トーハツ株式会社(トーハツ)の新卒採用・企業情報

正社員

トーハツ株式会社

【輸送用機器|自動車】

【船外機は国内ではパイオニア的存在!可搬消防ポンプは国内で高いシェアを誇るトップクラスメーカー!】

トーハツ株式会社(TOHATSU)は船外機や可搬消防ポンプの 開発~製造、販売までをトータルで手がけています。
当社は両製品の国内パイオニアメーカーです!
現在、マリン事業と防災事業を中心に、国内のみならず世界100ヶ国以上でビジネスを展開しています。

  • 新商品・サービス開発に積極的

  • 海外事業展開に積極的

  • シェアNo.1サービスあり

  • 特許やオンリーワン技術あり

  • 自己資本比率40%以上

私たちの魅力

事業内容
理念と技術を誇る船外機と可搬消防ポンプのトップクラスメーカー

小型船舶の「船外機」の製造販売を行うマリン事業。消火活動に使われる「可搬消防ポンプ」やポンプを搭載した「小型消防ポンプ積載車」を製造販売する防災事業。トーハツはこの2つの事業を中心に世界でビジネスを展開しています。そしてトーハツは日本における両製品のパイオニアメーカーであり、今年創業97周年を迎えます。トーハツの成長を支えているのは「社会貢献」という企業理念と創業時から蓄積してきた技術力。そして、私たちの製品はすべてメイドインジャパン。「創る楽しみ、信頼される技術を世界に」私たちの挑戦は続きます!

事業・商品の特徴
マリン事業と防災事業。人々へ豊かさや安心・安全を提供します。

船外機は国内のパイオニアメーカーであり、生産開始から60年以上の歴史があります。船外機は使用する人々へマリンスポーツや釣りなどのレジャーや漁業などをとおして豊かさを提供しています。可搬消防ポンプも国内のパイオニアメーカーであり、国内トップクラスのシェアを誇ります。可搬消防ポンプは災害時には罹災された人々へ安心・安全を提供しています。また、防災活動をより広く展開するために水陸両用車も取り扱っています。世界中へ安心・安全を提供するため日々チャレンジが続きます。

ビジョン/ミッション
製品も人材もアクティブでグローバルな企業へ。

現在、世界中に製品をより多く提供する為、更なるグローバルマーケット開拓を目指し、地球規模での販売網構築を進めています。同時に各国にディストリビューターを開拓し、国内における事業基盤の強化とともにグローバルな企業への足場を固めいています。トーハツ株式会社は2022年に創業100周年を迎えます。これからも世界のマリンレジャー、業務市場をより豊かにする為に、あらゆる災害から人々の生命・財産を守る為に、トーハツは挑戦し続けます。

私たちの仕事

●設計・開発、実験業務(技術開発部門) 
開発、設計から実験を重ね、製品化していく技術開発部門。 
船外機及び可搬消防ポンプのパイオニア的存在として、長年にわたり培ってきた技術をベースに、また新たな技術の研究を重ねて、新製品を開発するために日々力を注いでいます。 

●国内営業業務(営業部門) 
当社の営業部は、主に船外機を扱う「マリン営業部」と主に可搬式消防ポンプを扱う「防災営業部」に分かれ、それぞれ国内販売を担当する課と海外販売を担当する課に分かれています。 
クライアントに対して会社の顔となる重要な役割を果たしています。 
今年は国内営業を積極募集しています。

●経理業務(経理部門) 
会社になくてはならない、バックオフィス部門。 
デスクワークが主なので、静かそう等のイメージを持たれがちですが、技術開発部門、製造部門、営業部やその他様々な部門との連携が非常に重要になります。
メーカー経理として、段階的にスキルアップし、様々な業務に挑戦できる環境があります。

弊社の製品は全て国内生産にこだわっており、安全で高品質な製品を国内のみならず世界100ヶ国以上にお届けしています!

はたらく環境

オフィス紹介
勤務地となるオフィスをご紹介します!

都営三田線志村坂上駅より徒歩3分の立地に、営業・管理部門があります。

職場の雰囲気
研究開発部門はこちら!

JR赤羽駅東口より国際興業バス赤23「西新井駅行」に乗車。
「榎木橋」降車、徒歩2分。
2018年9月に竣工した、新しいオフィスです!

企業概要

創業/設立 設立1932(昭和7)年10月20日
本社所在地 〒174-0051
東京都板橋区小豆沢3-5-4
代表者 代表取締役社長 日向 勇美
資本金 5億円(1,000万株)
売上高 186億円 (2018年3月期実績)
従業員数 460名 (2019年02月現在) 
子会社・関連会社 トーハツマリーン株式会社
テクノ化成工業株式会社
TOHATSU AMERICA CORPORATION
事業所 ■本社/東京

□営業所/大阪、東京
□研究開発拠点/川口(埼玉県)
□工 場/駒ヶ根(長野県)
沿革 大正11年 4月 東京府東京市京橋区(現在中央区)にタカタモーター研究所を開設。 
大正14年 5月 タカタモーター企業社と改称し、事務所を芝区(現在港区)に移し、工場を本所区(現在墨田区)に開設する。 
昭和7年10月 株式会社組織に改組し、資本金50万円にてタカタモーター製作株式会社として新スタートを切る。 
昭和14年 5月 資本金を150万円に増資、社名を東京発動機株式会社と改称する。 
昭和22年 3月 本社を中央区京橋に移転する。 
昭和24年10月 わが国でいち早く可搬消防ポンプを開発、販売開始する。
昭和38年 4月 トーハツ車輌株式会社を吸収合併し、資本金5億円となる。 
昭和47年 6月 社名をトーハツ株式会社(TOHATSU CORPORATION)と改称する。 
昭和63年 5月 自治体向、軽四輪駆動消防車を生産、販売開始する。 
平成元年10月 賃貸用建物・志村坂上病院ビル竣工。 
平成14年 5月 米国に販売会社TOHATSU AMERICA CORPOLATION (TAC社)を設立、業務開始する。 
平成17年 1月 駒ヶ根工場竣工。トーハツマリーン株式会社を長野県駒ヶ根市へ移転する。
平成28年 4月 可搬式消防ポンプ「VC72PRO 3 Limited」発売する。
平成29年 2月 LPG船外機「MFS5SP(LPG)」、「MFS5(LPG)」発表する。
平成30年 9月 トーハツR&Dセンターを川口市に竣工。技術開発及びアフタサービス拠点を移転する。

採用連絡先

トーハツ株式会社 総務部 採用担当
◆住所 東京都板橋区小豆沢3-5-4
◆電話 03-3966-3111
◆e-mail soumubu@tohatsu.co.jp