株式会社ココスジャパン

株式会社ココスジャパン(ココスジャパン)の新卒採用・企業情報

ジャスダック 正社員

株式会社ココスジャパン

【フードサービス】

ココスを含むゼンショーグループのビジョンは、
「世界から飢餓と貧困を撲滅する」
そしてココスが目指すのは、「世界一のファミリーレストラン」
その実現のために、グループシナジーを用いながら、
幅広い層のお客様に向けて、豊富なメニューを専門店にも負けない美味しさとお手頃な価格で提供しています。
例えばレストラン業界に先駆けて本格的な朝食バイキングの導入や、
多目的トイレの設置など、すべてのお客様に満足していただけるレストランを作り上げてきました。
これからも、創業約40年の伝統と時代の変化に対応する柔軟性を兼ね備えながら、ココスは世界一のレストランへと成長します。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 営業力が自慢

  • 無借金経営

  • 実力と成果を重視

  • 社長が30歳代以下

私たちの魅力

事業内容
これからも拡大する店舗数と増え続ける活躍できるフィールド

現在ファミリーレストラン「ココス」を585店舗(ライセンシ―含む)、メキシカンレストラン「エルトリート」を4店舗経営していす。
2018年に全国47都道府県すべてに出店を完了し、
現在も九州・沖縄地方を中心に積極的に出店を継続しています。
それと同時に若い力が活躍するフィールドも増え、
責任と裁量権の多い仕事を若くして経験することが出来ます!

事業戦略
世界中を笑顔にするフェアトレード

皆さんはフェアトレードを知っていますか?
フェアトレードは、途上国の生産者と継続的に公正な価格で取引を行うことで、生産者が持続的に生産を行い、生活の向上ができるよう支援する取引の方法です。
このフェアトレードをココスを含むゼンショーグループ全体で取り組んでいます。
さらには取引額の一部を現地の社会貢献事業に投資させていただいています。例えばルワンダや東ティモールでは水道設備の建設を行っています。

ココスはグループの中でも、フェアトレードで取引した農作物(コーヒー・紅茶・カカオ)を積極的に店舗で使用。
実は全取引量の半分以上をココスが使用しています。(主にドリンクバーで使用)
これからもココスが成長するとともに、世界中に笑顔の輪が広がっていきます。

事業・商品の特徴
業界TOPクラスの取り組み(朝食バイキング・低アレルゲンメニュー)

■朝食バイキング
ココスは業界に先駆けて本格的な朝食バイキングを導入。
朝の時間帯はひとそれぞれ、忙しいサラリーマンの方がささっと朝食を済ませたり、家族連れのお客様がゆったりと朝食を楽しんだりと様々なシーンに適合できるのがバイキング形式の魅力。
毎朝店内で焼き上げているこだわりのパンや、季節を感じれる料理等、お客様の期待を超える商品を揃えています。

■低アレルゲンメニュー
これは8大アレルゲン(乳・小麦・卵・落花生・そば・エビ・カニ・大豆)を使用せずに作成したメニュー。
ココスでは現在カレーやハンバーグなどレストラン業界随一の5種類を導入しています。
ご家族の中にアレルギーをお持ちな小さいお子様がいらっしゃっても安心して召し上がれる環境を整えています。

私たちの仕事

ココスジャパンでは、能力と成長を、明確な基準を持って判断しています。
入社後のオペレーションスキルから始まり、コントロールスキル、店舗経営の基礎知識、経営管理能力をきめ細やかな育成プランを通して身につけます。
経営者に必要な能力を習得し、世界を舞台に活躍する人財を目指すフィールドがあります。


|第1段階| トレイニー    /  1年目

~経営の基礎を習得する
店舗運営に必要な作業を、決められた時間内にマニュアル通り行う技術を徹底的に訓練し、店舗経営の基礎を身につけます。

|第2段階| ストアマネジャー /  2~3年目
~地域一番店をつくる
1店舗の経営者として、店舗資産や部下を責任持ってマネジメントし、最高の利益を獲得する重要なポスト。
店舗経営者として中長期的な目標を立てて地域No.1を目指し、店舗運営を行います。
(経営規模 : 1店舗、年商1億円、従業員30名) 

