大成建設株式会社

大成建設株式会社(タイセイケンセツ)の先輩社員、OB・OG情報

東証 名証 正社員

大成建設株式会社

【建設|設計|不動産】

先輩社員

畑越 美慧(2011年入社)

東京支店 土木工事作業所(取材当時)  

職種 施工管理
   
出身学部 理工学部 土木工学科
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

「地球の医者になりたい」という想いが大成との接点。

  • 2011年の9月から、下北沢にある作業所に配属となりました。
    私鉄の連続立体交差事業及び複々線化事業です。道路と線路を立体交差化し、踏切をなくすことによって周辺の道路の渋滞を解消すると同時に、電車の通過時間の短縮をもたらすことのできる工事です。単純に線路敷地幅を拡幅するのではなく、地中空間を使い複々線化をすることで、既存の路線営業を止めることなく工事が進められています。
    私がこの現場に配属となり、はじめて足を踏み入れたときは、その迫力に圧倒されましたね。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    「地球の医者」である、いざなったのは、父の背中。

    土木工学に興味を持った理由は、土木事業が「地球の医者」のような仕事に思えたため。また、幼少のころ、シンガポールで見続けた父の背中に影響していたかもしれません。当時父は現地でプラント建設のプロジェクトに従事しており、設備工事の責任者でした。巨大なモノづくりに携わる頼もしい背中を、無意識に追いかけていたのかもしれません。
    大成建設に志望した理由は、ゼネコンの中においても海外での実績が豊富であり、女性にとっても働きやすい環境があると感じたためです。

  • メッセージ&アドバイス

    女性に理解のある会社。やりたいことができるかどうか、しっかり見極めよう。

    まだ入社して間もない私ですが、女性に理解がある会社・社風だと思っています。現場でも浮くことなく、溶け込める雰囲気がありますし、わからないことが聞きづらいようなことは一切ありません。
    私は、社会を営む基盤づくりをしている大成建設に、自分のやりたいことを発見することができました。就職活動では、本当に自分がやりたいことは何かをしっかり考え、会社選びをすることが大切だと思います。