近畿地区スバルグループ

近畿地区スバルグループ(キンキチクスバルグループ)の新卒採用・企業情報

正社員

近畿地区スバルグループ

【商社(自動車)】

SUBARUのクルマを選んだら、いつか行ってみたかったあの場所に行けた。
ずっと会いたかったあの人に会いに行けた。
やってみたいと思っていたことに挑戦できた
たとえば、これはあるお客様の物語。
「あの景色がとても綺麗だった」
「あの人に会えて嬉しかった」
「愉しかった」
溢れるお客様の笑顔。
それを見たらとても嬉しかった。
たとえば、これは私の物語。
 SUBARUのクルマを選んだことで、この街に住む、あなたの大切な人たちの人生や生活に、新しい物語が生まれる。
誰かの人生を少しだけ変化させる、そんな可能性のある仕事をしてみませんか。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 顧客視点のサービス

  • 地域に密着した事業展開

  • 安定した顧客基盤

  • アットホームな社風

私たちの魅力

事業内容
地域に根差したカーライフパートナーとして。SUBARUブランドを育てるチームの一員として。

世界的に見てもとびきり個性的な輝きを放つSUBARUのラインナップ。
その新車開発から始まる道は、私たち全国のSUBARU販売会社を通じて、全てのお客様が日々安心してカーライフを愉しむために、途切れることのない一本の道でつながっています。

クルマによって人生を豊かにるするために。
安心と愉しさというSUBARUならではの価値で、心を動かす、確かなものを届けたい。
信頼という絆を、新たな期待へつなげたい。

その中で、みなさんの想像以上に大きな役割を担っているのが、SUBARU販売会社の存在。
SUBARUとお客様がつながる唯一の接点であり、SUBARU車が持つ「安心と愉しさ」を直接伝えるという大事なミッションを担っています。

真の「安心と愉しさ」はクルマだけで実現できるものではありません。
また、クルマは高価な商品であり、また定期的なメンテナンスを必要とします。
先進の安全技術や運転する愉しさに加え、私たち販売会社のスタッフのトータルサポートがあってこそ、お客様はカーライフを安心して愉しむことができる。

クルマという工業製品を、生活を豊かにし、人生を彩るパートナーにするのは、お客様とホームグランドを同じくする私たちSUBARU販売会社のスペシャリストです。

近畿2府3県。
地元に密着しながら、SUBARUならではの「安心と愉しさ」をお客様にお届けする、その最前線である近畿地区スバルグループは、SUBARU車のメーカーである株式会社SUBARU100%出資の直営のディーラーグループです。
SUBARUは、ひとつのエリアにひとつのディーラーというスタイル。
大阪府、和歌山県、京都府、滋賀府、兵庫県の唯一のSUBARUディーラーとして、お客様が安心で愉しいカーライフを送っていただけるようサポートしています。

主な事業内容
◆株式会社SUBARU社製 スバル全車種の新車販売
◆SUBARU認定中古車の販売
◆自動車に係るサービス(車検、点検、メンテナンス、修理等)
◆自動車の鈑金、塗装
◆自動車の部品、用品の販売、施工
◆各種損害保険、生命保険代理業

事業戦略
空から地上へ。舞台が変わっても変わらないDNAと革新の歴史がそこにある。

SUBARU、もしくはSUBARU車ときいて、皆さんはどんなイメージをお持ちでしょうか?
クルマに興味がある方にとっては、『マニアック』とか『スバリスト(スバルのファンの方のことをこう呼びます。)』。
『水平対向エンジン』とか『アイサイト』など独自技術のことをイメージする方。
『レガシイ』、『インプレッサ』、『レヴォーグ』など、車名を思い浮かべる方もいらっしゃるかも知れません。
クルマのことをあまり知らない方にとっては、六連星のロゴマーク。
もしくはまったく何も思い浮かばない方も…いらっしゃるかも知れません。

