林原株式会社

林原株式会社(ハヤシバラ)の採用情報・募集要項

正社員

林原株式会社

【食品】

他社がやらないような独創的な研究に取り組んでいます

  • 年間休日125日以上

私たちの採用について

求める人物像
業務内容一部ご紹介

当社は開発、製造から販売までを一貫して行っている原料素材メーカーです。

新素材を研究する人材、工場で品質にこだわって素材製造に携わる人材、お客様の要望に独自素材の機能で解決方法を提案する人材など、多くの職種の人材がそれぞれの部署で活躍しています。その一部を以下にご紹介します。

■【研究系の業務】
 微生物由来の酵素を用いて、新素材を創出する糖質部門と、有機合成により新素材(色素化合物)を創出する色素部門の2部門があります。
 糖質部門では、酵素のスクリーニング、新素材の物性・生理機能の検証やスケールアップの検討を行う業務のほか、既存素材に関する用途の開拓(食品・化粧品・医薬品分野等)も担います。

■【技術系の業務-生産技術】
 安定的かつ効率的に高品質な製品(素材)を製造するための技術開発を担います。理想の製法を検討し、実製造に取り入れていく業務です。

■【技術系の業務-品質管理】
 各製品が決められた規格に適合しているか否かの製品分析・工程管理に加え、不適合品・製品クレームの低減を図るための是正処置も業務の1つ。原料から製品までの品質管理を担います。

■【販売系の業務-技術営業】
 お客様のニーズを把握し、当社素材を使って解決する方法を提案することが主な業務。そのために既存素材の市場開発・レシピ開発を行うほか、今後の海外展開を見据えた科学的な手法による食品分析も担います。

募集する職種

原料素材メーカーの仕事(募集職種)
■研究・技術系
糖質もしくは色素の研究開発部門や、その他技術部門を想定。本人の適性とキャリアを勘案し、研究開発部門、生産技術部門(製造技術開発)、品質管理部門のほか、販売部門(食品分析/レシピ開発提案、国内/海外技術営業)への配属となる可能性もあります。

※得意分野・経験・スキルによっては、配属を考慮することもあります。

■販売・管理系
販売部門(国内技術営業)を想定。本人の適性やキャリアを勘案し、海外技術営業のほか、業務/物流管理、生産管理、及び、経理、人事などの管理部門への配属となる可能性もあります。

※得意分野・経験・スキルによっては、配属を考慮することもあります。

研修・社内制度

研修制度
研修制度

新入社員研修、および各部署でのOJT研修(職場内訓練)があります。
当社独自の研修(階層別研修、語学講座)の他に、グループ企業の研修にも参加可能です。自ら挑戦する方をサポートする体制を整備しています。

<新入社員研修>
3カ月間実施(前年度実績)
研究・製造・販売の各部署をまわり、会社全体について幅広く学びます。
マナー研修等、社会人としての基礎を学べる研修も充実。同期と仲を深めることができます。

<語学サポートが充実!>
・社内英会話教室(グループレッスン)
・社内中国語教室(グループレッスン)
・オンライン英会話教室(マンツーマン)
・TOEIC受験費用補助
・語学系通信教育の受講費用補助

採用プロセスと選考方法

エントリー/採用方法 当社HPをご確認ください。
https://www.hayashibara.co.jp/
選考方法と重視点 『専門性を軸に、幅広く積極的に挑戦できる方』
 ◆トコトン考える粘り強さ
 ◆ヒネリを利かせる柔軟さ
 ◆壁を乗り越える前向きなマインド
提出書類 エントリーシート、履歴書、成績証明書
応募資格(学歴、学校種) 大学、短大、専門、高専、大学院 卒業見込みの方

募集要項

初任給 修士修了      :月給225,000円
大卒        :月給203,000円
短大・高専・専修卒 :月給172,000円
(2018年4月実績)

※博士、ポスドク人材は、経験・能力に応じ、社内規程によります。
昇給・賞与・諸手当 諸手当
通勤手当・家族手当・住宅手当・技術手当・その他
※社内規程によります。
昇給
年1回実施
賞与
年2回(夏季賞与・年末手当)
勤務地

