エム・シーシー食品株式会社

エム・シーシー食品株式会社(エムシーシーシヨクヒン)の新卒採用・企業情報

正社員 応募受付終了

エム・シーシー食品株式会社

【食品】

当社は神戸の調理食品専業メーカーとして、常に「安全で美味しい」食品の提供を約束いたします。そのため、兵庫県産バジルをはじめとして、原料の国産化に向けた取り組みを進めてまいります。当社のキャッチフレーズは「味の感動を伝える―。」、これにはお客様の笑顔を思い浮かべながら製品づくりに取り組む想いが込められています。
高品質なカレー、スープ、パスタソース、ハンバーグ、ピッツァ、等の豊富なラインナップの調理缶詰・レトルトパウチ・冷凍食品を取りそろえ、食文化の担い手として皆様のお役に立ちたいと願っております。また、当社は「調合(ブレンド)ではなく料理(クッキング)をする」ことを大切にしております。調理技術を活かした高品質な商品作りを通じ、安全で美味しい食品をお客様へ提供いたします。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 過去10年赤字決算なし

  • 安定した顧客基盤

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
調理缶詰、調理冷凍食品、レトルトパウチ食品の製造、販売

調理技術を活かした高品質な商品作りを通じ、安全で美味しい食品をお客様へ提供いたします。

事業・商品の特徴
『兵庫県産バジル』商品化

<『兵庫県産バジル』商品化について>
私たちは、我が社で人気のジェノベーゼソースの原料であるバジルペーストを地元にて生産・使用することで地域への恩返しをしたい、ヒット商品であるジェノベーゼソースを更に美味しくしたい、そして我が社の主力商品だからこそ原料の安心・安全にこだわりたいという思いから、たつの市:株式会社ささ営農様と連携し、『兵庫県産バジル』商品化の取組みを進めてきました。
農業生産者の方々と培った信頼関係より、更なる国産バジルペースト生産事業を進めて参ります。

<イタリア・ミラノにて万国博覧会『食EXPO参加』>
2015年5月1日~同年10月31日の期間、イタリア・ミラノにて万国博覧会が開催され、エム・シーシー食品株式会社も兵庫県出展事業に参加しました。バジルの本場イタリアに、「兵庫県産バジル」の素材はもちろんのこと、調理例を積極的に紹介し、「農」「食」「観光」と資源豊富な兵庫県の魅力の一つとして全世界に配信しました。

ビジョン/ミッション
エム・シーシー食品の取り組み

エム・シーシー食品株式会社は食の最先端情報をすばやくキャッチし、商品を独自の切り口で開発し、新しい食のトレンドを創造しております。例えば、当社の想いと社会的な意義とが共鳴し、協力により創り上げられた「協創シリーズ」では、神戸市消防局とのコラボ商品である「消防隊カレー」、そして2019年には兵庫県警察とエム・シーシー食品とがコラボレーションし「災害と闘う救助隊員のカレー」を開発しました。こちらは防災意識を高めるだけではなく、おいしさも追求した商品となっています。

<協創シリーズ>
1)神戸市消防局とのコラボ商品【消防隊カレー】
『災害時にも本当においしいものを食べて元気になってほしい』そして『商品を手に取った方々に、改めて防災について考えてもらいたい』という強い想いから、阪神・淡路大震災を経験した「神戸市消防局」と神戸の「エム・シーシー食品株式会社」がコラボレーションして作ったカレーです。
商品パッケージの裏面に防災情報を掲載することで、従来型の防災広報と異なり、「食」という生活シーンに溶け込んで、これまで防災情報に触れる機会が少なかった方々に対しても、より自然な形で日常的に防災広報を行うことを狙いとしています。

2)兵庫県警察とのコラボ商品【災害と闘う救助隊員のカレー】
『災害時にも本当においしいものを食べて元気になって欲しい』という想いから、阪神淡路大震災を経験した「兵庫県警察」と神戸の「エム・シーシー食品株式会社」がコラボレーションしました。救助隊員の声を聞き、災害で火が使えないケースでも加熱する必要がなく、温めてもそのままでもおいしい辛さ控えめのカレーを作りました。
商品パッケージの裏面には市民に防災意識を高めてもらおうと、率先して避難することや、日頃から防災情報を確認するよう呼び掛けるメッセージが書かれています。

