株式会社秀光(シユウコウ)の先輩社員、OB・OG情報

正社員

株式会社秀光

【家具・インテリア|設計|商社(家具・インテリア・日用品)】

先輩情報

諸田 幸輔(2013年入社)

近畿ユニット  

職種 法人向け営業(得意先が中心)
出身校 サレジオ工業高等専門学校
出身学部 デザイン学科
専攻分野 芸術系

インタビュー

空間やモノを創造する仕事

  • 私は研修期間を経て2年半営業職に携わっています。今年度からは、本社から近畿営業所(大阪)へ異動しました。
    お客様の要望をヒアリングし、それをどのように形にしていくかを、お見積りや図面を使って打ち合わせていく業務をメインに行っています。
    そうして創造した空間を、工場へ依頼して製作し、現場に納品するところまでが大まかな仕事の流れです。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    チャレンジ精神のあるモノづくりの会社に

    学生の頃はインテリアの勉強をしていて、空間設計やモノづくりに興味を持っていました。仕事はどちらからもアプローチができて、実際に製造しているメーカーを考えていました。
    その中で秀光は、イタリア製の独自のプロダクトを持っていて、什器から空間まで、自らの手でプロデュースできるチャンスがある事に魅力を感じて入社を決めました。
    また実家が東京なので最初は通える範囲というのも、理由の一つです。

  • 仕事のやりがいは・・・

    考えたアイデアが、引いた線が形になる

    秀光はメーカーでもあり、デザイン提案もする企業の為、自分たちで考えたアイデアを自分たちで形にすることができます。
    当たり前のように感じますが、全国規模でそのような展開をしている企業はあまり多くありません。
    かつ、中小企業ならではの工場との近さがあり、提案の中で試作検証しながら、お客様に提示することができます。そうしてアイデアを形にしていくところは大変さもありますが、お客様に使っていただく時には、やはり嬉しく思います。
    また、営業として物件の最初から最後まで見れることも、やりがいの一つだと思います。

  • 当社のいいところ

    本当にいいと思ったことが言える

    メーカーである以上自社の商品をより多く売りたいのが、企業としての本音ですが、秀光は違います。
    お客様の為に良いと思ったことは迷わず勧めますし、違うと思ったら違うといいます。担当者に嫌われようとも、本当にいいもの、空間を作る為には言いにくいことも言うのが方針の為、結果的にはお客様にも信頼されています。
    商品がいいとか、チャレンジ精神があるとかもありますが、入社してからは私はそういう風土が秀光の一番良いところだと思っています。

  • メッセージ&アドバイス

    情報に惑わされずに、自分の入社後のイメージをつくる

    就活を見ていると、後悔したくないからと色々なところを見に行って、色んな情報を仕入れて結果決められない人が多くいると思います。色々な人や企業から話を聞いてたくさん情報を得るのは大切なことだと思います。
    しかし、大事なのはその情報を自分の中で取捨選択することだと思います。後悔は絶対、大なり小なりします。仕事を辞めたいと思ったことのない人なんて、どんな会社のどんな年齢の人に聞いたって、いないと思います。
    例え優良企業と言われるところであっても、それは例外ではありません。でも楽しいこと、自分にとって良いことがある仕事を皆、続けています。なので、入社してから、どんな事を私はしたいかなとイメージして、しっかりと自分の意志で選ぶという事をしてほしいなと思います。

仕事の特徴

  • プロジェクトの立ち上げに関われる仕事
  • 人と接する力を磨ける、コミュニケーション能力必須の仕事
  • 自分のアイデア・企画が生かせる仕事
  • 常に新しいことにチャレンジできる仕事
  • 若いうちからマネジメントできる仕事