イチカワ株式会社(イチカワ)の新卒採用・企業情報

東証 正社員

イチカワ株式会社

【繊維|紙・パルプ】

〈授業で使うノートも、通販で届くダンボールも、実は私たちが支えています〉
イチカワが造っているモノは「抄紙用具」と呼ばれる製品です。皆さんが日常生活で使う様々な紙、それらを造る過程で必ず使われる、とても重要なモノです。
当社は、30年以上も前から海外に進出しており、輸出比率は既に40%以上。更なる増販に伴い50%に到達するかの勢いで販売が伸長しています。また、当社の主力製品の一つであるシュープレス用ベルトは、製品自体の開発から携わり、世界的にもパイオニア的位置付けで、海外市場において高いシェアを保有しています。
 当社は一般の目には中々触れない製品を扱う会社ですが、東証一部上場企業でもあり、同業他社は国内では1社のみ。創業以来、国内シェアを二分しています。
自ら考えて行動できる方、周囲と協働して成果を生み出せる方、そんな人物を私たちは求めています。ぜひ一緒にイチカワで働きましょう。

  • 海外事業展開に積極的

  • 研究開発費が売上高3%以上

  • シェアNo.1サービスあり

  • アットホームな社風

  • 設立50年以上の企業

私たちの魅力

事業内容
信頼される製紙業界のパートナー企業!

■紙・パルプ・スレート用フエルト、シュープレス用ベルト、トランスファー用ベルトの製造・販売。 ■工業用フエルトの製造・販売。

私たちの仕事

<安定の国内市場と成長の海外市場。独自の強みを発揮して製紙業界に貢献する。>
「紙は文化のバロメーター」と言われます。近年は、ITの飛躍的な進歩によって、日本国 内の紙の市場は縮小傾向にありますが、海外市場、特にアジア諸国の経済発展は著しく、 これに伴って紙の需要も大きく伸びています。
当社は、紙を製造する抄紙機のプレスパー トと呼ばれる工程に、3つの製品(抄紙用フエルト、シュープレス用ベルト、トランス ファー用ベルト)を提供しています。これらの製品は、抄紙機に必要不可欠な要具であ り、紙の品質に大きな影響を与えます。
3製品をすべて一括して提供できるメーカーは、 世界を見渡してもわずかに4社。プレスパートで、より高度で綿密な品質コントロールを 可能にするメーカーとして、国内外の製紙会社から厚い信頼を寄せられています。
 1949年の創業以来、当社は製品を通じて製紙業界の発展に寄与し、日本文化の発展を下支えしてきたといっても過言ではありません。また1984年には米国に拠点を構え、海外市場の開拓においても30年以上の歴史があり、昨年にはタイ国にも現地法人を設立しました。
今後もますます海外展開を加速し、グ ローバル市場における存在感をさらに高めていきます。

はたらく環境

組織の特徴
B to Bビジネスだからこそ、仕事のやりがいも大きい

イチカワは製紙業界において、長年培ってきた技術力と営業対応力で、国内外の製紙メーカーの厚い信頼を獲得してきました。
国内市場では安定した需要に確実に応え、一方の海外市場では拡大し続ける開発途上国の旺盛な需要を取り込み、成長しています。
言い換えれば、安定を志向する学生には国内市場があり、海外でバリバリ活躍したいと望む学生には成長する海外市場があります。どちらを志向する学生にとっても、活躍できるフィールドが用意されています。
フエルトや製紙の知識を持って当社に入社する人はほとんどいません。誰もが同じ スタートラインに立って走り始めるので、自分の努力次第でどんどん先に進むこと ができます。
また、少数精鋭であるがゆえ、お互いの顔を覚えられるアットホームな雰囲気があり、上司や先輩は新人を育てようと、いろいろな場面でサポートを行っています。

働く仲間
先輩社員インタビュー

◎営業部 榎本 安晃 2009年入社 (法学部 企業法学科卒) 
・現在の仕事内容を教えてください
「ダンボール、トイレットペーパー、ティッシュ等を生産している工場を訪問し、そこで使われているフエルトの稼働状況を調査したり、お客様から現状に対する課題やニーズを聞き出し、それに応える提案をするなどして、多くのお客様に当社製品を使っていただく仕事をしています。主に埼玉県や茨城県といった関東圏の他、京都府、岐阜県などの製紙工場を担当しています。」
・仕事のやりがいや魅力について教えてください 
お客様に新しい提案を頂けたり、自分の提案した品質の商品が受け入れてもらえたときはとてもやりがいを感じます。また、出張という形で全国の色々な所に行くことになるので新しい刺激もあり、そこもまた楽しみの一つになります。

◎開発研究所 梅原 千枝 2011年入社 (工学部 応用化学・生物化学科卒) 
・現在の仕事内容を教えてください
現在はフエルトのチームに所属しています。そこで新しい製品を開発したり、既存製品の改良に取り組んでいます。具体的には研究室で小さなサイズの試作品を作り、それに様々なテストをして機能を評価し、良好ならば実際のサイズで問題なく作れるか試してみます。その後、問題なければ量産をしていくことになります。 
・仕事のやりがいや魅力について教えてください
女性社員が少ない会社ですが、男女や若手ベテランの差がなく平等に仕事ができ、また評価される環境です。誰でも意見を言いやすい雰囲気が整っているところが良い職場だと思います。また、自分が携わった新製品が生産され、実際にお客様に使用され、評価された時は大きなやりがいを感じます。

企業概要

創業/設立 設立1949年(昭和24年)
本社所在地 〒113-8442 東京都文京区本郷2丁目14番15号
代表者 代表取締役社長 牛尾雅孝
資本金 35.9億円
売上高 連結:124億1700万円(2018年3月期)
単体:111億8000万円(2018年3月期)
従業員数 連結:681名
単体:557名 (2018年03月現在) 
子会社・関連会社 ■海外
● (アメリカ)ICHIKAWA NORTH AMERICA CORP. 
● (ドイツ)ICHIKAWA EUROPE GmbH 
● (中国)宜紙佳造紙脱水器材貿易有限公司
● (タイ)IICHIKAWA ASIA CO.,LTD.

■日本国内
● 株式会社イチカワテクノファブリクス
● 有限会社アイケー加工
● 株式会社アイケーサービス
事業所 ◎本社
〒113-8442 東京都文京区本郷2丁目14番15号

・柏工場
〒277-0831 千葉県柏市根戸200番地
・岩間工場
〒319-0206 茨城県笠間市安居2600番11号
・開発研究所
〒309-1737 茨城県笠間市中央1丁目8番1号
沿革 1918年 11月 市川毛織の前身・東京毛布(株)が当社旧市川工場の地に設立される。
1949年 11月 企業再建整備法により日本フエルト(株)から分離し、市川毛織(株)設立 (本社:千葉県市川市)。 
1951年 5月 東京証券取引所に株式を上場。
1984年 11月 市川毛織商事(株)全額出資により、米国現地法人、 イチカワ・アメリカ・インコーポレーテッドを設立。
2000年 3月 ISO14001認証取得。 
2005年 7月 商号変更、新商号「イチカワ(株)」。

採用連絡先

〒113-8442 東京都文京区本郷2丁目14番15号
イチカワ株式会社 人事部 採用担当
TEL.03-3816-1126(人事部)
https://www.ik-felt.co.jp/