航空機メーカーをルーツとするSUBARUは、安全性、走り、機能性、信頼性を基本とした「確かなものづくり」を貫き、革新の歴史を刻んできました。
SUBARUの根底に流れるもの、それは安全をどこまでも追い求めチャレンジし続ける飛行機開発のDNAです。

人の命を乗せて空を飛ぶ、飛行機の開発でもっとも大事なこと、それは安全。
万が一墜落したら乗る人の命にかかわる飛行機の開発は、そんな万が一の状況を想定して、危険な状況に陥らないための工夫をほどこし、安全をどこまでも追い求めるものです。
安全に対するSUBARUの想い、DNAはクルマの開発にもしっかりと受け継がれています。

例えば、1958年に発売され日本に自動車の発展と普及に大きく貢献したスバル360。
そこには、徹底した軽量化と合理的なパッケージングという航空機開発のノウハウが詰め込まれていました。
またSUBARUのコア技術で代名詞ともなっている水平対向エンジン。
それは、走りの愉しさを実現するだけのものではありません。
エンジンが左右対称でバランスよく安定していることで、より安全に走ることができる。
SUBARUの安全へのこだわり、水平対向エンジンを磨き続ける理由がここにあります。

空から地上に舞台が変わっても変わらない、飛行機づくりから培われたSUBARUの安全へのこだわり。
独自を技術を磨くことで、SUBARUが目指すのは「安心と愉しさ」をお届けするNo.1ブランドです。

世界中には多くの自動車メーカーがあり、いろんな自動車があります。
もちろんいろんな人がいて、いろんなニーズがあります。
燃費にこだわる人、デザインにこだわる人、多人数が乗れる車、荷物がたくさん積める車…。
SUBARUは大きいメーカーではありませんので、世の中の人みんなのニーズにこたえるラインナップを揃えることは出来ません。
またSUBARUのクルマは、価格だけを見ると決して安いとはいえません。
その中でSUBARUがターゲットにしているのは、クルマを通じて『安心』で『愉しい』生活を求めているお客様です。
感動レベルの走りのよさと世界トップクラスの安全性能。
『人』のことを考え、『命』のことを考え、『暮らし』のことを考えたクルマがSUBARU車です。
ぶつからないシステムなんて、どれも同じだと思っていませんか?
走りの性能なんて、スポーツカーや高級車に求めるものだと思っていませんか?

残念ながら、SUBARUのよさは乗ってみないとわかりません。
まだSUBARUにお乗りいただいていないお客様に、SUBARUの良さをご説明し、また実感してもらいご購入いただくこと。
お乗りいただいている間、しっかりとサポートしていくこと。
そしてまたSUBARU車をご購入いただくこと。
何年間もの長いサイクルでお客様の人生に寄り添いながら、私たちの仕事は進んでいきます。

事業・商品の特徴
磨き続けるのはSUBARUの「総合安全」。

乗る人すべての安全を、何よりも大切にすること。
事故のない未来をつくること。それが私たちSUBARUのゆるぎない決意です。
そのために以下の4つのアプローチで安全に磨きをかけ、SUBARU独自の「総合安全」を進化させてきました。

◆0次安全《事故に遭わないための基本設計》
クルマのカタチ、操作するためのコクピットやシートといった基本設計を工夫することで、疲れにくく、運転に集中できるクルマづくりをする。
SUBARUは、事故に遭わないための安全性を高めることを大事にしています。
例えばSUBARUのクルマは、前後左右どのウインドウからでも100cm度の高さのものが見えるように設計されています。
これはクルマの周りに子どもがいるときに、きちんと運転席から見えるため。
他にも、周囲の確認がしやすいようドアに取り付けられたミラーの位置や三角窓も工夫。
全方位での十分な視界、ドライバーが運転に集中しやすいインパネデザインやドライビングポジション、何気ない部分にこそ、SUBARUの安全性へのこだわりが詰まっています。