|第3段階| ブロックマネジャー /  8年目~
~地域一番店を広げる
1つの地域(約10店舗)を束ね、地域店舗の運営管理を行う重要なポスト。
部下の育成・担当地域の運営方針や経営目標の立案など高いレベルでのマネジメント力が求められます。
(経営規模 : 10店舗、年商10億円、従業員300名) 

|第4段階| ゼネラルマネジャー
~地域一番店の仕組みをつくる
広域(約60店舗)を経営管理すると共に、業態の革新的変化と進化を実行していく重要なポスト。

|第5段階| 取締役・代表取締役
経営ビジョン・戦略を決定する重要なポスト。
総合的な視野で経営戦略を図り、運営方針を決定していきます。
これまでの4段階の能力が備わって初めて携わることが出来ます。 

【ジョブローテーション】 
経営の基礎を身につけ、全社的な視点を持った経営者を育成するため、様々な部門を経験する制度があります。

はたらく環境

働く仲間
代表取締役社長 小野崎 聡

1970年代に登場し、急成長産業の代表として発展してきたファミリーレストラン。
ココスも、2017年に鹿児島宇宿店のオープンにより「全都道府県への出店」を達成。
すでに全国約600店舗を展開するまでになり、まさに成熟期にあるとも考えられます。
しかし、私たちの目指すものはまだまだ先にあります。国内のマーケットを見ても、
成長余地のあるエリアはたくさんあり、これまで以上に様々な挑戦を重ねることで、
新たなファンを獲得していくことができると考えています。例えばメニュー。
創業以来育て、支持されてきたスタンダードは大切にしながらも、専門店レベルのパスタの開発や、デザートを充実させることによるカフェ機能の強化に着手。
バスクチーズケーキの販売やタピオカにも目を向けるなど、
世の中のトレンドを機敏に取り入れたメニューの開発に挑戦しています。
また、四季ごとに季節性を感じられるフェアメニューは継続しながら、
シニア層にもヒットするメニューにも注力するなど、もっともっと魅力的なお店
にしていくために挑戦を続けています。
さらに海外に目を向ければ、食のビジネスにはさらに大きなチャンスが広がっています。
ココスは、“フード業界世界一”を目標に掲げるゼンショーグループで、レストラン事業の中核を担う企業です。
皆さんにとって、“世界”という言葉には距離を感じるかもしれません。
しかし、そこにつながる道は、いつの時代も店舗という現場にあります。
私が常々、現場のスタッフに語っているのは“店舗での経験の大切さ、面白さ”です。
店舗には経営者としてのあらゆるノウハウが詰まっています。
お客様と日々接する中で得られるマーケットの感覚、人とのコミュニケーション
やマネジメント、そして売上やコストといった数字と向き合うこと。自分自身を
振り返ってもそれらの経験が、その後様々なポジションで仕事をする際、
一番の力になっています。
ココスには、若くして経営に触れることができる環境があります。
人が好き、食が好きという気持ちがあれば、
ビジネスの力が身についていく会社です。皆さんには、その環境で力をつけ、
将来は世界企業の経営の一翼を担う人財となって欲しい。心からそう期待しています。

【代表取締役社長 小野崎 聡】

社風
出る杭は引っ張ります!

ココスは年齢に関係無く、認められ活躍できるステージがあります。
代表取締役の田邊が30代なのを皮切りに、ブロックマネジャーでも7年目、ストアマネジャーも2年目で登用されるなど、自分の頑張りをしっかりと評価してくれる制度が整っています。
(上司と年に2回の評価面談があり、半期を振り返って自分の出来たこと・出来なかったことを振り返ります)

オフィス紹介
グループならではの環境です

本部のある新南大井ビルには、
「なか卯」や、「ビッグボーイ」、「ジョリーパスタ」など、グループ各社が別フロアに本部を構えています。
そのため違う会社ではあるものの、社を越えた情報交換など人脈が大きくひろがるような環境です!
その他にもお昼休みには日替わりで各社自慢のお弁当販売があったりします!

