送中継車に健康診断の検診車など、当社で扱っている車両は多岐にわたります。

私たちにお仕事を任せてもらうことでお客様にどんなメリットがあるかというと、
・個別に運転手を雇わずにすむので、労務管理や社員教育の負担が減る
・車両の点検整備や保険加入の手続きをしなくて済む
等々、めんどうなことをしなくてよくなるので、お客様はその分本業に専念できる、ということ。燃料や消耗品も当社で一括購入しているので、コストダウンにもつながります。

日本の社会を支えている人を支える仕事を、いっしょにやりませんか?

私たちの仕事

【車両運行管理業務】
まずはお客様からの問い合わせや訪問といった営業活動、入札などでお仕事をいただきます。

お仕事を受注できたら、日々の業務としては...
・日々の運行計画を受け取って、社員(運転手)に指示を出す。
・車両の法定点検、整備の手続代行
・消耗品、燃料の当社での一括購入
・お客様との定期的なヒヤリング
・万が一事故がおきたら、相手方との対応

また、お客様のところに常駐する運転手は当社の社員なので
・社員の採用
・運転手としての教育
・勤怠、労務管理
なども大切な仕事です。

【その他の仕事】
近年では自転車駐輪場の管理や警備業も展開しています。

はたらく環境

職場の雰囲気
部署の垣根を超えて連携しあう職場

職場は小規模なので一人ひとりが多くの業務を分担し支え合っています。
社員がお互いにフォローし合っていて、雰囲気は落ち着いていて明るい職場です。
残業も少しでもないよう取り組んでおり、ワークライフバランスも良好です。

企業概要

創業/設立 1965年11月1日設立
本社所在地 〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-6-3 新宿国際ビル新館
TEL:03-3344-0873
FAX:03-3344-2238
代表者 代表取締役社長  山口 哲也
資本金 5,000万円
売上高 91億4,600万円(2018年3月実績)
従業員数 約2,000名 (2018年12月現在) 
主要取引先 ・中央省庁、地方公共団体などの官公庁
・大学・学校、空港、病院
・銀行、証券会社、生損保会社などの民間企業
事業所 ・支店/北海道(札幌)、仙台、北関東(高崎)、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡
営業所/東関東(茨城)、神奈川、新潟、金沢、静岡
・事業所/旭川、網走、和歌山
日本道路興運株式会社とは? 当社は、アウトソーシング業界の中で、自動車の運行管理に特化した「車両運行管理業務」を行う企業です。「車両運行管理業務」のお客様は、基本的に法人(官公庁、民間企業)です。
一見、皆さんの生活に関わりがない企業のように思われるかもしれませんが、実は身近にある業務なのです。
役員車や、街中を走るスクールバスを見たことがあるかと思います。その中に、当社が「車両運行管理サービス」で運行している車両もあるのです。
「車両運行管理サービス」とは? 「車両運行管理業務」とは、お客様の所有する自動車の、運転から管理まで、車両に関する一切の業務を請け負う事業です。

具体的には、お客様が所有する車の運転、清掃、点検、オイル交換などのメンテナンスを行います。また、万が一事故が発生した場合には、事故対応、事故補償を行います。

お客様は、自動車の運行管理を当社へアウトソーシングすることで、業務の効率化を図れます。
「車両運行管理サービス」だけでなく、新規事業にもチャレンジ 当社はこれまで、「車両運行管理サービス」を中心に事業を拡大してきましたが、自転車駐車場(駐輪場)など、異なる分野の新規事業にも積極的にチャレンジしています。
沿革 昭和40年11月 : 自家用自動車運行管理請負業務を目的として「日本道路興運株式会社」を設立。
昭和41年1月 : 名古屋営業所(現名古屋支店)開設。
昭和42年1月 : 静岡営業所開設。
同年2月 : 仙台営業所(現仙台支店)開設。
昭和44年2月 : 東京営業所(現東京支店)開設。
同年3月 : 大阪営業所(現大阪支店)開設
昭和49年4月 : 新潟営業所(現新潟支店)開設。
昭和54年3月 : 広島営業所(現広島支店)開設。
昭和59年12月 : 神奈川営業所開設。
昭和60年3月 : 「つくば万博」における「運行業務」を受託。
同年10月 : 金沢営業所、高松営業所(現高松支店)開設。
昭和61年5月 : 福岡営業所(現福岡支店)開設。
昭和63年5月 : 本社を新宿新都心に移転。
平成元年8月 : 北関東営業所(現北関東支店)開設。
平成8年9月 : 東関東営業所開設。
平成9年9月 : 和歌山営業所(現和歌山事業所)開設。
平成12年4月 : 札幌営業所(現北海道支店)開設。
平成14年5月 : 「2002FIFAワールドカップ」における「送迎業務」を受託。
同年7月 : 営業力強化のため支店・営業所を改編。
平成17年3月 : 「愛・地球博」における「運行業務」を受託。
平成24年4月 : 道の駅八王子滝山における「交通誘導警備業務」を受託。
同年10月 : 可児駅東自転車駐車場及び可児駅西自転車駐車場における「自転車駐車場管理業務」を受託。
平成25年4月 : 多治見駅北自転車駐車場における「自転車駐車場管理業務」を受託。
平成26年2月 : 武蔵小金井駅西側高架下自転車駐車場における「自転車駐車場管理業務」を受託。
平成27年9月 : 埼玉営業所を高崎市に移転し、北関東支店と改称。
同年11月 : 設立50周年を迎える。
平成29年10月 : 武蔵大和駅第1公共自転車等駐車場及び武蔵大和駅第2自転車等駐車場における「自転車駐車場管理業務」を受託。

採用連絡先

〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-6-3新宿国際ビル新館3F
総務部総務人事課 担当:谷
TEL:03-3344-0873
FAX:03-3344-2238
URL:https://nihondorokoun.co.jp/
E-mail:info@nihondorokoun.co.jp