◆アクティブセイフティ《意のままに操ることができる走行性能》
SUBARUには「走りを極めれば安全になる」という思想があります。
走る、曲がる、止まるという車の基本性能は、クルマの構造によって変わってきます。
特に重要なのが、重心の位置と駆動方式。
SUBARUが高い基本性能を実現するために、低重心の水平対向エンジンとAWD(全輪駆動)方式を採用する理由がここにあります。
突然の雨や雪で路面状況が変化しても、走り続けられる。
危険に遭遇したとき、とっさの操作で安心して回避できる。
大事にしているのは、ドライバーの思いのままに操ることができること。
SUBARUは独自のシンメトリカルAWDを核として、あらゆる状況下で安心して運転できる性能を磨き続けています。

◆プリクラッシュセイフティ《危険を回避する予防安全性能》
事故を未然に防ぎたい。
SUBARUでは事故の回避、被害軽減をめざすプリクラッシュブレーキの研究にいち早く取り組み、2008年に世界で初めてステレオカメラ単体による制御で、プリクラッシュブレーキの実用化を実現しました。
ステレオカメラの一番の特徴は、距離画像が得られること。
前方に見える対象物を見分けて認識し、距離を正確に把握。
この情報をもとに危険を予測して、警報や自動ブレーキなどの制御によりドライバーをサポートするシステムがSUBARUのアイサイトです。
また、最新型のアイサイトでは、区画線と選考車両の双方の認識により、時速0キロから120キロの範囲内で自動的に加減速、ハンドル操作をアシストする機能ツーリングアシストも追加。
渋滞時や長距離運転時の疲れを軽減し、愉しいドライビングをアシストします。
交通事故をゼロにしたいという思いからスタートしたアイサイトの技術は、常に進化し続けます。

◆パッシブセイフティ《もしもの時の衝突安全性能》
日本だけでなく世界中で高評価のSUBARUの衝突安全性能。
SUBARUでは、安全がまだクルマの価値として重要視されていない50年以上前、スバル360の時代から、あらゆる方向からの衝突に対して効果的に衝撃を吸収する、衝突安全ボディの開発に取り組んできました。
SUBARUが目指しているのは「リアルワールドでの全方位安全」です。
開発では、世界からの事故の情報を集めて分析し、実際に起きる事故を模擬した衝突実験を行っています。
事故を未然に防ぐこと、そしてもしもの時に、あらゆる衝突から人を守り、歩行者や他のクルマの被害を軽減するために、SUBARUのクルマは、パーツのひとつひとつにまで安全という視点が込められています。

私たちの仕事

スバル販売会社は、SUBARUとお客様がつながる唯一の接点であり、そこで働くスタッフはSUBARUを代表する“顔”そのもの。
お客様のニ-ズを捉え、SUBARU車がもつ「安心と愉しさ」を直接伝えるという大事なミッションを担っています。

◆営業職(自動車セールス)は、お客様の人生に寄り添い、カーライフをトータルサポートしていく仕事です。
とびきり個性的で自信を持ってお勧めできるSUBARU車だからこそ、クルマの性能、魅力を分かりやすくお客様にお伝えする。
お客様のニーズをしっかりとお伺いし、よりよいご提案をしていく。
クルマは定期的なメンテナンスを必要としますので、販売したら終わりではなく、販売してからが長いお付き合いのスタート。
購入後もそのお車をお乗りいただいている間ずっと、私たちのト-タルサポ-トがあってこそ、お客様に安心してカ-ライフを愉しんでいただけます。

◆サービス職(サービスフロント)
お客様と店舗、セ-ルス、メカニックの間に立ち、お車の点検や整備がスム-ズに運ぶように調整するチ-ムの顔であり司令塔。
お客様に分かりやすくメンテナンスの総合的なアドバイスを行う。
これがサービスフロントスタッフです。
自動車の専門的な知識やメカニズムを研修で習得していただき、お客様目線に立ったご説明やご提案をしていきます。

どちらも専門的な知識やスキルを必要としますが、今はまだ、車のことやSUBARUのことをまったく知らなくでも大丈夫。
しっかりとした研修カリキュラムとバックアップ体制をとっています。

