大成建設株式会社

大成建設株式会社(タイセイケンセツ)の先輩社員、OB・OG情報

東証 名証 正社員

大成建設株式会社

【建設|設計|不動産】

先輩社員

長谷 洋司(2004年入社)

建築 関西支店作業所(取材当時)  

職種 施工管理
   
出身学部 自然科学研究科 建築学専攻
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

完成後のにぎわいをイメージしながら、建物ができるまでを見届ける仕事。

  • 施工管理の仕事は、設計図や施工図をもとに必要な材料、作業員を手配をします。そして進捗や工程の管理、品質管理、そして施工の安全面に気を配り、建物の竣工までを見届けていきます。設計図や施工図に従って進めればすべてOKというものではなく、施工の効率を考えて手順を考え指示をする必要があったりと、私たち施工管理が判断しなければならないことがたくさんあります。私たちの判断如何で工期は大きく影響を受け、また、それがコストに直接反映されてしまうので、あらゆる可能性を考え情報を整理検討し、適切な指示をしなければなりません。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    社会に影響を与えるプロジェクトに携わりたい。

    子どものころから漠然と建物に興味があり、建設関連の研究を大学院に進学するまで続けることに繋がりました。就職活動においては、どうせなら社会に大きな影響を与えるプロジェクトに携わりたいと思いゼネコンを志望。大成建設の業界の中でも充実した研修体制や先輩のノウハウを積極的に後輩たちに伝えていこうというスタンスに共感し、入社を希望しました。

  • メッセージ&アドバイス

    最初は、わからなくて当たり前。どんどん、コミュニケーションしていこう。

    建築や土木を勉強して会社に入っても、おそらくはじめのころは何をしていいのかわからず、戸惑ってばかりだと思います。それだけではなく、経験がないため適切な判断ができず、職人さんたちに怒られる、なんてこともあるでしょう。集合研修で久しぶりに会った同期入社の仲間と話してみたりすると、みんな同じような状況だということもわかるはずです。
    そこでアドバイスですが、はじめは誰でも、わからなくて当たり前。わからなければ、わかる人に聞けばいいのです。先輩、上司はもちろん、一緒に働く職人さんたちにも、どんどん聞きましょう。
    この仕事で大事なのは、コミュニケーション。あなたから、仕掛けていきましょう。