四国紙商事株式会社(シコクカミシヨウジ)のキャリタス限定情報

正社員

四国紙商事株式会社

【商社(紙)】

東京なのに四国紙商事。 エントリー

紙の意義

人と人を結ぶ掛け橋。
私たちは“紙”を通して豊かな暮らしを創造します。

昔から、人は紙に文字をしたためてきました。
人間関係の中心に、“手紙=ことば”があったのです。
昔と変わらず、手紙だからこそ伝わる真心があります。
そう、紙はコミュニケーションの中心にあるのです。
わたしたちは、紙=人と人を結ぶ掛け橋を通して潤いのある豊かな暮らしを創造していきます。

四国紙商事の3つの柱

求められる「紙」を
お客様にお届けしたい。

四国紙グループは、「紙」の販売・物流を中心とする専門商社です。
現場で情報を収集し、ニーズに応えていく「販売」の力、首都圏を網羅するネットワークを持つ「物流」の力、そして、グループ内の密接な結びつきによる「人材力」。
この3つの力で、紙を媒介したコミュニケーションを生み出しています。

四国紙グループを支える3つの柱
四国紙商事の営業

お客様のニーズに応える、
提案型営業。

営業活動の目的は、最終的には、我々の製品を購入してもらうことにあります。
これは、いつの時代も変わりありません。
私たちは、製品を通じてお客様と深く繋がっていきます。
それは単純に「製品・モノ」を売るだけではなく、お客様が抱える問題や悩みを的確に把握し解決することです。
お客様から得られた情報をもとに、問題を解決する高度なコミュニケーションスキルや良好な関係を構築する柔軟性も求められるでしょう。
私たちの製品提供は、お客様とともに成長するための手段に過ぎないという考え方だからです。

先輩社員の声はこちら

  • エントリー
  • 採用情報