はたらく環境

社風
チームワークを大事にする会社です。

私たちSUBARUには『スバルチーム』とういう概念があります。
自動車会社のなかでは、決して大きい組織ではないからこそ、メーカーと全国のスバルディーラーが一体となってお客様をサポートしています。

SUBARUには全国44のSUBARU販売会社と約600の店舗があります。私たちSUBARU販売会社は、SUBARUと地域、SUBARUとお客様をつなぐ接点であり、お客様にとってそこで働くスタッフはSUBARUの顔そのものです。
SUBARUの販売体制は、「1地域1ディーラー」。同一エリア内で販売会社同士が競合することなく、すべての店舗で全車種を取り扱っています。
メーカーである株式会社SUBARUと私たちSUBARU販売会社がタッグを組み、お客様に「安心と愉しさ」をご提案、ご提供しつつ、お客様の声をフィードバックする。
開発、生産から実際お客様に接する販売会社のスタッフまで、SUBARUチームの力を結集してお客様のサポートをしています。

またホームグラウンドの数だけSUBARUの店舗があり、店舗ごとに店長、セールス、フロントスタッフ、メカニックらがチームを結成。
スタッフ一人ひとりがSUBARUの顔として、それぞれのスキルを活かしながら自分の役割を果たすと同時に、仲間が働きやすいように連携することでチーム力を高めています。
全員で連携してお客様に快適なカーライフをサポートするのはもちろん、店舗での目標、各自の目標をそれぞれ設定し、スタッフ同士協力し合いながら、目標に向かって成長することを目指しています。

組織の特徴
近畿地区をグループ化して経営しています。

私ども近畿地区スバルグループは、SUBARU車のメーカーである株式会社SUBARU100%出資の直営ディーラーグループとして、大阪スバル株式会社、京都スバル自動車株式会社、滋賀スバル自動車株式会社、兵庫スバル自動車株式会社の4社をまとめて、統括体制で運営しています。

選考試験から内定者のイベント、入社式や新入社員研修に至るまで、統括会社である大阪スバルですべての窓口を担当しています。

企業概要

創業/設立 大阪スバル株式会社:創業1964年5月8日
本社所在地 〒570-0021 大阪府守口市八雲東町1丁目21番23号

大阪スバル株式会社の本社であり、近畿地区スバルグループの統括本社業務も行っております。
代表者 代表取締役社長 山本 本山(やまもと もとや)
資本金 近畿合計:3億3900万円
売上高 近畿合計:685億9000万円(2018年3月度実績)
従業員数 近畿合計:1270名(非正規含む)
 大阪:607名
 京都:153名
 滋賀:130名
 兵庫:380名 (2018年04月現在) 正社員、嘱託社員、契約社員、派遣社員含む
子会社・関連会社 近畿地区スバルグループは、株式会社SUBARU100%出資の販売会社グループです。

【関係会社】
株式会社SUBARU(連結親会社)
事業所 勤務地は居住地を考慮し決定します。

◆大阪スバル株式会社(大阪・和歌山)
本社所在地:大阪府守口市八雲東町1-21-23
《大阪府内店舗》
枚方店、枚方パーク店、守口店、大東店、城東店、東大阪店、八尾店、高槻店、茨木店、箕面店、吹田店、豊中店、新大阪店、西店、平野店、帝塚山店、堺鳳店、中環北堺店、岸和田店、和泉中央店、狭山店、泉佐野店、カースポット枚方パーク、カースポット新大阪、G-PARK箕面、カースポット大東、カーパレス堺、カースポット外環西浦
《和歌山県内店舗》
和歌山店、岩出店、田辺店、カースポット岩出
《その他事業所等》
統括本社、経路販売部、住之江中古車流通センター、エリア部品センター、スバルBPセンター大阪 他

◆京都スバル自動車株式会社
本社所在地:京都市南区吉祥院石原堂ノ後西町5
《店舗》
久世橋店、長岡京店、宇治店、北白川店、金閣寺店、山科店、亀岡店、舞鶴店、カースポット舞鶴、 

