株式会社スペース(スペース)の新卒採用・企業情報

東証 正社員

株式会社スペース

【ディスプレイ|建設】

人々の生活や文化をより豊かに、より快適にデザインし演出することへと役割を拡大させてきたディスプレイ業界。

当社も”スペース”という社名が示すとおり多彩な商空間を創造する職能専門集団として、長年に渡りあらゆる空間を手掛け「商空間創造企業」へと成長・発展を遂げてまいりました。

国際的なスポーツイベントの開催を見据えて、ディスプレイ業界の事業環境はめまぐるしく変化を続けています。

その中で、スペースが次に目指すのは創造性と革新性を併せ持ち、新たな可能性追求と共に業界を牽引する存在。そして、商空間NO.1企業へと進化を遂げていくことです。

スペースは、これからも歩みを止めることなく挑戦を続けていきます。

  • 地域に密着した事業展開

  • 過去10年赤字決算なし

  • 安定した顧客基盤

  • 無借金経営

  • 実力と成果を重視

私たちの魅力

事業内容
私たちは「お客様と、同じ想いで共に創る。」会社です。

大型商業施設、店舗、街、環境。さまざまな商環境の創造を担う企業として、常に新しい豊かさを表現することが、私たちの使命だと考えています。柔軟な企業体制のもと、時代のニーズを的確に捉え、未来を見据えた「商空間プロデュース企業」を目指していきます。

事業・商品の特徴
「打ち合わせ」から「引き渡し」まで一貫し責任を持って推進します。

私たちは、他の企業にない独自の組織体系を確立しています。お客様に対して、担当のスタッフが全てを把握し「打ち合わせ」から「引き渡し」までを一貫し責任を持って推進します。これにより、お客様との間に継続的で一貫性のあるコミュニケーションを保ち、急なご要望に対しても迅速かつスムーズな対応が可能となります。

創業以来、時間をかけてゆっくりと創り上げられてきたこのしなやかで強靭な組織体系こそが、お客様との深い信頼関係を築くための最良の方法であると私たちは考えています。

企業理念
商空間の創造を通じて、豊かな社会の実現に貢献します。

私たちは、単なる商品やサービスの提供の場という枠組を超え、人々の生活や文化をより豊かに、より快適にデザインし演出することへと役割を拡大させてきたディスプレイ業界において、当社も”スペース”という社名が示す通り、多彩な商空間を創造する職能専門集団として、長年に渡りあらゆる商空間を手掛け、「商空間創造企業」へと成長・発展を遂げてまいりました。

スペースは創業時から大切に守り受け継いだ企業理念のもと、「商空間創造において最高で最上のサービスを提供し続ける企業」であることが私たちの使命だと考えています。

私たちの仕事

当社は昭和23年の設立以来、さまざまな商空間の創造を担う企業として、『打ち合せ』から『引き渡し』までを一貫して責任を持って推進しています。

柔軟な企業体制のもと時代のニーズを的確に捉えることで、賑わい、活性化、繁盛する空間創造を通じてビジネスのサポートをしています。

はたらく環境

社風
何でもやれる。だからこそ大変、だからこそ面白い。

スペースの魅力は一人で何でもやれること。

デザイン・設計から施工そして引渡まで。
様々な仕事を経験することで自分の向き不向きも当然見えてきます。

やりたいと思っていることと自分に合っていることこの2つが違うこともわかります。

一つの仕事をトータルに行うことで得意な分野は更に引き出せ苦手な分野は重点的に補っていける。プロになるためのスキルをどんどん伸ばしていける環境がスペースにはあります。

