株式会社日本マイクロニクス

株式会社日本マイクロニクス(ニホンマイクロニクス)の新卒採用・企業情報

東証 正社員

株式会社日本マイクロニクス

【半導体デバイス|電気・電子|精密機器】

日本マイクロニクスは、1970年の創業から技術革新の激しいエレクトロニクス産業において、半導体、液晶関係の検査・測定機器のリーディングカンパニーとして、電子デバイスを安心してご使用いただくための製品や技術・サービスを提供してきました。現在では、ICの回路を検査するための接触端子であるプローブカードのトップクラスのメーカーとして、さらに、半導体・LCD検査装置の分野で、国内外のお客さまから高い信頼と評価をいただいています。社名にも取り込んだマイクロエレクトロ二クス技術に一層の磨きをかけ、業容拡大に努めています。
日本マイクロニクスは、これからも「電子計測技術を通して広く社会に貢献する」という経営理念のもと、お客さまの「needs」を叶えるために、当社の強みである技術力と開発力を活かし、さらに進化し、発展し続けていきます。

私たちの魅力

事業内容
電子計測技術を通して広く社会に貢献

主に半導体製造工程で使用される検査器具“プローブカード”、検査装置“テスタ”などを半導体メーカーに提供し、そのシェアは世界トップクラスを誇ります。

<事業内容>
半導体計測器具、半導体・LCD検査機器等の開発・製造・販売

私たちの仕事

現代社会を便利に、豊かに、そして楽しくする電子・情報技術を牽引するのは、半導体やフラットパネルディスプレイ(FPD)などのエレクトロニクスデバイスです。今や半導体はナノの領域へ微細化が進み、FPDはモバイル端末から車載、医療分野まで用途が拡大し、高精細化が加速しています。日本マイクロニクスは、急速に進化を続けるエレクトロニクスデバイスの品質や性能、そして信頼性の向上を、検査/計測技術で支えています。

<半導体分野>
半導体製造工程において、ウェーハの電気的特性検査に使用される計測器具「プローブカード」や試験装置「テスタ」、パッケージ後の特性検査に用いられる「テストソケット」、デバイスの研究開発時における評価・分析で使用される「ウェーハプローバ」などを提供しています。半導体の高機能化、多様化が進むなか、信頼性の高い検査/計測技術で、生産性および品質の向上を支えています。

<FPD分野>
FPD(フラットパネルディスプレイ)の電気的特性検査に用いられる「アレイプローバ」や、パネルの表示検査に使用される「自動光学検査装置(セル/モジュールテスタ)」、テストパネルに電気信号を伝える「プローブユニット」などを提供しています。
FPDの高精細化・多用途化が進むなか、最適な検査ソリューションを提供し、生産性向上に貢献しています。

はたらく環境

社風
ワークライフバランスの推進に取り組んでいます。

日本マイクロニクスでは、従業員の仕事と家庭の両立を支援し、社員が自ら積極的に能力を伸ばすことのできる環境の整備や、制度の充実を図っています。そのため、半年に1度の面談やキャリアプランアンケートなど、自分・会社・働く環境を見つめ直し、思いを伝える場があるのが特徴です。また、育児や介護支援の場合も「休業制度」や「短時間勤務制度」(育児の場合は子供が小学校に入学するまで)があり、多くの従業員が利用しています。他にも、年次有給休暇の取得・自己啓発・健康的な生活などを促進することにより、ワークライフバランスの推進に取り組んでいます。

企業概要

創業/設立 設立1970年11月2日
本社所在地 〒180-8508 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-6-8
代表者 代表取締役社長 長谷川正義
資本金 50億1800万円
売上高 300億9,100万円(2018年9月末実績)
従業員数 922名(グループ全体:1,285名) (2018年09月現在) 
主要取引先 Samsung Electronics Co.,Ltd、マイクロンメモリジャパン(株)、ルネサステクノロジ(株)、(株)東芝、Intel Corporation、Micron semiconductor Asia Pte.Ltd.、富士通(株)、三菱電機トレーディング(株)、Nan Ya Technology Corporation、Innolux Corporation
事業所 青森営業所、関西出張所、大分営業所、熊本営業所、青森工場、青森松崎工場、大分テクノロジーラボラトリー

採用連絡先

株式会社 日本マイクロニクス
新卒採用担当
Mail:mjc-jinjisaiyo@mjc.co.jp