株式会社QUICK

株式会社QUICK(クイツク)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

株式会社QUICK

【情報サービス|情報処理|ソフトウエア】

先輩情報

T.N(2013年入社)

営業セクション  

職種 法人向け営業(得意先が中心)
   
出身学部 法学部
専攻分野 法・政治学系

インタビュー

金融のプロにQUICKの情報・ツールをを紹介しています。

  • 情報本部では、国内企業の決算情報や資金調達(公募など)・コーポレートアクション情報などのメンテナンス業務を
    担当。各企業や取引所・金融庁などから発表される資料を迅速かつ正確にサービスに反映する役割を担う業務でした。

    営業本部では、ホールセール部門(証券会社や生損保系アセットマネジメント会社などの資産運用部門)のサポート業
    務を担当。金融のプロであるお客様の投資判断のために、QUICKの情報・ツールを的確に紹介します。(仕事内容は、2016年3月時点のものです。)

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    QUICKの「縁の下の力持ち」的な役割に親近感を感じて

    法学部を卒業。専門は会社法。併せてGDPなど経済統計についての記事や雑誌を読むのが好きでした。
    就職活動では、元々金融業界に興味がありましたが、金融業界におけるQUICKの「縁の下の力持ち」的な役割に親近感を持ち、志望しました。

  • 思い出に残る仕事

    「ネット証券5社 NISA口座の月次稼働状況」の情報を提供

    本件が思い出に残っている理由は以下の3つです。
    1.初めて個人で担当した大きな案件だったため
    2.制度変更など時流の変化に合わせ、素早く新規サービス提供するというQUICKの使命を実感できたため
    3.一年目の案件にも関わらず新聞で取り上げられたため
        
    本件は、大手ネット証券のNISA口座でどういった株や投信が買われたかをランキング形式で公表するほか、各社の売買状況に対するコメントも提供するサービスです。元来個社ごとの開示情報でかつ更新タイミングも統一されていませんでした。
    しかし情報提供元との調整の結果、QUICKで様式や更新タイミングを統一した形でリリースできました。
    投資信託の販売担当者から「売れ筋が分かるので販促がしやすい」、レポート作成者からは「月次の動向を俯瞰した考察が
    できるようになった」と、本サービスを評価していただけました。
    制度変更というビジネスチャンスに素早く対応するという、QUCIK業務の面白さを実感し、またNISA稼働率は定期的に注目の集まるテーマで、新聞でも本サービスのデータが取り上げられたことで、非常に達成感を得られました。

  • 仕事のやりがいは・・・

    ユーザー目線で「利便性」を追求し、サービスの質を向上

    金融機関のプロは「今後を予想し、投資方針を決める仕事」をしています。その判断材料は主に2つあります。
    1つ目は、ヒストリカルデータです。過去の相場動向を有効に検証するためには、データの「正確性」が最重要項目です。
    情報本部では情報の正確性を担保するために、細心の注意と工夫をしながら仕事をしています。
    2つ目は、リアルタイムデータです。ニュースやチャートなど、今何が起こっているかを迅速に判断できるよう、情報の「利
    便性」が求められます。いかにユーザーが利用しやすい形式で、ニーズを満たした情報を提供できるのか、情報の見せ方にも工夫が必要です。
    これから営業本部での業務を通じて、ユーザー目線で「利便性」を追求し、サービスの質を向上していきたいです。

  • メッセージ&アドバイス

    挑戦する楽しさと、日本の金融市場を支える「縁の下の力持ち」としての使命感

    「お金の流れをつくる」金融の仕事は、いつでもどこでも必要とされる一方、時代と共にそのニーズは高度化し、求められるサービスも刻々と変化しています。QUICKで働く上ではこうした変化をいち早くとらえる能力が求められます。
    是非皆さんにも新しいことに挑戦する楽しさと、日本の金融市場を支える「縁の下の力持ち」としての使命感を実感しても
    らいたいと思います!

仕事の特徴

  • プロジェクトの立ち上げに関われる仕事
  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • 社会のインフラを支える仕事