勿論、すぐには結果は出せません。けれど、毎日の成長が実感できるからこそ仕事がどんどん面白くなっていきます。

働く仲間
“感動” を共有できる歓び。

自分が携わったお店が完成し引渡を迎えたときの達成感や充実感は何物にも代え難いもの。

クライアントからいただく感謝の一言は次のステージに向けた大きな原動力です。

一人が全ての工程に密に関わるスペースのワークスタイルであれば尚更です。モノづくりの醍醐味を体験できるからこそスペースの若手社員は大きく成長できると感じています。

商空間を創造することの魅力の一つはそこに関わる人たちと共にひとつの感動を共有できることです。

そこにある価値観を、作る側と受け取る側、お互いが手に届く場所で共有できる歓びは自分にとってかけがえのないもの。

そして、この歓びの数ほどにプロとしての成長を重ねていきます。

組織の特徴
繋がることを知る。そして見えてくるもの。

『現場を知る』意味は入社して働くほどに分かってきます。クライントとの打ち合わせ、モノの作り方。現場での作業の進め方…

学ぶべきことは現場にあります。例えば、クライアントとの打ち合わせの中で想いやイメージを如何に引き出していくか。そこにはコミュニケーションの力が必要です。人間関係を繋げていくことが自身の成長を後押ししてくれます。

又、入社後は各部署で様々な仕事を学びます。初めはバラバラでも、やがてその経験が一つに繋がるとき一連の流れを理解できます。仕事をして大きな手応えを感じる瞬間です。

企業概要

創業/設立 創立:1948年7月14日(昭和23年7月14日)
設立:1972年10月5日(昭和47年10月5日)
本社所在地 東京都中央区日本橋人形町3-9-4
代表者 代表取締役社長 佐々木靖浩
資本金 33億9,553万円
売上高 464億58千万円(2018年12月期)
507億46千万円(2017年12月期)
492億43千万円(2016年12月期)
513億71千万円(2015年12月期)
482億49千万円(2014年12月期)
422億35千万円(2013年12月期)
従業員数 927名 (2018年12月現在) 
事業所 全国15ヶ所・海外2ヶ所のネットワークでお客様のビジネスをサポート

▼地区本部
└ 東京本部・名古屋本部・大阪本部・福岡事業部・制作本部

▼事務所
└ 札幌・仙台・横浜・金沢・静岡・広島・松山・松山第2・鹿児島・沖縄

▼海外
└ 上海・香港
沿革 1875年・・・ガラス商創業

1948年・・・名古屋市西区においてカトウガラス(株)を設立

1954年・・・カトウ美装(株)に社名変更、店舗の設計・施工の会社として本格的に活動を開始

1973年・・・カトウ工芸(株)設立

1976年・・・東京事務所開設

1978年・・・静岡事務所開設

1979年・・・カトウ工芸(株)は(株)スペースシステム研究所に商号を変更

1980年・・・大阪事務所・金沢事務所開設

1981年・・・東京事務所を東京カトウ美装(株)に分離独立

1982年・・・一級建築事務所登録

1984年・・・建設業者登録

1985年・・・(株)スペースシステム研究所は(株)東京スペースに商号を変更し東京カトウ美装(株)の営業を譲受

1986年・・・香港にSPACE JAPAN Co.,Ltd. 設立

1989年・・・(株)スペースに商号を変更

1991年・・・(株)東京スペース及び(株)カトウ開発を吸収合併

1992年・・・京都事務所・札幌事務所開設

1994年・・・横浜事務所・福岡事務所開設、日本証券業協会に株式を店頭登録

1996年・・・松山事務所開設

1997年・・・仙台・広島事務所開設

1998年・・・本社所在地を東京都中央区に変更

1999年・・・東京証券取引所及び名古屋証券取引所市場第二部に上場

2006年・・・鹿児島事務所開設

2010年・・・上海にSPACE SHANGHAI Co.,Ltd. 開設

2011年・・・SPACE SHANGHAI Co.,Ltd. が建築装飾装修工程設計及び施工の許認可取得

2012年・・・東京証券取引所市場第一部に上場

2015年・・・沖縄事務所開設

採用連絡先

【お問い合わせ・書類送付先】
管理本部 人事企画本部  人事部 新卒採用事務局宛て
東京都中央区日本橋人形町3-9-4
TEL:03-3669-5474