■研究開発・製造・販売・管理部門:岡山

■営業拠点:
 東京 / 大阪 / 札幌 / 仙台 / 新潟 / 名古屋 / 岡山 / 福岡 
    ※将来的に駐在員として海外勤務の可能性があります。

勤務時間 ■研究開発・販売・管理部門
 9:00~17:30(休憩1時間)、自己管理型勤務時間制導入

■製造部門 
 8:30~17:00(休憩1時間)
 ※3交替制あり(例 0:00~08:30、8:00~16:30、16:00~0:30)
福利厚生 各種社会保険、団体保険、退職年金、財形貯蓄、各種融資制度、NAGASEグループ関連施設・制度の利用、社宅・独身寮、クラブ活動
※社宅・独身寮は、希望時期によって、ご入居いただけない場合があります。
休日休暇 ■研究開発・販売管理部門 : 完全週休二日制(土日)、祝日
■製造部門 : 週休二日 ※三交替・シフト制
■年間休日:129日(年休取得促進日数を含む)、フレックス休日制導入
休暇/年次有給、特別休暇、年末年始、失効年休積立有給、傷病介護有給、育児・介護、リフレッシュ休暇
採用実績校 <大学院> 
麻布大学、愛媛大学、大阪大学、大阪府立大学、岡山大学、岡山理科大学、お茶の水女子大学、香川大学、鹿児島大学、関西大学、関西学院大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、京都府立大学、京都府立医科大学、岐阜大学、熊本大学、倉敷芸術科学大学、高知大学、神戸大学、神戸学院大学、埼玉医科大学、静岡大学、静岡県立大学、島根大学、昭和大学、信州大学、筑波大学、電気通信大学、東京大学、東京医科歯科大学、東京農工大学、東京理科大学、徳島大学、鳥取大学、名古屋大学、奈良女子大学、日本大学、広島大学、福井大学、福島大学、北海道大学、美作大学、明治大学、山口大学
<大学> 
青山学院大学、愛媛大学、大阪大学、大阪学院大学、大阪教育大学、大阪経済大学、大阪工業大学、大阪薬科大学、岡山大学、岡山県立大学、岡山商科大学、岡山理科大学、香川大学、川崎医科大学、川崎医療福祉大学、関西大学、関西学院大学、神田外語大学、関東学院大学、学習院大学、九州産業大学、九州保健福祉大学、京都大学、京都外国語大学、京都光華女子大学、京都精華大学、京都文教大学、岐阜経済大学、倉敷芸術科学大学、くらしき作陽大学、慶應義塾大学、高知大学、甲南大学、神戸大学、神戸海星女子学院大学、神戸学院大学、神戸市外国語大学、神戸女学院大学、神戸女子大学、国学院大学、国士舘大学、駒澤大学、産業能率大学、山陽学園大学、島根大学、就実大学、昭和薬科大学、信州大学、成城大学、専修大学、崇城大学、拓殖大学、中央大学、津田塾大学、帝京大学、帝塚山学院大学、天理大学、東海大学、東京大学、東京農業大学、東京薬科大学、東邦大学、東北大学、徳島大学、徳島文理大学、鳥取大学、同志社大学、同志社女子大学、長浜バイオ大学、名古屋工業大学、新潟大学、日本文理大学、ノートルダム清心女子大学、阪南大学、広島大学、福山大学、藤女子大学、北京語言大学、法政大学、星薬科大学、松山大学、明治大学、名城大学、山口大学、酪農学園大学、立教大学、立命館大学、琉球大学、和光大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校> 
大阪ハイテクノロジー専門学校、岡山科学技術専門学校、岡山理科大学専門学校、久留米工業高等専門学校、湘央生命科学技術専門学校、中国デザイン専門学校、辻調理師専門学校、津山工業高等専門学校、東京誠心調理師専門学校、専門学校トヨタ名古屋自動車大学校、日本菓子専門学校

-----
【直近5年間の採用実績校(大学院)】
北海道大学、福島大学、東京大学、東京農工大学、日本大学、静岡県立大学、岐阜大学、名古屋大学、京都大学、京都府立大学、大阪大学、大阪府立大学、岡山大学、鳥取大学、島根大学、香川大学、愛媛大学、広島大学、山口大学、九州大学

【直近5年間の採用実績校(大学)】
早稲田大学、明治大学、京都大学、大阪大学、関西学院大学、関西大学、鳥取大学、島根大学、岡山理科大学、ノートルダム清心女子大学、就実女子大学

【海外大学の採用実績校】
ウエストミンスター大学、オタゴ大学、カリフォルニア大学、クラーク大学、クライストチャーチ大学、コントラ・コスタ・カレッジ、サンダーバード経営大学院、セインクラウド州立大学、テンプル大学ジャパン、ニューヨーク大学、ハワイ大学、バンクストリート教育大学、ポリテクセンターリーズ大学
採用予定学部学科 全学部全学科
今年度採用予定数 11~15名
昨年度採用実績(見込)数 15名
試用期間 なし

職場データ

新卒採用者数と離職者数
(過去3年間)
2018年度:採用人数15名、うち離職者数0名
2017年度:採用人数15名、うち離職者数0名
2016年度:採用人数15名、うち離職者数0名
平均有給休暇取得日数(年間) 8.7日

採用連絡先

岡山県岡山市北区下石井1-1-3 日本生命岡山第二ビル新館
086-224-4309(人事課直通)