私たちの仕事

【営業部門】
・商品の販売を行います。当社は法人営業中心となっております。
【生産部門】
・製造業務:商品の製造を行います。
・管理業務:生産の管理を行います。また資材部門では商品の包材・材料を管理・購入を行います。
【品質保証】
・商品の品質管理を行います。
【商品企画】
・商品の開発、企画を行います。
【管理部門】
・人、お金、物流、情報等の管理を行います。

はたらく環境

組織の特徴
食のトレンドメーカーとして「味の感動」をつくりつづけています。

<食のトレンドメーカー>
ファッション都市、神戸で生まれて60年。エム・シーシー食品株式会社は、素材缶詰の時代に調理缶詰、素材冷凍食品の時代に調理冷凍食品を他社に先駆けて商品化。つねに時代を先取りしたチャレンジ精神で新商品をつぎつぎに発表してきました。
最近では、業務用商品で培ったプロの技を家庭用商品の中に取り込み、より多くの方々に「ほんものの味」の醍醐味、感動をご家庭でもお手軽に味わっていただける様になりました。
食の最先端情報をすばやくキャッチし、商品を独自の切り口で開発し、新しい食のトレンドを創造するエム・シーシー食品株式会社は、プロのキッチンの調理手順、伝統を受け継ぎ、「世界の味と食文化を日本へ、日本の味と食文化を世界へ」発信し続ける総合食品会社です。

<継続的社会貢献ー神戸ルミナリエ協賛事業への参加>
1995年1月17日未明、「阪神・淡路大震災」が突如人々を襲いました。犠牲者への慰霊と鎮魂、そして神戸の復興と再生への夢と希望を託して、大震災が発生した年の1995年12月より『神戸ルミナリエ』が始まりました。
エム・シーシー食品では『神戸ルミナリエ』開催の趣旨に共感し、第1回開催時から継続して協賛を行っております。また、2015年以降毎年開催されている神戸ルミナリエ協賛事業『踊る!KOBE 光のファウンテン』にも毎年出展しており、神戸の調理食品専業メーカーとして継続的に参加をし、神戸ならではのユニークな「食の逸品」を提供しています。

働く仲間
女性が活躍できる雇用環境整備を行っております。

<働きやすい環境づくり>
当社ではワークライフバランスを大切にしており、男性・女性ともに働きやすい環境を目指しています。
女性活躍推進については厚生労働省「女性の活躍推進企業」に登録し、行動計画を掲げ、目標に向かって取り組んでおります。例えば、育児短時間勤務制度についてはその対象期間を3歳から小学校3年生までに延長し、勤務しやすい環境づくりに努めております。

職場の雰囲気
アットホームなの雰囲気の職場です。

幅広い年齢層の社員がいますが、年齢に関係なく和気あいあいとした雰囲気です。アットホームな職場で、困ったことがあってもすぐに相談できる仲間がたくさんいます。

社風
エム・シーシー食品株式会社の社訓

一、何故かどうすればの積極的な考え方で日々の仕事に体当たりする。
一、製品は我々の分身であるとの信念で一つ一つの作業をおろそかにせず魂を打ち込む。
一、エム・シーシーの“世界の味”は安全で美味しいという自信ある製品をつくりお客さまの健康に奉仕する。
一、会社の繁栄と社員の幸福とが一致する経営をする。

企業概要

創業/設立 設立 1954年(昭和29年)1月
本社所在地 〒658-0023 
神戸市東灘区深江浜町32番
代表者 代表取締役社長 水垣宏隆
資本金 9000万円
売上高 129億(2018年8月期)
従業員数 307名 (2019年04月現在) 
事業所 ■東京支店
■名古屋支店
■大阪支店
■福岡支店

■甲南工場・本社事務所
■神戸工場
■住吉工場
エム・シーシー食品株式会社 http://www.mccfoods.co.jp/

採用連絡先

〒658-0023 
神戸市東灘区深江浜町32番
役員室・人事総務グループ 小嶋
kojima_t@mcc-kobe.jp
電話:078-451-1471 FAX:078-451-1512
http://www.mccfoods.co.jp/