大成建設株式会社

大成建設株式会社(タイセイケンセツ)の先輩社員、OB・OG情報

東証 名証 正社員

大成建設株式会社

【建設|設計|不動産】

先輩社員

上田 えり(2009年入社)

東京支店 管理部事務センター(取材当時)  

職種 総務・業務
   
出身学部 経済学部 経済学科
専攻分野 文学系

インタビュー

すべてがオリジナル。

  • 事務担当者は、人事・総務・経理・法務といった、工事を支える業務の全てを担当しています。また、私たちは、幾つかの現場を担当するため、それらの業務を複数の現場で同時に進めています。工事現場によって、社員、職人、発注者、近隣、施工環境全てが違い、完成させるものも違うため、ひとつとして同じ仕事はありません。事務の仕事では、どこの現場もルールは同じですが、現場に合わせてカスタマイズする必要があるのです。そこが難しくもあり、刺激もあって面白く、個性が表れます。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    魅力あふれる人たちとの出会いに惹かれて

    就職活動で、最もこだわったのは、「人」でした。どんな仕事であっても、人との協力なしに成し得る仕事はありません。共に働く人や、その人たちが作る社風が、自分に合わなければ長く働くことはできない、と思っていた私に先輩が勧めてくれたのが、大成建設でした。出会ったリクルーターは、大成建設の長所だけではなく、改善すべきと感じている点も隠さず話してくれました。そのような中で、世界で唯一のものを造り上げるやりがいと社風に惹かれ、入社を決めました。現在は、事務の仕事を通じて現場ごとにたくさんの出会いがありますが、ただ共に仕事をするだけの関係ではなく、絆が生まれることもこの仕事の魅力だと感じています。

  • 仕事のやりがいは・・・

    私の「地図に残る仕事。」

    印象に残っているのは、着工から完成まで携わった大倉本館とアーク灯です。アーク灯は、大倉本館とならび、大成建設にゆかりの深い街灯です。完成時に関係者を招いて除幕式を行うことになったのですが、銀座は観光客を含め人通りが多いため、車道すぐ横の歩道において、人々の通行を妨げず、高さ11m60cmのアーク灯から、安全に幕を取り去るにはどうすべきかが大きな課題で、近隣の方々や社内のあらゆる部署に相談しながらシミュレーションを重ねました。無事に式典が終了し、多くの来賓が満足している様子を見たときは、ほっと胸をなでおろしました。この経験は、私に自信をくれたエピソードであるとともに、記憶に深く刻まれた仕事でもあります。

  • メッセージ&アドバイス

    一生に一度のことなので、悔いの残らないように!

    社会人になるに当たっての就職活動は、人生の中で一度しかありません。数十年後にもいきいきと働き続けられる会社であるかを見極めるために、視野を広く持ち、たくさん足を運んで様々な企業を見てください。恐れず貪欲に悔いが残らない就職活動を!