企業概要

創業/設立 設立1978年4月
本社所在地 所在地:品川区南大井1丁目13番5号 新南大井ビル8F
本社:港区港南2丁目18番1号 JR品川イーストビル
代表者 代表取締役社長 小野崎 聡
資本金 31億9890万円
売上高 582億7,400万円(2018年3月期)
従業員数 正社員:487名
準社員:5,671名(正社員換算) (2018年03月現在) 
子会社・関連会社 【国内】
・株式会社 すき家本部
・株式会社 なか卯
・株式会社 ビッグボーイジャパン
・株式会社 華屋与兵衛
・株式会社 ジョリーパスタ
・株式会社 はま寿司
・株式会社 エイ・ダイニング
・株式会社 久兵衛屋
・株式会社 瀬戸うどん
・株式会社 TAG-1
・株式会社 善祥カフェ
・株式会社 ユナイテッドベジーズ
・株式会社 マルヤ
・株式会社 マルエイ
・株式会社 尾張屋
・株式会社 フレッシュコーポレーション
・株式会社 輝(介護サービス)
・株式会社 ロイヤルハウス石岡(介護サービス)
・シニアライフサポート 株式会社(介護サービス)
・株式会社 エンネルグ(介護サービス)
・株式会社 サンビシ(調味料、食料品の製造・販売)
・ヤマトモ水産食品 株式会社(水産物の加工・販売) 
・株式会社 トロナジャパン(ピザ生地の製造・販売) 
・株式会社 GFF(食材の製造・加工) 
・株式会社 ゼンショー商事(食材の仕入・販売・食品商社) 
・株式会社 テクノサポート (店舗のデザイン・設計・施工監理・建築資材の販売) 
・株式会社 グローバルテーブルサプライ(食器・店舗備品の仕入・販売) 
・株式会社 グローバルフレッシュサプライ(物流) 
・株式会社 グローバルITサービス(システム設計・ネットワーク構築) 
・株式会社 ゼンショーベストクルー(店舗従業員採用のサポート)
・株式会社 ゼンショービジネスサービス(事務処理サービス)
・株式会社 ゼンショーライス(米の精米販売・玄米集荷)
・株式会社 日本アグリネットワーク(青果調達・販売)
・株式会社 善祥園(肉用牛生産・酪農・飼料生産)
・株式会社 かがやき保育園(保育園事業)
・株式会社 ゼンショー・クーカ(給付型電子マネー事業)
・株式会社 ゼンショー・インシュアランス・サービス(保険事業)

【海外】
≪中国≫     泉膳(中国)投資有限公司
≪ブラジル≫   Zensho do Brasil Comercio de Alimentos Ltda.
≪タイ≫     Zensho(Thailand)Co.,Ltd.
≪マレーシア≫  Zensho Foods Malaysia Sdn. Bhd.
≪メキシコ≫   Zensho Food de Mexico S.A. DE C.V.
≪台湾≫     台湾善商股分有限公司
≪インドネシア≫ PT. Zensho Indonesia
≪ベトナム≫   Zensho Vietnam Co., Ltd.
≪アメリカ・カナダ・オーストラリア≫ Advanced Fresh Concepts Corp.
事業所 589店舗
◎直営店 / 510店舗(うちメキシカンレストラン「エルトリート」4店舗を含む)
◎ライセンス店(石川、富山、福井、岐阜、滋賀、京都、奈良)/79店舗
(2018年12月末時点)

採用連絡先

所在地
〒140-0013
東京都品川区南大井1丁目13番5号 新南大井ビル

本社
〒108-0075
東京都港区港南2丁目18番1号 JR品川イーストビル
人財開発部 採用課
TEL:03-6833-8009
採用フリーダイヤル:0120-29-8553
e-mail:recruit@cocos-jpn.co.jp
※お電話は月~金 9:00-18:00の受付となっております。

HP:http://www.cocos-jpn.co.jp/