大成建設株式会社

大成建設株式会社(タイセイケンセツ)の先輩社員、OB・OG情報

東証 名証 正社員

大成建設株式会社

【建設|設計|不動産】

先輩社員

藤 悠子(2007年入社)

設計本部 建築グループ(取材当時)  

職種 建築土木企画・設計
   
出身学部 理工学研究科建築学専攻
専攻分野 土木・建築系

インタビュー

誰もが感じる感覚を大切に、ヒューマンスケールで人を笑顔にする空間をつくりたい。

  • ホテルグループに在籍して、宿泊施設の設計を担当しています。ホテルの設計は装飾的なデザインを要求されることが多く、入社当時はどこにプライオリティを設定すればいいのかわからなくなることもありました。ですがホテルは根本的に人が楽しむための空間。人がどのように使うのかをヒューマンスケールで考えればいいんだということに気がついてから、楽しく仕事ができるようになりました。現在担当している温泉施設のお風呂は、あえて四角形ではなく凸凹のプランにし、同じ面積で周長をのばすように設計しました。お風呂ってみんなへりによりかかりながら入るのが好きですよね。こうすることで、みんなが居心地のいい場所を見つけられるんじゃないかと考えたのです。誰もが感じる感覚を大切にしています。

  • 入社を決めた理由を教えてください。

    建築好きの個性的な先輩がいっぱい!

    大成建設の設計本部で行われた会社説明会になんとなく参加してみたのです。それまではサラリーマン設計者はルーティンワーク的に仕事をしている感じがしてあまりいいイメージを持っていなかったのですが、先輩たちの話を聞くことで印象がまったく変わりました。大学の先生みたいにディテールを熱く語る人がいたり、工事現場の仮囲いのデザインをしている人がいたり……、通常業務とはちょっと違う課外活動的なことに一生懸命になっている先輩たちの姿が楽しそうだし魅力的だと思いました。

  • メッセージ&アドバイス

    飾らずに、等身大でいるのが一番。
    肩の力を抜いて、能力を発揮して!

    私の場合は就職活動をしながら当社に入社することを決めていったので、気負いがなかったのが良かったのかもしれません。本当はポートフォリオをしっかりまとめておけばよかったなと思うこともあったのですが、現状を受け入れて今あるもので何とかしようという感じでやっていました。肩に力が入らない方が、自分の能力を発揮できると思います。普段考えていることを素直に説明すれば、自分がどんなことを考えていて、どんな人間なんだということが相手にも見えてくるはず。飾らずに等身大でいるのが一番だと思います。