株式会社船井総研ホールディングス

株式会社船井総研ホールディングス(フナイソウケンホールデイングス)の新卒採用・企業情報

東証 正社員

株式会社船井総研ホールディングス

【コンサルタント】

【経営コンサルティング業】
クライアント企業に「あるべき姿」を提示し、業績を向上させる仕事。業績を向上させることで、「永続する企業」を創り上げる仕事。100業種約6,000社の経営者と向き合い、経営者の夢や願望をカタチにする仕事。

  • 企業理念・ビジョンが特徴的

  • 3年連続で業績アップ

  • 20歳代の管理職実績

  • 女性の管理職実績

私たちの魅力

事業内容
会社名ではなく、仕事を誇れるということ

【自立したプロになるという選択】―船井総研の経営コンサルタントになるということは、仕事を自ら創り出し、自分の未来を自分で描いていく“生き方”を貫くこと。それは、世の中がどのような環境になっても、しっかり生きていく力をやしなうこと。

【自分という存在をまわりからどう覚えられたいか】―“○○会社に勤めている人”ではなく、“○○の分野で日本一のコンサルタント”。それが船井総研のコンサルタントたちが目指す場所。道のりは容易ではない。しかし、辿り着いた暁には、最高峰でしか見えない景色が待っている。

私たちの仕事

【100業界業種に関して、経営コンサルティングを展開】

船井総研では、業界・業種別に「100の分野」を対象として、経営コンサルティングを行なっています。たとえば、「広告・印刷業界」や「生産財(メーカー)・卸業」、「IT業界」、「飲食業界」、「環境ビジネス業界」など、“BtoC”から“BtoB”まで幅広くカバー。顧問契約を結んでいるクライアント企業数は、約6,000社に上ります。


【机上の空論で終わらない、業績向上コンサルティング】

経営コンサルティングでは、第三者として客観的な戦略立案が求められます。だが、いくら画期的な戦略でも、それをクライアントが実践し、結果が出なければ意味がありません。船井総研には、創業以来、業績アップにコミットしたコンサルティングにこだわってきた実績と歴史があります。経営者と膝をつきあわせて解決策を模索し、営業先や店頭など「現場」に入り込み、従業員一人ひとりの意識と行動に変革をもたらす。経営者と従業員の人生を変えるコンサルティングといっても過言ではありません。


【国内独立系“総合型”コンサルティングファーム】

経営コンサルティング会社の多くは、いずれかの業界に特化してサービスを展開しています。では、船井総研はなぜ単体で100もの業種をカバーできるのか?その秘密は独自の組織形態にあります。「業界業種別のコンサルティングチーム」をつくり、他のコンサル会社がカバーできない業種・業界にまで深耕。在籍するコンサルタント500名超がそれぞれ“その道の第一人者”としてクライアント各社から信頼を獲得しています。「専門性」と「総合力」を兼ね備えることで、圧倒的な差別化を実現しています。


【コンサル領域は100、専門分野は自ら決める】

100の業種に対して経営コンサルティングを行なっている船井総研。新入社員は、入社後に自らの意志で専門領域を決め、“その分野のトップコンサルタント(日本一)”を目指します。また、マネジメントを担う「管理職」になるか、「スペシャリスト」として生涯現場で活躍するか、将来のキャリアも自ら選択します。「自分の道は、自ら切り拓く」。それが船井総研の育成方針です。


【全国で約6,000社の企業と顧問契約、磐石の経営基盤】

コンサル会社である船井総研が、自社の経営を安定化できなければ、説得力はありません。その点、北は北海道から、南は沖縄まで、「顧問契約」を結ぶ企業は約6,000社にのぼり、また、会員企業が5万社を超えるなど取引基盤は磐石。また、船井総研の商品は「コンサルタント」そのものであり、製造業のように原価がかかることはありません。つまり、売上がほぼそのまま利益となる、利益率が高いビジネスモデルです。直近決算だけを見ても、自己資本比率が2期連続で「85%」を超えます。不況下でも、実質的な無借金経営を維持しています。

はたらく環境

働く仲間
「自由・自律・連帯」と「同根3割・異才7割」の価値観

船井総研が大切にしている考え方に、「自由・自律・連帯」がございます。

世界で一番自由な上場企業でありたいとの想いから、「何をするか」「どうやるか」「誰とするか」「いつやるか」など、数多くの自由を教授できる仕事が船井総研の経営コンサルタントです。

ただし、一人前になる前の人間が好き勝手やってしまうと、周りに多大な迷惑をかけてしまいます。

ですので、コンサルタントとして、社会人として、「自律(自立)」することも大切だと考えています。

また、自立した個が連帯をして業務を行うことで、新たな価値が創造できるとも考えています。

そういった考え方なども含め、全社員が共有している価値観が「船井流経営法」であり、船井流を根っこの部分の3割は全社員が共有した上で、それぞれの個性や強みを発揮していくことを、船井総研のメンバーは常に意識しています。

企業概要

創業/設立 1970年 3月 株式会社日本マーケティングセンター設立
1985年 3月 社名を「株式会社船井総合研究所」に変更
2004年12月 東京証券取引所市場第二部に上場
2005年12月 東京・大阪証券取引所市場第一部に指定
2014年 7月 持株会社体制へ移行
本社所在地1 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
本社所在地2 〒541-0041
大阪市中央区北浜4-4-10 船井総研大阪本社ビル
代表者 代表取締役社長 社長執行役員 中谷貴之
資本金 3,000百万円(2017年12月時点)
売上高 18,685百万円(連結・2017年12月末実績)
従業員数 941名(連結) (2017年12月現在) 
子会社・関連会社 株式会社 船井総研ホールディングス(東証一部上場)
船井(上海)商務信息咨詢有限公司
株式会社 船井総研コーポレートリレーションズ
株式会社 船井総研ITソリューションズ
船井総研ロジ株式会社
株式会社 プロシード
株式会社 HR force
事業所 東京本社
大阪本社
五反田オフィス
淀屋橋セミナープレイス
芝セミナープレイス

採用連絡先

人財開発本部 新卒採用チーム
【東京】
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル21階
電話番号:03-6212-2929
Eメール:recruit@funaisoken.co.jp
【大阪】
〒541-0041
大阪府大阪市中央区北浜4-4-10 船井総研大阪本社ビル
電話番号:06-6232-0191
Eメール:recruit@funaisoken.co.jp