◆滋賀スバル自動車株式会社
本社所在地:滋賀県草津市野路4-7-2
《店舗》
堅田店、大津店、草津店、守山店、水口店、近江八幡店、彦根店、カースポット守山

◆兵庫スバル自動車株式会社
本社所在地:神戸市灘区岩屋中町2-2-7
《神戸エリア》
灘店、鈴蘭台店、長田店、学園南インター店、明石店、カースポット鈴蘭台、カースポット学園南インター、カースポット明石
《阪神エリア》
西宮171号店、西宮国道2号店、尼崎店、伊丹店、川西店、宝塚店、三田店
《東播エリア》
三木店、加古川店、高砂店
《西播、但馬エリア》
姫路店、太子店、豊岡店
《その他事業所等》
神戸西インター中古車流通センター 他
社内資格制度、研修制度が充実しています。 ◎SUBARU認定資格制度「STARS」

セールススタッフやフロントスタッフに必要なスキルはたくさんあります。商品や保険、お車のメンテナンスなどに関する知識はもちろんのこと、もっとも大切なのはお客様が求めていることを的確にとらえること、ご要望やニーズに合わせて「安心と愉しさ」を提案する対応力を身に付けることです。
そのためにSUBARUでは、「STARS」というスバルセールス認定資格制度、スバルサービス認定資格制度を導入しています。
また、資格と連動した経験年数やスキル別の研修カリキュラムがが整っており、個々の課題を明確にし、取り組むことで着実にステップアップできる制度となっています。
単に試験を行うだけではなく、学び、日々の仕事で実践し、認定試験の挑む中で、成長していくことができる制度、それが「STARS」です。

◎オールスバル表彰
日頃の努力で培った実績やスキル、それを年間を通じて発揮することで称えられる表彰制度、それが「オールスバル表彰」です。セールス、フロント、メカニックなど職種ごとに優秀な成績を収めた個人の表彰はもちろんのこと、優秀な実績を修めた店舗も表彰の対象となり、クルマの販売台数だけでなく、点検や車検の入庫数、自動車保険の契約数、お客様満足度などを総合的に評価して表彰されるため、店舗スタッフ全員で目標に向かって日々の業務に取り組みます。

◎全国スバルセールスコンテスト、全国スバルサービス技術コンクール
スバルのプロフェッショナルとしての知識やスキル向上を目的に開催されるのが、セールスコンテスト、サービス技術コンクールです。全国の販売店から勝ち上がったセールスやフロント、メカニックが競い合い頂点を目指すこの大会は、大きな目標の一つとなっています。「いつかは自分も」という思いが、スキルアップだけでなく、日々の業務のモチベーションの源になります。

◎スバルアカデミー
日本のみならず世界中のSUBARU販売会社の人材育成を担う教育機関がスバルアカデミーです。
新人から経営幹部まで、あらゆる層を対象とした各種研修カリキュラムが組まれています。
接客マナー、商品研究研修、ロールプレイング研修、チームワーク養成や自ら考える力をつける研修など、着実にキャリアアップにつながる研修を多数取り揃えております。
もっとSUBARUのことが知りたいという方は… スバル販売会社のことをもっと知りたい!!という方は、
以下の採用サイトをご覧ください。

SUBARU販売会社グループ採用サイト
https://www.subaru.co.jp/saiyo/
※こちらのサイトから弊社専用サイトにエントリーできます。

SUBARUオフィシャルサイト
https://www.subaru.jp/

採用連絡先

採用、選考についてのお問合せ、書類のご郵送は以下までお願いいたします。

近畿地区スバルグループ(大阪スバル株式会社)
近畿管理本部 統括総務部 人事教育課 笈木(おいき)、高橋

〒570-0021 大阪府守口市八雲東町1-21-23
TEL 06-6906-3666(人事教育課直通)
FAX 06-6906-3601
Email employment@osaka-subaru.co.jp